- -pv
スレッドの閲覧状況:
現在、- がスレを見ています。
これまでに合計 - 表示されました。
※PC・スマホの表示回数をカウントしてます。
※24時間表示がないスレのPVはリセットされます。

■■集団ストーカー・電磁波犯罪・テクノロジー犯罪・似非科学精神医療■■■

1名無しさん@おーぷん:2018/01/25(木)16:52:25 ID:26S()
社会の裏側で行われている、一部の人間たちによる権力機構とそれらによって築かれる人脈ネットワーク、情報、テロ組織によるテロ行為、テクノロジー・電磁波犯罪を
使った凶悪犯罪を暴露するスレッドです。

ネット上に溢れる精神病関連・集団ストーカー・電磁波犯罪、テクノロジー犯罪関連情報、書き込みのほとんどは、加害者か加害側の人間が、真相がバレない
よう偽被害者を装ったり偽情報を混ぜたスレやレスを多数行うことで、本当の被害者やその情報を隠す意図で組織的に広められたものがほとんどです。 たとえば、
電磁波犯罪の追究に関連して、ユダヤ、イルミナティ、過敏症云々などと科学的な根拠がないことを書き連ねるなどして本当の情報の信ぴょう性を下げたり、興味
を逸らしたり、複数人や同一人物の複数IDの自作自演で話題を変えたり真相に触れるものの人格攻撃に終始したり関係ない話題が書いてある他スレやレスを上げ
まくって触れてほしくない話題や情報が人目につかないよう埋もれさせるといった手口です。
2ちゃんねるや大手掲示板では、対象スレにBOTや人海戦術で関係のないレスの多重投稿を繰り返し1000レスまで到達させて埋もれさせたり、ニュー速関連
板などのスレ立てが多く流れの早い板に対象キーワードを含むスレを乱立させる、オカルト情報スレをあげ検索上位に表示されにくいよう謀らうなどといった手口
があります。
ネット全体を埋め尽くす情報統制・隠ぺい情報工作に加え、被害を訴える会やHPなどもどこか胡散臭い偽情報を意図的に含ませたり、ミスリード目的の為の加害
側ネットワークによる自作自演の団体であったり、あるいは本当の被害団体に入り込んで本当の被害者の情報を収集したり書き込み内容や閲覧情報を収集し思考盗聴
や妨害、仄めかし、集団嫌がらせなどを繰り返している加害側ネットワークの妨害工作が働いている可能性が高いため注意が必要です。
19名無しさん@おーぷん :2018/06/03(日)09:47:08 ID:pSQ
http://youtu.be/yhvcSOJXjdI
20精神医療と電磁波犯罪の歴史 :2018/07/14(土)01:05:01 ID:7r1()
■突然増え始めた、熱中症、浴室等での溺死者数(電磁波犯罪被害) / 高齢者の入浴中の溺死者数 消費者庁 2018年1月26日

p://www.caa.go.jp/policies/policy/consumer_safety/caution/caution_013/

人口動態統計を分析したところ、家庭の浴槽での溺死者数は12年間で約8割増加し、平成28年に5,138人となっています。
そのうち高齢者(65歳以上)が約9割を占めており、高齢者は特に注意が必要です。溺死を含む入浴中の事故死は、東京都23区では平成26年に1,442件あり、冬季に多く発生してい
る傾向がみられます。過去には入浴中の急死者数は約19,000人と推計されたこともあります。
21精神医療と電磁波犯罪の歴史 :2018/08/21(火)20:54:02 ID:uMz()
■救急出動増で「不搬送」も増、実態は 年間200回要請で搬送は1回のみのケースも (電磁波犯罪被害)/ 2017年5月31日 m3.com編集部

 ps://www.m3.com/open/clinical/news/article/533420/

 全国の救急出動件数と搬送人数は増加し続けており、2015年には605万4815件、搬送人員数は547万8370人と過去最高記録を更新。これに伴い、救急車の現場到着時間や搬送時間の
延長が起こり、救急車の適正利用が強く呼びかけられるようになっている。日本医科大学救急医学教授の横田裕行氏によると、新たにこの数年、救急出動件数と搬送人数の乖離が進
み、10年で両者の差の割合は拡大しているでいることが分かってきた(図)。この差は救急出動を要請したが何らかの理由で搬送が行われなかった「不搬送」の件数。全出動件数の
約10%を占めるとの推計もあるが、その理由として「頻回要請者」による「搬送拒否」がかなりの割合を占めることが分かってきた。横田氏が、第20回日本臨床救急医学会総会・学
術集会(JSEM20、5月27-28日、東京都)で、東京都における救急車頻回要請者の背景に関する検討結果を紹介。解決策を提言した。
22精神医療と電磁波犯罪の歴史 :2018/08/31(金)17:28:37 ID:DEc()
88人が年5210件の救急要請、半数が不搬送

 2015年度の総務省消防庁「救急業務のあり方検討会」報告書でも検討されているが、横田氏らは東京都医師会、東京消防庁、東京都と協議して、2015年の東京消防庁管内の救急車
頻回要請者(年30回以上の要請と定義)の実態を詳細に調査。「頻回要請者」に該当した88人の84.1%(74人)に精神疾患の既往が確認された。

 内訳は、統合失調症43人、アルコール依存症9人、うつ病が8人。頻回利用者の年齢幅は20歳代から90歳代で、年齢別の内訳では40歳代が22人と最多、次いで50歳代(19人)、60歳
代(16人)、70歳代(12人)と中高年者が大多数を占めた。88人の救急要請による総出場件数は5210件、1人につき平均59回の救急要請をしており、そのうち不搬送は2601件と約半数
に上った。「中には年間200回救急車を要請したが、医療機関搬送に至ったのはたった1回だけという事例も存在した」(横田氏)

 理由の98%は「搬送辞退・拒否」

 不搬送2601件の理由のうち、98%(2555件)を「搬送辞退・拒否」が占めた。その特徴としては、「症状が回復」「観察結果から安心」「飲酒などの理由で搬送先の病院が決まら
ない」「病院内でのトラブル歴あり」「態度・言動粗暴により警察保護対応」「背景に精神疾患があり、医師から様子を見るよう指示があった」などが報告されていた。
23精神医療と電磁波犯罪の歴史 :2018/08/31(金)17:52:36 ID:DEc()

■突然増え始めた、高齢認知症患者(電磁波犯罪被害)

「認知症700万人時代」にどう立ち向かうべきか / 日経ビジネスニュース 2017年3月17日

 tps://business.nikkeibp.co.jp/atcl/opinion/16/022700044/031500002/

 少なくとも2012年(平成23年)の段階ですでに自律的な生活に支障をきたしている認知症有病者が日本に462万人存在する[1]。このうち、精神科など医療機関に入院して治療を
受けている人数は22万人ほどで、その過半は入院後一か月ないし半年しないうちに退院して家庭や地域に舞い戻ることになる以上、不便を感じながら自宅で家族や施設で暮らして
いる高齢者がそれだけいるということになる。つまり、だれか健常者の手を借りながら暮らしている認知症患者が生きていくためには、生活力や所得の乏しい本人だけでなく、本
来であれば働きに出るなどして生産的な活動をしていたかもしれない誰かを巻き込んで暮らしている可能性がある。
24精神医療と電磁波犯罪の歴史 :2018/08/31(金)18:28:36 ID:DEc()
 調査結果によって推計値や結論に差はあるが、厚生労働省「国民生活基礎調査」(平成25年)では認知症高齢者の家族との同居は61.6%(うち、子供や子供の配偶者の合計は33
.0%)、事業者は14.8%である。自立した生活を送れている認知症患者の割合は少ない。老齢に差し掛かって伴侶・配偶者からの支援(26.2%)以外の人の手を借りて暮らしている
高齢者は、年金など社会保障の収入とは別にそれだけの生産可能人口からの支援を受けながら生活していることになる。逆算すると、2012年すでに300万人ほどの日本人が認知症
患者の生活支援を何らか行いながら暮らしており、2025年にはそれが500万人以上になるのであって、人口のおよそ4.6%が認知症患者を家族に持ち生産性を発揮せずに患者本人が
亡くなるまで暮らしていく構図が浮かんでくる。
25精神医療と電磁波犯罪の歴史 :2018/08/31(金)19:45:31 ID:DEc()
■救急出動増で「不搬送」も増、実態は 年間200回要請で搬送は1回のみのケースも (電磁波犯罪被害)/ 2017年5月31日 m3.com編集部

 ps://www.m3.com/open/clinical/news/article/533420/

 全国の救急出動件数と搬送人数は増加し続けており、2015年には605万4815件、搬送人員数は547万8370人と過去最高記録を更新。これに伴い、救急車の現場到着時間や搬送時間の
延長が起こり、救急車の適正利用が強く呼びかけられるようになっている。日本医科大学救急医学教授の横田裕行氏によると、新たにこの数年、救急出動件数と搬送人数の乖離が進
み、10年で両者の差の割合は拡大しているでいることが分かってきた(図)。この差は救急出動を要請したが何らかの理由で搬送が行われなかった「不搬送」の件数。全出動件数の
約10%を占めるとの推計もあるが、その理由として「頻回要請者」による「搬送拒否」がかなりの割合を占めることが分かってきた。横田氏が、第20回日本臨床救急医学会総会・学
術集会(JSEM20、5月27-28日、東京都)で、東京都における救急車頻回要請者の背景に関する検討結果を紹介。解決策を提言した。
26精神医療と電磁波犯罪の歴史 :2018/09/15(土)23:01:32 ID:qzR()
■認知症患者、資産200兆円に 30年度 マネー凍結懸念、対策急務 / 日本経済新聞 2018/8/26

tps://www.nikkei.com/article/DGKKZO34605990V20C18A8MM8000/

  高齢化の進展で認知症患者が保有する金融資産が増え続けている。2030年度には今の1.5倍の215兆円に達し、家計金融資産全体の1割を突破しそうだ。認知症になると資産活用
の意思表示が難しくなり、お金が社会に回りにくくなる。国内総生産(GDP)の4割に相当するマネーが凍結状態になれば、日本経済の重荷になりかねない。お金の凍結を防ぐ知
恵を官民で結集する必要がある。

・本人の意思確認ができないと、本人のためでもお金が使えず預金が凍結状態
・金融資産の「高齢化」により、14年時点で全体の65%が60歳以上の資産
・認知症患者の資産保有割合は30年度には10.4%に
・投資で得た収益が消費に回るという循環が断ち切られ、GDPの下押し圧力になる懸念
・対策として成年後見制度があるが、弁護士や司法書士に月2万~3万円の報酬を払う必要があり負担が大きい
・全国銀行協会や法務省、金融庁などの協議で、使い勝手が良い預貯金サービスの仕組みを打ち出す
・高齢者の銀行口座を資産用と生活資金用に分け、生活資金は引き出しやすくする
・信金が認知症高齢者の後見人を引き受けるサービスを始める
27精神医療と電磁波犯罪の歴史 :2018/10/07(日)17:26:40 ID:rwy()
■ひきこもりクライシス”100万人”のサイバイル

tps://www3.nhk.or.jp/news/special/hikikomori/?utm_int=detail_contents_special_008

「学校に行かない子どもたち」の問題として1980年代に社会問題化し、2000年代にかけて大きくクローズアップされた「ひきこもり」。いま、新しい局面を迎え
ている。長期化・高齢化が深刻化しているのだ。40代、50代のひきこもりの人が、高齢の親と、経済的、精神的に追い詰められ、孤立死する事態も起きている。
一方、ひきこもりの当事者や経験者らが、みずから声を上げ、社会に向けて積極的に発信する動きも、目立つようになっている。超高齢社会に入った日本の「ひ
きこもり問題」、家族のありようを見つめ直す。
28精神医療と電磁波犯罪の歴史 :2018/10/07(日)17:29:21 ID:rwy()
■米外交官らへの「謎の攻撃」、マイクロ波兵器か / AFP通信 2018年9月3日

tp://www.afpbb.com/articles/-/3188164

【9月3日 AFP】キューバと中国に駐在していた米外交官とその家族ら計30人以上が「謎の病」を訴えた問題で、米紙ニューヨーク・タイムズ(New York Times)は
2日、非通常兵器である「マイクロ波兵器」による攻撃との疑いが強まっていると報じた。

 被害者らは、ホテルや自宅の部屋で強烈な高音を聞いた後、吐き気や激しい頭痛、倦怠(けんたい)感、めまい、睡眠障害、難聴などの症状が表れたと証言してい
る。

キューバで症状を呈した21人を診察した医療チームが今年3月に米国医師会雑誌(JAMA)に発表した研究論文に、マイクロ波兵器への言及はない。だが論文の主執筆
者である米ペンシルベニア大学(University of Pennsylvania)脳損傷・修復センターのダグラス・スミス(Douglas Smith)所長はニューヨーク・タイムズ紙の取材
に対し、現時点ではマイクロ波兵器によるものという見方が主流となっており、同医療チームは外交官らが脳損傷を受けたとの確信を強めていると明かしたという。

新着レスの表示 | ここまで読んだ

名前: mail:





■■集団ストーカー・電磁波犯罪・テクノロジー犯罪・似非科学精神医療■■■
CRITEO