- -pv
スレッドの閲覧状況:
現在、- がスレを見ています。
これまでに合計 - 表示されました。
※PC・スマホの表示回数をカウントしてます。
※24時間表示がないスレのPVはリセットされます。

物理学での∞って、十分大きな値Nって意味でいいんでないの。

1名無しさん@おーぷん:2017/05/28(日)09:18:22 ID:j4J()
デルタ関数とか繰り込みとか見てると、変に無限大を使わないで、大きな値Nってのを
必要なだけ設定するってやり方のほうが、論理展開が楽な気がする。
そんな、直観だけの妄想だけど、なんかのヒントになればと思ってスレ立てしたよ。

だいたい、無限大ってチートと言うか性質が特殊すぎるんだよね。

例えば、数直線上に一つの実数を表現するなら、ただの一点だけど、無限大の情報量を
持ったりするんだよね。
あらゆる情報は、ビット列として表現できるから 無限の情報も 010110110111101… みたいな
表現になるんだけど、頭に、「0.」を付けるとあら不思議、単なる数直線上の1点で表現
されるわけだ。

実際はそんな稠密な物質は無いし、精密に測定するって言っても小さい方は原理的な限界があるし。
ほんじゃ、相対的に記録する媒体を無限にでかくすりゃ原理的には無限に記録もできるんじゃね。
とか思ったりもしたけど、宇宙そのもののサイズにも限界があるしね。

全然話が飛躍するけど、何となく宇宙のサイズとプランク定数って関連性があるような気がする。
とっくに直感的に気がついていて、研究している人もいるんじゃないかなー。
2名無しさん@おーぷん :2017/10/08(日)00:38:06 ID:WlO
論文は文字で書いてないとダメです。
Nを無限大を表す記号として定着するような
論文が認められることを期待します。

新着レスの表示 | ここまで読んだ

名前: mail:





物理学での∞って、十分大きな値Nって意味でいいんでないの。
CRITEO