- -pv
スレッドの閲覧状況:
現在、- がスレを見ています。
これまでに合計 - 表示されました。
※PC・スマホの表示回数をカウントしてます。
※24時間表示がないスレのPVはリセットされます。

だれかニューラルネットのロボットについて語ろうぜ

31忍法帖【Lv=5,トロル,vG7】 :2017/12/02(土)09:01:42 ID:41s
人工知能
・エキスパートシステム:推論機能を適用することで結論を得る。
・事例ベース推論(CBR):その事例に類似した過去の事例をベースにし
・ベイジアン・ネットワーク
・ふるまいに基づくAI:AIシステムを一から構築していく手法
 ニューラルネットワーク:非常に強力なパターン認識力を持つシステム。コネクショニズムとほぼ同義。
 ファジィ制御:不確かな状況での推論手法
 進化的計算:生物学からインスパイアされた手法

2006年に2度目の冬の時代を終わらせたディープラーニングの発明と、
2010年以降のビッグデータ収集環境の整備により、技術的特異点という概念は
急速に世界中の識者の注目を集め、現実味を持って受け止められるようになった。
ディープラーニングの発明と急速な普及を受けて、研究開発の現場においては、
デミス・ハサビス率いるGoogle DeepMindを筆頭に、Vicarious, IBM Cortical Learning Center,
全脳アーキテクチャ, PEZY Computing, OpenCog, GoodAI, nnaisense, IBM SyNAPSE等、

汎用人工知能(AGI)を開発するプロジェクトが数多く立ち上げられている。
これらの研究開発の現場では、脳をリバースエンジニアリングして構築された神経科学と
機械学習を組み合わせるアプローチが有望とされている[18]。
結果として、Hierarchical Temporal Memory (HTM) 理論, Complementary Learning Systems (CLS) 理論の更新版等、
ディープラーニングを超える汎用性を持つ理論が提唱され始めている。
このレスの続きを表示(2件)

新着レスの表示 | ここまで読んだ

名前: mail:





だれかニューラルネットのロボットについて語ろうぜ
CRITEO