- -pv
スレッドの閲覧状況:
現在、- がスレを見ています。
これまでに合計 - 表示されました。
※PC・スマホの表示回数をカウントしてます。
※24時間表示がないスレのPVはリセットされます。

【不祥事】(気象庁富士山測候所の第一級歴史資料である)日誌を廃棄 68年間つづった貴重な40冊 [H30/8/10]

1忍法帖【Lv=22,キラービー,uir】 第13艦隊◆IpxlQ2BXrcdb:2018/08/10(金)14:38:21 ID:???
(最終更新 8月10日 07時00分)

廃棄された「カンテラ日誌」=「カンテラ日記 富士山測候所の五〇年」(筑摩書房)から




 気象庁富士山測候所の職員が68年間つづった40冊以上の「カンテラ日誌」が所在不明になっていた問題で、
同測候所を管轄した東京管区気象台は毎日新聞の取材に、昨年11月以降に「文書整理の一環」で廃棄していたことを
明らかにした。
気象観測のほか、眼下の空襲など太平洋戦争も記録した貴重な資料が失われた。
閲覧したことがある気象専門家らは「職員が見たまま感じたままを率直に記した第一級の歴史資料だった。
機械的に捨てるなんて」と批判している。

 同気象台総務課によると、日誌は昨年11月までは倉庫にあったが、他の行政文書と一緒に溶解処分したという。
取材に対し同課担当者は「毎日の出来事や感想を個人的に書き留めたもの。職務ではなく、行政文書に当たらない。
庁舎内のスペースは有限で、必要ないものを無尽蔵に保管できない」と説明した。

 日誌は、測候所が山頂(3776メートル)に移転した1936年から無人化された2004年まで書き継がれ、
その後の大半は東京都内の同気象台に保管されていた。
毎日新聞は今年1月、情報公開法に基づく開示請求で「不存在」の通知を受け、
取材で「庁舎内にない。これ以上分からない」と説明された。3月の報道後、廃棄が分かったという。

 日誌は一部が一般書籍や気象庁発行の冊子、研究論文などに引用されている。
観測奮闘記のほか、戦時中は南から飛来する米爆撃機B29の編隊や、空襲に遭った街が赤々と燃える様子を描写。
「中都市が攻撃を受け、毎晩一つ、二つと焼土となる。これが戦争の現実」などと記していた。

 NPO法人「富士山測候所を活用する会」理事の鴨川仁(まさし)・東京学芸大学准教授は「世界でも珍しい資料。
なぜ廃棄したのか理解できない」と落胆。(以下略)

https://mainichi.jp/articles/20180810/k00/00m/040/187000c
--------
【お知らせ】
偽テンプレを貼る荒らしが現れましたら、通報協力をお願い致します。
--------
2名無しさん@おーぷん :2018/08/10(金)14:53:46 ID:E9d
テレビ番組も将来貴重な資料となりうるし保存できるようにしないとね
3名無しさん@おーぷん :2018/08/10(金)14:56:17 ID:JjS
ずっと積み重ねられてきたものなんだから、せめて電子化してから処分しろよな
4名無しさん@おーぷん :2018/08/10(金)14:57:31 ID:SpJ
まったく無能な働き者だな
5名無しさん@おーぷん :2018/08/10(金)17:28:04 ID:olx
廃棄のルールをつくったのは誰でせう
6名無しさん@おーぷん :2018/08/10(金)17:32:46 ID:Lnj
ほんとお役所仕事だな
AIに仕事任せたほうがマシだわ
7名無しさん@おーぷん :2018/08/10(金)17:50:13 ID:zjl
意図的なものだろ
文化破壊テロリストを野放しにするな!
8名無しさん@おーぷん :2018/08/10(金)17:51:07 ID:5sa
またしても日本の歴史が長いと困るアレらの仕業か
9名無しさん@おーぷん :2018/08/10(金)18:03:52 ID:if7
よほど消し去りたい物があったんじゃないのか…。
10名無しさん@おーぷん :2018/08/10(金)18:08:45 ID:t27
>「中都市が攻撃を受け、毎晩一つ、二つと焼土となる。これが戦争の現実」

なんかパヨクの外患誘致に利用されそうだなあ。
11忍法帖【Lv=7,ほうおう,JVv】 :2018/08/10(金)18:46:34 ID:qhb
お役所仕事ってのともまた違ってそうなんだよなぁ
なんで70年近く保管してたもんを突然棄てたのか
担当が数ヵ月前に交代、とかそんなんじゃねえよな
12名無しさん@おーぷん :2018/08/10(金)18:54:35 ID:rKz
つうか、貴重な資料だって知ってるなら然るべき保存運動をやれよと
そういう運動による働けかけで資料館なりに譲渡して予算を確保して保管しないとこうなるのは当たり前
13名無しさん@おーぷん :2018/08/10(金)19:06:53 ID:LS1
>>12
いや何でもかんでも資料館にぶっこめばいいもんじゃないだろ
観測所が記したもんを観測所の管轄組織が管理してるのは至極当然なことだし
管理してる側が研究論文にも引用されるようなもんの重要性を理解していなかったというのが異常なわけで
14忍法帖【Lv=7,ほうおう,JVv】 :2018/08/10(金)19:18:10 ID:qhb
10年特に問題なく保管されてきたもんがいきなり「ああそれこの前捨てましたよ」なんてやられたら保存運動のしようもねえよ
15名無しさん@おーぷん :2018/08/10(金)19:55:30 ID:cZl
貴重とか思いすぎている方が問題だろう。
文書資料なんて毎日大量に出されていた時代は保管場所の為の予算を取っていたら不採算が必ず発生し、本業の発展成長が停滞する。
16名無しさん@おーぷん :2018/08/10(金)20:26:16 ID:JEh
まぁ公務員ってこの程度なんだろうね
マジ、税金の無駄だわ
17名無しさん@おーぷん :2018/08/10(金)20:34:23 ID:kiq
せめてデジタルデータにでもしてあれば軽量化できるんかね
その作業もリソース食うしな…
残ってたほうが後々研究などで参考になっただろうけどね
もうないもんはどうしょうもない
18警備員◆OQUvCf9K4s :2018/08/10(金)20:45:59 ID:Jyx
わざとだろこのハゲが!
19警備員◆OQUvCf9K4s :2018/08/10(金)20:46:55 ID:Jyx
>>17
デジタル化しても「ウイルスに感染して消えました」てオチになる。
20名無しさん@おーぷん :2018/08/10(金)20:55:23 ID:kiq
>>19
えー…ネットから切り離しといて欲しいわw
21名無しさん@おーぷん :2018/08/10(金)20:57:42 ID:LS1
まあ紙の資料を電子化しても簡単に吹っ飛ぶ可能性があるというのはよく言われてるな
んなこと言いだしたら一番形として残りやすいのは石版とかいう話になるが石版残すわけにもいかんし
22名無しさん@おーぷん :2018/08/10(金)21:25:14 ID:BVV
>>20
HDDも気がついたらデータ破損ってあるからきつい
DVDは傷に弱い

お金をなるべくかけない前提だもんな〜
23名無しさん@おーぷん :2018/08/10(金)21:37:51 ID:ghQ
京都大さん
ガラスメモリの実用化は何時になったら実現するんだ
24名無しさん@おーぷん :2018/08/11(土)08:19:24 ID:2Cn
意図的にやってるんだよ。
歴史を作るものは破棄しないと、歴史を知らない者が入り込めないんだよ。
25名無しさん@おーぷん :2018/08/11(土)08:22:23 ID:b51
そこでShare、Winnyの出番だ
26名無しさん@おーぷん :2018/08/11(土)14:39:35 ID:yda
デジタル化するのは当然だが、デジタル化すれば破棄していいというものでもないだろう。
どういう資料を残すべきかというのはある意味思想的問題とも言える。
27名無しさん@おーぷん :2018/08/11(土)16:52:45 ID:8I6
>庁舎内のスペースは有限で、必要ないものを無尽蔵に保管できない

どんだけ狭いんだよ。
日誌40冊程度置く場所も無いようじゃ人間も庁舎に入れないぞ。
28名無しさん@おーぷん :2018/08/11(土)16:58:25 ID:2JY
>>22
水害で泥をかぶって復旧できたのはほぼSSDだったらしいよ。
HDDはあかん。
29名無しさん@おーぷん :2018/08/11(土)17:56:25 ID:yBW
神社が14世紀から残してた御神渡りの記録が気候の重要な資料になったりと
日本人が記録大好きだからこそ残ってて後から役に立つものも多いんだよな
30名無しさん@おーぷん :2018/08/11(土)19:11:06 ID:sIc
気象観測資料は軍事機密扱いだったから終戦時には
例えば満州など外地における貴重な資料が大量に処分された
なぜか海軍の方が熱心に燃やして陸軍はまだ残ってるものが多いとか
31警備員◆OQUvCf9K4s :2018/08/11(土)19:51:18 ID:jXK
>>28
HDDは、精密機器なのに対してSSDは、シリコンの塊だからな。
32名無しさん@おーぷん :2018/08/11(土)20:18:57 ID:ZaY
ここに限らず、全国の図書館で次々に古書が廃棄されてるだろ
同じ言い訳でツタヤ図書館によって
33ケツマソ子☆ :2018/08/11(土)20:30:12 ID:IaW
>>1
> 同気象台総務課によると、日誌は昨年11月までは倉庫にあったが、他の行政文書と一緒に溶解処分したという。
>取材に対し同課担当者は「毎日の出来事や感想を個人的に書き留めたもの。職務ではなく、行政文書に当たらない。
>庁舎内のスペースは有限で、必要ないものを無尽蔵に保管できない」と説明した。


オマエの存在がムダだからオマエをクビにしてオマエの席があったところに保管すればいいよ


>同気象台総務課によると、日誌は昨年11月までは倉庫にあったが、他の行政文書と一緒に溶解処分したという。



こいつら全員殺すべきだろ
34名無しさん@おーぷん :2018/08/11(土)20:33:13 ID:EqT
どこかに売り飛ばしたんじゃないか?
35名無しさん@おーぷん :2018/08/11(土)22:11:46 ID:FV1
>>19
DVDメディア等上書き不可能かつそれなりの耐久性のあるメディアにデータを「プレス」しておく。
データセンターの基本データベースはそうしたメディア群と読み取り装置で構築すればいいよ。
その装置自体のドライバやインデックスデータ等はMOやDDSに定期バックアップも欠かさずに。
36警備員◆OQUvCf9K4s :2018/08/11(土)23:03:48 ID:jXK
> それなりの耐久性のあるメディア
それがないから困るんだよ。
37名無しさん@おーぷん :2018/08/11(土)23:25:35 ID:FV1
>>36
一番耐久性のあるものならば「石に刻み付ける」しかなくなります。
次に粘土板です。
現代文明に妥協するならば特殊加工されたプレスDVD等となります。
これは割れでもしない限り傷がついても研磨等で殆どが完全に回復可能である事を確認しています。
ディスク自体を10年毎に更新ならばほぼ問題ないでしょう。
交換にて外されたディスクはバックアップとして一応10年程度保管しておけば尚良いでしょう。
テロに遭えばどんな記録方法でも無意味ですが。
然りとて人の記憶では嘘扱いされてしまう。
38名無しさん@おーぷん :2018/08/12(日)07:56:57 ID:VkB
>>35
プレスしたメディアは記録型よりも頑丈だけどコストがかかるからなあ
39名無しさん@おーぷん :2018/08/12(日)08:17:54 ID:YKI
>どこかに売りとばしたんじゃないか
それ
廃棄した証拠もないしな。
40名無しさん@おーぷん :2018/08/12(日)08:18:39 ID:YKI
大事なものは日本人に見せたくありませんw
歴史的な記録になるものは某団体で大事に保管w
未来の予言とかに利用できるからなw
41名無しさん@おーぷん :2018/08/12(日)11:36:34 ID:hWu
こういうものが、羨ましい民俗がいる。
42名無しさん@おーぷん :2018/08/12(日)13:07:08 ID:3kf
ネットオークションで出品されてたりしてな
43名無しさん@おーぷん :2018/08/12(日)17:25:45 ID:coX
アレラは山に拘ってんだよね。
霊山って呼ばれてるとこは特にやばい。
44名無しさん@おーぷん :2018/08/12(日)17:49:11 ID:Bnq
私的文章で保管義務がなかったのなら
職員の関係者に返せばよかったのに
45名無しさん@おーぷん :2018/08/13(月)08:57:19 ID:Nch
日本人から歴史を奪いたいやついるからな。
文化財クラスの寺とか神社にあぶら撒いてるのと一緒。
あ、まちがえちゃったあで済ませられるこっちのほうがもっと性質悪い。
たぶん捨てたやつは何の処分も受けずにその地位に就いたままなんだろ?
46名無しさん@おーぷん :2018/08/13(月)09:02:39 ID:wga
法的には業務日誌の類の保管期間は二年くらいだしなあ
しかし単なる業務日誌以上の価値があるのは研究引用した学者たちも証言してるわけだし
47忍法帖【Lv=21,スカルゴン,vlJ】ななしの国からこんにちわ◆ePSYFR8jBw :2018/08/13(月)11:00:13 ID:Mmy
価値が分かってないバカか、意図的な資料廃棄かの二択

場所の問題なら、寄贈する相手を探せばいいだけ
これだけの歴史的一次資料になると、欲しがる機関はいろいろあると思うぞ

新着レスの表示 | ここまで読んだ

名前: mail:





【不祥事】(気象庁富士山測候所の第一級歴史資料である)日誌を廃棄 68年間つづった貴重な40冊 [H30/8/10]