- -pv
スレッドの閲覧状況:
現在、- がスレを見ています。
これまでに合計 - 表示されました。
※PC・スマホの表示回数をカウントしてます。
※24時間表示がないスレのPVはリセットされます。

物体Aと物体Bを近づけるとする。

1名無しさん@おーぷん:2015/07/30(木)16:42:03 ID:lV7()
そうしたら二つの物体の距離は10cm9cm...
って近づいていくけど、数字って無限なんだよね?
9.1111111111111とか無限に数字が続いていったら
物体の距離はいつ0になるの?無限にくっつかないの?
文系だからわからないだれか教えて
2名無しさん@おーぷん :2015/07/30(木)16:44:55 ID:7i2
アキレスと亀のパラドックスそのものじゃん
「無限にくっつかない」ように思えるのは、移動する時間の方も無限に小さくしちゃってるからだよ
3名無しさん@おーぷん :2015/07/30(木)16:51:51 ID:lV7()
分かるようでわからない...
まあ何が言いたいかって言うと10と9の間に数字は無限にあるけど9は10になるのか、みたいな
説明下手ですまん
4名無しさん@おーぷん :2015/07/30(木)16:57:23 ID:7i2
10と9の間に数字は無限にあるから、その間の数字を無限に追っていけば9は10にならない
でもそれは、「9が10になるまでの時間」を無限に分割して並べていってるだけのこと
実際には「9が10になるまでの時間」が経過すれば9は10になるんだよ

このパラドックスは、「数字を無限に並べて加算すれば、その総和は無限大になる」という勘違いから発生している
9から10になるまでの時間を分割して少しづつ進めていけば、時間は無限に過ぎるはずなのに、なぜいつまで経っても10にならないのか?って事ね
その答えは、「そもそもその計算では時間が無限に過ぎていない」というだけのこと

新着レスの表示 | ここまで読んだ

名前: mail:





物体Aと物体Bを近づけるとする。
CRITEO