- -pv
スレッドの閲覧状況:
現在、- がスレを見ています。
これまでに合計 - 表示されました。
※PC・スマホの表示回数をカウントしてます。
※24時間表示がないスレのPVはリセットされます。

仏教の「無い」志向は間違いに違いないw【05】

1:2016/02/19(金)19:19:24 ID:kj1()
仏教は虚無論ではないにも関わらず、虚無論として「無」を強調し、
元祖仏陀は形而上の存在論としては「有」「無」を説かなかったのにも関わらず
「無」を仏教的教えの中心として説くのは間違いではなかろうか?
「実体がない」などという表現はまさにこの無いの主張の代表的なもので間違いであり、
「実体は分からない」と正しく使うべきである~w
その実体が分からない空は無ではないにも関わらず、まるで無であるかのごとく何でも空~というのも
無に侵された仏教依存の非可逆的病巣、病状というべきものであろう。この場合皆、実体はない~と言うw

精神的苦痛を除くのが仏陀である~。
精神的苦痛などは元々無いのであり、それに執着しているのが苦痛の原因である。
執着を無くせ~。 という教えは有難く承ろう~。

が、しかし精神的苦痛は現代では脳内の病による肉体的苦痛と同義である一面もあり
2500年前と同じように精神-肉体を別に考えるわけにはいかない。
うつ病は抗うつ剤による治療が行われるのはこのためである。
これを2500年前の仏陀のように単に執着をなくせ~の一言で済ますのは現代においては誤りである。

さらに仏陀は肉体の苦痛については何ら解決策を述べておらず、まさか肉体的苦痛の苦痛などは無い、
気のせいだ~と言うわけにもいかずお手上げ状態であり、ただ耐えるより無いのである。

仏陀も下痢に悩まされ体力を削がれ横たわって休むよりなかった~。
現代においてはその道の専門家の医者にかかり治療を受ければ速やかに回復する事もあろう。

何でも全部一字一句2500年前の仏陀の教えに従う必要は無い。内道の仏教徒である必要などさらさら無い。
外道で外から自由に取捨選択して自分に合う教えだけを取り込めば十分である。

前スレ
仏教の「無い」志向は間違いに違いないw【04】
http://wc2014.2ch.net/test/read.cgi/psy/1451135870/
2名無しさん@おーぷん :2016/02/19(金)19:20:19 ID:kj1()
人間は例外なく全て見当識障害である。
「ここはどこか?」「いまはいつか?」「あなたはだれか?」の三質問に正しく答えられない。
「どこか?」通常は住所、つまりより大きい座標系の一定の位置を示せばそれが正解となるが、
日本のある町を示して、その日本は地球の北半球にあり、地球は太陽系にあり、太陽系は天の川銀河に
あり、天の川銀河は宇宙にあるが、その宇宙はどこにあるのかを示す座標系はどこにもない。
「いつか?」も同様。西暦、平成何年何月何日何時何分~と時間的座標軸の一点を示せばそれが正解だが、
その西暦、平成という時間軸は無限の時間の流れの中のどこに位置しているのかを答える方法はない。
「だれか?」通常は名前、住所、年齢、親子兄弟の名前、会社や学校などを示せば社会的人間関係、個人的
人間関係の中で一人の人間を定位づけられると考えるが、そのようなものは単なるレッテルに過ぎない。
単なる個物としての位置情報で固有性を表現しているだけであ、個々人は個物ではない。では「あなた」とは
何なのか?誰なのか?誰も自分の存在根拠を知り得ない。自分の父母のDNAが出会い遺伝子組み換えで私の
DNAが生まれた。私の父母もその両親がいたから生まれた、その両親は、そのまた両親は~と私のDNAの
先祖をたどっていくとやがて私の家系の歴史は日本人の歴史につながり、その先は人類の歴史につながり、
その先は生命の進化の歴史につながる。生命を誕生させたのはケミカルな物質進化であり、その物質進化を
起こさせたのは地球環境であるから生命史は地球史につながり地球を生んだのは宇宙であるから、その先は
宇宙史につながる。時間軸、空間軸、構成要素すべての面で宇宙史につながるが、その宇宙史はビッグバンまで
しか遡れない。その先は闇である。ビッグバン以前は虚無かもしれず別の宇宙があったかもしれず、それは不明である。
この世界の存在論の謎が、人間の見当識障害の根本原因である。
コレは個々人の生前、死後についても個々人は知り得ないのと同じ構造である。こういうのを形而上という。
3名無しさん@おーぷん :2016/02/19(金)19:20:47 ID:kj1()
空海の秘蔵宝鑰に、
「生まれ生まれ生まれ生まれて生の始に暗く、死に死に死に死んで死の終に冥し」
「三界の狂人は狂せることを知らず、四生の盲者は盲せることを識らず」
人も生物も自分が知っている世界だけが世界のすべてだと思ってしまう。知らないものを「ない」と言い、見えない
ものを「ない」と言う。正しくは「ない」ではなく「私は知らない」「私には見えない」というべきである。
しかし人間は知らないことを知らないままにしておくことには耐えられない生き物である。
何とか知ろうとする。しかし原理的に知ることが不可能なこともあるし、知る方法がないこともある。

ここで人間は2~3種類に分別される。
Ⅰ:分からないものは分からないとそのままにする。判断中止。仏陀の無記がこれに相当する。
Ⅱa:分からないものは知る価値がない、そもそも存在しないとする。
Ⅱb:分からないものはとてつもなく良いものだとし、より一層欲しがりあこがれる。
最も健全な立場はⅠであり、宗教全般の立場はⅡbであり、ちょっと前の古い科学的立場はⅡaと言えよう。
大乗仏教の空を「実体がない」とする姿勢もⅡaと言えよう。これらⅡは健全な姿勢とは言えない。
4名無しさん@おーぷん :2016/02/19(金)19:23:43 ID:kj1()
前スレ>>945

まあw 宝珠の超常現象依存主義には辟易するがおじゃるはある意味気の毒な人間で
彼も「手放せ~手放せ~」繰り返し言っているのはアンタと同じwww

大体、ww「手放せ~」だの「執着するな~」だの、言う人間が一番ソレに執着しているだろwww
言っている本人が手放せ~執着するな~だwwwwwwwwwwwwwwww
手放している人間は「手放せ~」とは人に言わない。それに気づかずに過ごしているのだからなw


宗教より科学の方が遥かにマシ。さらに、日本人なら八百万の神を敬い(>>893のいう「畏敬」だww)輪廻転生など無視しろ。
輪廻転生がどーのこーのとこっちを信じるのなら日本国籍を捨ててインドに移住しろw
5名無しさん@おーぷん :2016/04/17(日)21:26:00 ID:PVl
ヒンドゥーの思想とブッダの言葉が混じっている気がする
6名無しさん@おーぷん :2016/05/05(木)06:44:24 ID:Xaw
嘘と方便、現実と虚無
古代インドで「過去世での云々で現在…」「来世の為に現在…」
低カーストの賎民を慰め励ます為にはこれしか無かったと思う。

その為に「転生」など死後の世界があるかに語られた事は嘘等では無く方便だったんだろう。
「施餓鬼」というのも、低カーストで殺伐とした中で生きるより、他者へ些少でも「施す」気持ちを持って生きる事が重要だった。
「餓えた鬼など」己れ自身の中にある「なんで自分はこんな生い立ちだったんだ」という気持ち感情そのものであったんだろう。

「末法思想」とはその方便が実は虚無である事が周知理解され実情があらわになる事だったと思われる。
現代宗教はそれがバレて愚かな民が集金システムを破壊される事への恐怖を誤魔化す事で古代の仏教者を冒涜し続けている。
「末法の世の中になどしたくない」んだろう。

古代仏教者の方便を嘘にしない為にも、一刻も早く霊界など虚無であり故人に対する人々の心を蹂躙するモノだと知らしめる事が必要なんである。
職業僧侶、新興宗教の屑どもの嘘を助長する者が多過ぎる。

現代の世は「人に依らず」なんであり「末法」なんである。
7名無しさん@おーぷん :2016/05/05(木)07:03:12 ID:Xaw
古代カーストはある意味、合理的で国を運営する為には必要だったんだろう。
小さい部族が乱立する世の中では争い諍いが耐えず弱者が強者に支配された時代なんである。
「弱者」とは部族間でそれに負けた人たちで単に平和と公平を唱えただけの者では無かったんだろう。
あわよくば支配者と入れ代わりたかっただけだと思われる。
共産主義を謳いながら世襲し、党の中枢の立場を勝ち取った者が支配する。
この人たちも「末法」を怖れているんだと思われる。
真の平等、本当の平和な社会など求めていないんだからだ。

日本を強い国にしたく無い者が多過ぎる。
8名無しさん@おーぷん :2016/05/05(木)07:07:58 ID:Xaw
転輪浄王

部族間同士の争いを制し覇権を握った時こそ、

その素養が問われる。
9名無しさん@おーぷん :2016/06/14(火)21:40:49 ID:FWg
過去七仏ってどうなん?

新着レスの表示 | ここまで読んだ

名前: mail:





仏教の「無い」志向は間違いに違いないw【05】
CRITEO