- -pv
スレッドの閲覧状況:
現在、- がスレを見ています。
これまでに合計 - 表示されました。
※PC・スマホの表示回数をカウントしてます。
※24時間表示がないスレのPVはリセットされます。

本田賞に医療ロボット開発のラッセル・テイラー博士が選ばれる快挙

1名無しさん@おーぷん:2015/10/05(月)08:54:32 ID:37e()
本田財団は9月28日、2015年の本田賞として、医療用ロボットの開発および、同領域の技術進化や
人材の輩出に大きく貢献したラッセル・テイラー博士に授与すると発表した。

本田賞は1980年に創設された科学技術分野における日本初の国際賞。人間環境と自然環境を調和させる
エコテクノロジーを実現させた功績に対し、毎年1件の表彰を行っている。ラッセル・テイラー博士は本田賞36回目の受賞者となる。
以下省略

引用元:http://response.jp/article/2015/09/28/260906.html
2名無しさん@おーぷん :2015/10/05(月)09:01:02 ID:kek
なんで外人やねん
3名無しさん@おーぷん :2015/10/05(月)13:29:33 ID:Qc4
>>2
医療ロボットは外国人の独壇場だからな
しょうがない
4名無しさん@おーぷん :2015/10/05(月)20:39:17 ID:en4
日本の医療ロボットもニュースになってたな
5名無しさん@おーぷん :2015/10/06(火)15:50:29 ID:yVN
ラッセルテイラーって名前がもう反則にかっこいい
6名無しさん@おーぷん :2015/10/11(日)01:53:49 ID:WsL
トヨタが語る医療介護ロボット事業家の壁

トヨタはこれらの医療介護支援ロボットについて、リハビリ支援などの目的で
医療機関などへの提供を始めた。ただし本格的な事業化に向けては「まだまだ
解決すべき課題がある」と鴻巣氏は認める。
 こうした新分野の商品を事業化する上では「ニーズの強さ×それに応える技
術レベル×コスト」のバランスが鍵になるという。このうち、技術レベルはこ
れまでの取り組みでかなり高まったものの、「市場規模が限られる現状では、
ものづくりのコストをいかに下げるかが大変難しい。自動車と部品を共通化するなどの方法でコスト低減を図るが、(ロボットの)導入段階では普及支援策の力も借りなければならないだろう」(同氏)。
 早い段階から海外展開を視野に入れることも欠かせないという。そこに向け
ては、関連学会や団体との連携が重要だとした。
引用元:http://techon.nikkeibp.co.jp/article/FEATURE/20150525/419923/?ST=ndh

個人的にはトヨタに医療手術ロボットを作ってほしい

新着レスの表示 | ここまで読んだ

名前: mail:





本田賞に医療ロボット開発のラッセル・テイラー博士が選ばれる快挙