- -pv
スレッドの閲覧状況:
現在、- がスレを見ています。
これまでに合計 - 表示されました。
※PC・スマホの表示回数をカウントしてます。
※24時間表示がないスレのPVはリセットされます。

宗教について教えてほしいんだが

1名無しさん@おーぷん:2015/03/08(日)20:49:35 ID:egZ()
何気に初スレ建て

頼む教えてくれ
2名無しさん@おーぷん :2015/03/08(日)20:54:19 ID:FfS
教会内で児童に対する性的虐待が多い
3名無しさん@おーぷん :2015/03/09(月)17:49:30 ID:fnL
具体的な質問がないと無理
4名無しさん@おーぷん :2015/03/15(日)22:30:42 ID:juu
なんかスレが不思議な上がり方してたんで少し持論を、、、
 
絶対的な真理に気づいた人たちが各々の解釈した事をそれに他者を導いてやろうと教えてくれた実践方法を後者がコネ繰り回して真理からかけ離れたり掠めてながら到達させられなくなってしまってるのが今の宗教だと思ってる。
5Noname :2015/03/16(月)00:55:37 ID:ppC
現在の宗教は原初の宗教とは確実に違う
まぁ自論ではあるが
始まった頃には一つの大きな思想
つまりは救いであったり、神をあがめる事であったり
それを指導し、教え、自らの考えを広げる
そう、指導者がいた、だが今は居ない
6Noname :2015/03/16(月)00:58:32 ID:ppC
ただそれだけの違いさ
そこまでしか伝わらなかった考えを
あとは妄想で広げるしかない
それを己の都合よく広げようとするも良し
人のためを思って広めようとするも良し
今の宗教ってのは故人の考えに妄想を継ぎ足したもの
神話とかは別だがな
確実に、とは言ったが
全く違う、というわけじゃない、それだけ
7Noname :2015/03/16(月)01:09:36 ID:ppC
ところで宗教の何が知りたいんだ?
それがわからなければどうしょうもない
一応各々あげることとする

【三大宗教】
民族、地理を超えて広がっているおり
文化的、社会的に及ぼす影響が大きい
キリスト教、イスラム教、仏教のこと

●キリスト教
・世紀頃に成立
ローマ帝国に支配されていたユダヤ人の
「ユダヤ人だけが神に救われる」との思想のユダヤ教を批判する
「神の前では誰もが平等である」という思想の元生まれた

・創始者はイエス、なおローマ帝國の反逆罪で
 紀元30年ごろに処刑された模様

・経典は「旧約聖書」と「新約聖書」

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AD%E3%83%AA%E3%82%B9%E3%83%88%E6%95%99
8Noname :2015/03/16(月)01:21:07 ID:ppC
●仏教
・紀元前5世紀頃に成立
インドのバラモンを最高位とした
カースト制(身分制度)が人々を苦しめていた時
バラモンの権威を否定し
「人はみな平等でだれもが救われる」という思想の元生まれた」

・創始者は釈迦、35にして悟りを開き、仏陀となり
45年間不況のたびを続け、80にて亡くなった

・経典は多数の仏典があるため、不明

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BB%8F%E6%95%99

●イスラム教
・7世紀頃に成立
アラビア半島にて貧富の佐賀広がっていたため
「ただ1つの神(アッラー)の前では総ての人は平等である」
との思想の元生まれた

・創始者はムハンマド、道徳の乱れに矛盾を感じ
瞑想していたところ神の啓示を受けたらしい
※偶像崇拝が禁止されている

・経典は「コーラン」

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A4%E3%82%B9%E3%83%A9%E3%83%A0%E6%95%99
9Noname :2015/03/16(月)01:24:58 ID:ppC
俺の知識だけで書かせてもらったが
たぶんあってる筈
つまり宗教は不安や痛み、恐怖など
人を苦しませるものを取り除くべくつくられた思想と思っとけば良いよ
タブンネ
ここになんかのってるはず
http://www.tees.ne.jp/~shouen/ohanasi/kihon/shukyou.html
10名無しさん@おーぷん :2015/03/16(月)04:55:23 ID:HdL
「前世」などと通常で確かめようも無いモノをなんで、、、。
「死ぬと無になる」と思ってるけど過去世とは「カースト制度」などで苦悩する人たちを励ます為の方便だったと思ってる。

いま理不尽な境遇の人たちを前向きに生きる事の大切さを伝えたかったんだろう。
それは、まさに「確かめようも無い」からだったんだと思う。
11名無しさん@おーぷん :2015/03/16(月)23:56:25 ID:6KD
宗教について知りたいなら「宗教心」について調べてみるのがいいと思います
それか宗教書読むか。唯物論や理屈は抜きで読むのがいい。鵜呑みにする必要はないが

個人的には宗教っていうのは色々な側面や利用方法があって、一慨にこれが宗教の定義とは言えないと思うから、これはあくまでも個人的に勝手に思ってことになるんだけど

宗教って神仏や天使がいることが前提に成り立っているところがあると思う(日本では儒教は学門だし)
そしてどこの宗教も「これだけは絶対に伝えたい! 実践してほしい!」ってのはある

神道は「清浄」、キリスト教は「愛」、仏教は「智慧」って感じ
どれも人が人としてのあり方をするために大切なものを説いているように思う
12名無しさん@おーぷん :2015/04/12(日)23:24:34 ID:jNi
驚くべき恵み
私のように悲惨な者を救って下さった
かつては迷ったが、今は見つけられ
かつては盲目であったが、今は見える
神の恵みが私の心に恐れることを教えた
そしてこれらの恵みが恐れから開放した
どれほどすばらしい恵みが現れただろうか
私が最初に信じた時に
多くの危険、苦しみと誘惑を乗り越え
私はすでにたどり着いた
この恵みがここまで私を無事に導いた
だから、恵みが私を家に導くだろう
そこに着いて一万年経った時
太陽のように輝きながら
日の限り神への讃美を歌う
初めて歌った時と同じように

他力本願信仰に則った歌詞だよな
他者依存って意味ではなくて、ここで言うところの恵み(他力)が自らを生かし正道に導いてくれるっていう

他力本願はなかなか奥が深い
間違った解釈をしたら堕落だ努力の放棄だってなると思うんだが
ちゃんと正しい解釈における他力本願は自力本願をも内包しているように思える

新着レスの表示 | ここまで読んだ

名前: mail:





宗教について教えてほしいんだが
CRITEO