- -pv
スレッドの閲覧状況:
現在、- がスレを見ています。
これまでに合計 - 表示されました。
※PC・スマホの表示回数をカウントしてます。
※24時間表示がないスレのPVはリセットされます。

【天文】地球を周回する新たな天体を確認、月とは別 [H30/11/9]

1忍法帖【Lv=5,ぶとうか,tdu】 第13艦隊◆IpxlQ2BXrcdb:2018/11/09(金)11:18:04 ID:???

 地球の周りを回る天体は、月だけではないのかもしれない。半世紀以上にわたる憶測と論争を経て、
ハンガリーの天文学者と物理学者のチームが、地球を周回する2つの天体の存在をついに確認したと発表した。

 研究成果は、学術誌「Monthly Notices of the Royal Astronomical Society」に掲載された。
論文によると、地球から40万キロ余りという、月までの距離と同じくらいの位置に潜んでいた謎めいた天体を、
研究チームは苦心の末にとらえたとのことだ。天体は2つとも、すべてちりでできているという。
(参考記事:「太陽系外衛星の存在が濃厚に、確認されれば初」)

近いけれど見えない

 こうした天体の存在はずいぶん前から予想されていたが、実際にちりの雲が見つかったと初めて
報告されたのは1961年のこと。
天体の名前の由来となったポーランドの天文学者、カジミェシュ・コルディレフスキがそのかすかな
姿を目にしたと発表した。しかし、その後も雲の存在は疑問視されていた。

「2つあるコーディレフスキー雲は、最も見つけにくい天体に数えられます。地球までの距離は月と変わらないにも
かかわらず、天文学の研究者たちからほぼ見過ごされています」。ハンガリー、エトベシュ・ロラーンド大学の天文学者で、論文の共著者であるユディット・シュリズ=バロッグ氏は
こう話す。「月だけでなく、ちりでできた“衛星”も私たちの惑星の周りを回っていると確認できたことに、
とても好奇心をかき立てられます」

 新たな研究成果によれば、コーディレフスキー雲の見かけの大きさは、夜空に見える月を30個×20個並べたのに相当する。
宇宙での実際の大きさは約10万4600キロ×7万2400キロで、地球の直径の9倍に近い。

(以下略)

https://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/18/110800484/?ST=m_news


◆◆◆ニュー速+ 記事情報提供スレ 87◆◆◆
http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1540017034/
--------
【お知らせ】
「偽テンプレを貼る荒らし・嫌儲の荒らし」が現れましたら、
通報協力をお願い致します。
--------
29名無しさん@おーぷん :2018/11/10(土)00:36:29 ID:btz
ガンパレの何?
あれ設定が多岐に散らばってて全体を把握出来ないんだが
30名無しさん@おーぷん :2018/11/10(土)00:41:34 ID:wkU
>>29
黒い月が出現して幻獣が出てくるとかって設定だったはず
31名無しさん@おーぷん :2018/11/10(土)00:46:54 ID:rSG
>>16
あのころは軌道エレベータ「あめのぬぼこ」があったから気安く行けたけど、
いまじゃ交通手段がないからなぁ。
32名無しさん@おーぷん :2018/11/10(土)00:50:15 ID:btz
そう言えばそうだった
ガンパレはゲームもいいけどラノベの榊ガンパレがあついんだよね
33名無しさん@おーぷん :2018/11/10(土)01:00:13 ID:nnU
市内を徘徊する新たな変態なら、たまに確認可能なんだがね
34名無しさん@おーぷん :2018/11/10(土)01:46:31 ID:AJO
塵の集団を衛星と同等の新たな天体と位置付けても良いものだろうか
35名無しさん@おーぷん :2018/11/10(土)02:32:36 ID:btz
いいわけないだろう
けど範囲がでかすぎるから何かしらの名前はつきそうな感じかな?
36忍法帖【Lv=1,デッドペッカー,qJG】 :2018/11/10(土)09:44:48 ID:9LU
チリと積もれば山になる
37名無しさん@おーぷん :2018/11/11(日)00:07:04 ID:Jqb
ラグランジュポイントじゃん。
38名無しさん@おーぷん :2018/11/11(日)00:09:39 ID:Jqb
>>36
宇宙では意外とそうでもない。
ttps://youtu.be/ObgY8wjjQeY

新着レスの表示 | ここまで読んだ

名前: mail:





【天文】地球を周回する新たな天体を確認、月とは別 [H30/11/9]