- -pv
スレッドの閲覧状況:
現在、- がスレを見ています。
これまでに合計 - 表示されました。
※PC・スマホの表示回数をカウントしてます。
※24時間表示がないスレのPVはリセットされます。

【比較画像/twitter】自民党政権と民主党政権の治水予算執行額が、あまりに違うと話題に!![H30/7/12]

1忍法帖【Lv=21,キラービー,uir】 第13艦隊◆IpxlQ2BXrcdb:2018/07/12(木)14:10:57 ID:???

【治水予算執行額 年度推移】




昨日、民主党政権下における治水予算と
その前の自民党政権の比較表を作成し投稿したところ
現安倍政権と比較しろとか
予算ではなく実績値でやれとご指導戴きました
よって予算額ではなく執行額で作成し直しました
数字は国交省の担当官に今朝確認を受け作成致しました

https://twitter.com/necoodisan/status/1016141958413053953?s=21

https://mobile.twitter.com/necoodisan/status/1016141958413053953

--------
【お知らせ】
偽テンプレを貼る荒らしが現れましたら
通報協力をお願い致します。
--------
66名無しさん@おーぷん :2018/07/13(金)01:33:49 ID:8qY
>>65
いや、予算を削ってないと言ってるんじゃなくて、
>>1ほどではないと言ってるんだろう。
検証して正確を期すことは大切だよ。
67名無しさん@おーぷん :2018/07/13(金)01:46:29 ID:8qY
>>58
http://www5.cao.go.jp/keizai2/ioj/docs/pdf/ioj2017.pdf
152ページ
の図では、
それまでは確かに自民党も減らし続けてきた新設改良の公共事業も、
リーマンショックに襲われた日本経済を救うために麻生総理が増やしたのに、
民主党政権になった途端に即時にがっつり落とされたんだなあとか、
あれ、災害復旧費が
2004年>2011年
なのは何故だろう?2004年も大変だったけどいくらなんでも2011年の方が少ない?とか、

そういうのがとりあえず目に付いた。

(参考)
2004年の日本
https://ja.m.wikipedia.org/wiki/2004%E5%B9%B4%E3%81%AE%E6%97%A5%E6%9C%AC
68忍法帖【Lv=21,まほうつかい,Fbp】 :2018/07/13(金)01:47:25 ID:JWL
>>62
まず、確実にいえるのが、>>1の治水予算の数字が、
国の歳出における、治山治水対策の支出済歳出額を拾っているということだ。

実際に確認してみよう。
H21 1ページ目の「治山治水対策」の「支出済歳出額」 1,318,603,639
https://www.mof.go.jp/budget/budger_workflow/account/fy2009/kessan_h21_10.pdf

H22 1ページ目の「治山治水対策」の「支出済歳出額」668,382,266
https://www.mof.go.jp/budget/budger_workflow/account/fy2010/kessan_h22_10.pdf

H23 1ページ目の「治山治水対策」の「支出済歳出額」672,496,803
https://www.mof.go.jp/budget/budger_workflow/account/fy2011/kessan_23_10.pdf

こんな感じだが、全部はると面倒なのでこの辺でやめとく。
で、ここで見てほしいのが、H23の資料について、2枚目3枚目の部分(p137,138部分)
ここで、H19~H23の事項別の推移が示されているが、
H21からH22への切り替わりで、
それまでの事項の金額が大幅に減少した一方で、新しい事項が大幅に増えているのが分かるだろう。
具体的には、問題になるのは社会資本総合整備といった交付金事業で、
この中には治水を含んだ色々な整備メニューが入っているんだが、使途が自治体にゆだねられているので、
国の歳出として治山治水として分類できず、見た目上、治山治水の金額が大幅に下がるという事態が発生している。
3枚目(p138)の「合計」の欄を見れば、合計額はそこまでドラスティックには変化していない。
要は、国として使途を管理できる金額が減り、管理できない金額が増えたということ。

これが、はっきりと「わかること」。

一方、地方自治体ではそれまで進めていた治水治山対策が、
予算が補助事業から交付金事業になったといっても、
整備計画を大幅に変更したりはしない。
全体額としては減ってはいるが、現場で実際に支出される金額については、
交付金と補助金、国費のトータルの金額の推移にあわせたものなので、
そこまでドラスティックに減っているというわけではない。
これは、建設関係予算の仕組みと、日本の社会資本2017の治水部門の推移から、おおむね「わかること」。
69忍法帖【Lv=21,まほうつかい,Fbp】 :2018/07/13(金)01:59:01 ID:JWL
>>67
>あれ、災害復旧費が
>2004年>2011年
>なのは何故だろう?2004年も大変だったけどいくらなんでも2011年の方が少ない?とか、

それは、治水部門に限ってみた場合にそういう事になる。
P112に全部門合計の推移があるが、
やはり、近年では東日本大震災が突出して多い。

これはどういうことかというと、
東日本大震災はやはり津波被害が大きな災害であったので、
港湾や海岸施設への被害が突出して大きかった、ということだ。

まぁ、港湾に関して言えば、
阪神大震災で液状化起こした際も大被害だったわけだが、
堤防などに代表される海岸施設に関しては、
p158でみてもわかるように、東日本大震災の影響が突出している。
70忍法帖【Lv=21,まほうつかい,Fbp】 :2018/07/13(金)02:06:04 ID:JWL
>>65
分かりやすく説明できてなくて済まんね。
まぁ、要は、>>1の結果の主犯は、
民主党政権時に、国の予算歳出の分類をいじった結果おきた影響が大きくて、
実際の治水対策の動きは「日本の社会資本2017」等を見た方が確実だということ。
そして、そこからわかるのは、
確かに民主党政権時には減ってはいるのであるが、そこまでドラスティックな変化ではないということ。

なぜ、国交省の担当者にまで確認したことなのに、
実際の治水対策の推移と乖離しているかというと、
あくまで国交省の担当者は国で把握できるお金を説明したにすぎず、
民主党政権時は国で使途を把握できるお金の割合が減っていたということ。
使途を把握できなくなったけど、各地方自治体で、それなりには整備は進めていたということ。
71名無しさん@おーぷん :2018/07/13(金)02:12:10 ID:lby
釜の底が抜けなければ継続使用も可能だろうが底が抜けたら修理や買い換えが必要になるだろう
釜の底が抜ける限界こえたかどうかが問題になるんでね?
釜の底が抜けたけど抜ける前にくらべてさほど大きく無理をさせてないと主張したいのか?
プロの使う繊細な道具をド素人が使用すればこうなるって典型例だろうが
72忍法帖【Lv=21,まほうつかい,Fbp】 :2018/07/13(金)02:12:48 ID:JWL
これだけは言っておく。
民主党政権は確かにそびえ立つクソだったが、
今回の災害の主犯では決してない。

今回の災害の主原因は、
従来の想定・設計をはるかに超えた雨量によるもの。
民主党政権が負の影響を与えていたにしても、
その影響割合は限られている。
73忍法帖【Lv=21,まほうつかい,Fbp】 :2018/07/13(金)02:22:06 ID:JWL
>>71
ふむ。では抜けたかどうかをどう、客観的に判断する?

>>51で示したように、民主党政権時代で別に建設業の倒産が増えたわけではない。
モラトリアム法によって、ゾンビ状態でも生き永らえることができたから。
そして、実際に建設業界に落ちる金の推移である公共投資(Ig)の推移は、
日本の社会資本のp185にあるとおり、
民主党政権時代は確かに少ないのであるが、単純な減少額でみれば小泉政権時代の方が大きいくらいだ。
http://www5.cao.go.jp/keizai2/ioj/docs/pdf/ioj2017.pdf

まぁ、逆にいうと小泉政権時代に十二分に淘汰された業界に、
さらに一押ししているので、民主党政権はむしろ罪深いのであるが。

財政面での改革は、すでに十分なされていて、
とっくに日本社会は土建国家ではなくなっていたのに、
乾いた雑巾からさらに絞れるという誤った考えをもってたのは事実だね。
74名無しさん@おーぷん :2018/07/13(金)02:23:46 ID:mHc
小泉政権から民主党政権って
捩れ国会じゃん
与党がいくら頑張っても何も決められなかったんだろ
その頃にはその後民主党に鞍替えしたインベーダーも何匹も居たし
要は内と外からやりたい放題やられてたってこと
ネットも内時代の話、どこからどういう金が回りどういう動きだったかは知らないけど
2009以前まで下がり続けてた理由はそそんなとこだろ
75忍法帖【Lv=21,まほうつかい,Fbp】 :2018/07/13(金)02:32:38 ID:JWL
>>74
んにゃ。
小泉政権時代は、公共事業予算減は「骨太の方針」でも示された通り、
官邸主導で行われていた。
安倍~福田~麻生時代に、行き過ぎた公共事業費予算の削減にブレーキをかけようという動きはあったが、
安倍総理も、第一次安倍政権時代は、
経済財政政策は基本的には小泉時代を踏襲していた。
安倍総理の経済財政政策は第一次と第二次でガラリと変わっている。
76名無しさん@おーぷん :2018/07/13(金)02:38:27 ID:mHc
経済はデカイ船
安倍政権の舵が効き始めるのに時間かかる
舵の邪魔をする連中が居て腹も立つけど
でも諦めちゃダメ
安倍政権を信じよう
77名無しさん@おーぷん :2018/07/13(金)03:00:53 ID:8qY
>>69
まじまじと見てしまったよ。

P112の全部門合計の推移を見ると、東日本大震災が突出して多いというか、
災害復旧費は
阪神淡路大震災≒東日本大震災
な感じだ。

それと、各部門のグラフごとに縦軸の金額が違うし、
海岸施設より廃棄物処理、つまり原発事故の処理費用の方が
阪神淡路大震災との顕著な違いになってそうだ。

むしろ海岸施設復旧と原発事故処理があったのに、
まさに東日本大震災ならではの出費があったのに、
よく全体の災害復旧費を阪神淡路大震災と同じくらいに
抑えられたなと思うよ。

抑えるべきじゃないと思うけどね。
海岸施設費は自民党政権になってから
「こんなんで足りるかぁ!」
って感じで出し直してる感がある。
やっぱり民主党政権は「緊縮財政」の亡霊にとりつかれたのかなあ

と思いました。まる。

もっと細かく見たらいろいろ面白そう。
78名無しさん@おーぷん :2018/07/13(金)03:24:34 ID:8qY
>>72
>今回の災害の主原因は、
>従来の想定・設計をはるかに超えた雨量によるもの。

直近かつ具体的な主原因は違うと思うね。

今回の災害は、豪雨&長雨というものだった。
それによって河川が氾濫したんだ。
つまり、
それぞれの自宅近くの河川が豪雨&長雨に耐えられたかどうか、
耐えられないなら氾濫する前に避難したかどうかが
生死を分けた。

つまり、それぞれが、自宅近くの河川とその河川上流のダムの状況を
正確にリアルタイムで知って、理解していたかどうかが生死を分けたんだよ。

今頃新聞なんかで、氾濫した河川の上流のダムの当時の状況を記事にしてるけど、
あんなのは、一般人でも気がつく人はリアルタイムで気がついていて
ずっとダムの状況をネットで追いかけていた。
ダム側も、リアルタイムでネットできちんと情報を出していた。
だから問題は、気がつかなかった人や、ネットを使い慣れない人の安全なんだ。

そういう人も含めたみんなの安全のために、
みんなの命を災害から守るために、
みんなで受信料を払ってNHKを経営してると思ったんだがね。

そんな訳で、今回の災害の主原因は、
一般人でも気がついていたダム情報をリアルタイムでニュースにせず、解説もせず、
桂川が大変!って延々はしゃいで遊んでいた、
もう一度言うが、
桂川が大変!って延々はしゃいで遊んでいた、
NHKだよ。
マジだよ。

まあそのうちNHKは、責任をすり替えて、
「馬鹿な視聴者どもはどうしたら危機意識をもって早めに避難するか?」
という上から目線の特集番組をきっとやるよw

命を守るために一番重要だったダム情報無しに危機意識なんて持てるわけがない。
「何がわからないかわからない」状態で人間は危機意識なんか持てません。
79名無しさん@おーぷん :2018/07/13(金)05:37:16 ID:EgJ
>>4
辻本は「コンクリートから人へ」で直接渡してた疑惑がある
なかったと俺は信じてるぞ。
80忍法帖【Lv=21,まほうつかい,Fbp】 :2018/07/13(金)09:10:53 ID:JWL
>>77
廃棄物処理については、原発事故というより
東日本大震災と廃棄物処理施設の特殊性によるものだろう。

まず、東日本大震災の特徴とは、M9をこえる規模によるかつてない被災範囲と、
津波による根こそぎな被害だろう。

そして、廃棄物処理施設とは大別して、埋立地と焼却処理施設になる。
ここで、焼却処理施設とは点的なインフラである。

インフラには、上下水道、鉄道、道路、河川堤防、用排水路のような線的なインフラと、
学校、公民館、排水機場、ダムなどの点的なインフラ、
圃場整備、国有林などの面的なインフラ、
空港や港湾設備のような点と面の中間的なインフラがある。

災害被害確率は、どうしても面的、線的インフラが多くなる。
そして、廃棄物処理場は学校や公民館などよりも数が少なく、被害確率は低い。
そして、いざ被害を受けても、当面は近隣の処理施設に受け入れてもらえばしのげるので、
災害復旧事業でなく、通常の事業で整備しても間に合う。

しかも災害復旧事業は原則原形復旧で性能向上ができないが、
廃棄物処理施設は環境問題意識の高まり、特にダイオキシン問題で性能向上が求められていて、
2000年前後で非常に整備費が増えているものでもある。
ようは、壊れたならより高性能なものにしてしまえ、という発想が働きやすく、災害復旧事業をあてられにくい。

一方、東日本大震災は、通常被災確率の低い施設も根こそぎ、
しかも広範囲にわたってやられたので、当面近隣に受け入れてもらうという手もとれなかった。

そのため、それまでほとんど支出されてこなかった廃棄物処理施設の災害復旧費用が、
東日本大震災で一気に支出されることになったのだろう。
81名無しさん@おーぷん :2018/07/13(金)09:49:31 ID:8qY
>>80
じゃあ原発事故処理費はどこに計上されてるんだろう?
それに、直接に原子力発電所をいじる以外にも、
あれだけ日本中で“放射能を浴びた瓦礫をどこが受け入れるか”で大騒ぎしたし。

P137の廃棄物処理、2011年以降も新設改良費の青線が上がっているところからしても
原発事故処理関係だと思うけどなあ。
東日本大震災を特徴づける要素といえば、広範囲・津波・原発事故だろう。
82名無しさん@おーぷん :2018/07/13(金)10:02:43 ID:8qY
それとこれ、「新設改良費」として支出するのと「災害復旧費」として支出するのとで、
何かが誰かがおいしい、おいしくない、といった違いはあるんだろうか。
83名無しさん@おーぷん :2018/07/13(金)10:35:13 ID:tvj
かつてのミンス政権は、日本を破壊した政権であることを証明する重要資料だね。
「ちょっと待て、あいつもこいつも元ミンス。」
選挙に投票する時はこの標語を思い出そうw。
84名無しさん@おーぷん :2018/07/13(金)11:20:34 ID:8qY
>>83
あと、日本破壊といえばNHKな。
理由は>>78
本当に今回の西日本豪雨の死者行方不明者がここまで増えたのは、
もののたとえでも煽りでもイチャモンでも何でもなく、
ド直球でNHKの責任だよ。
だって逃げてりゃ死なずに済んだんだ。
そのための情報を不足なく提供するために、
NHKは、受信料を徴収し、視聴者競争からも免れて、運営されてきたんだからな。
まさにこのためだったんだから。
85名無しさん@おーぷん :2018/07/13(金)11:23:05 ID:u4m
NHKにはせめてダム放水情報を出してほしかった
出ていたか?
86名無しさん@おーぷん :2018/07/13(金)11:26:55 ID:tvj
>>85
>>84
そう言えば、ダム放水の情報なんかは記憶にないな…。
87名無しさん@おーぷん :2018/07/13(金)11:28:35 ID:8qY
NHKが、
・観測点ごとの河川水位情報
・リアルタイムのダム情報
を、ニュースとしてきちんと放送していれば、
死なずに済んだ方たちが山ほどいた。

後知恵じゃないぞ。
一般人は、当時、それに気づいて、ダム管理公式サイトに殺到していた。
しかもTwitterで呼びかけあい、注意喚起しあっていた。
NHKが桂川ではしゃいで遊んでいる間にな。

>>85
桂川を管理する日吉ダムについてだけ、緊急放水についてちょろっと言及した。
しかも、日吉ダムの緊急放水がTwitterで危ぶまれてから1日近く経ってたかな。
88名無しさん@おーぷん :2018/07/13(金)11:31:54 ID:8qY
しかし本当にNHKは、桂川の渡月橋のあのあたりだけこだわってたよなw
今にして思えば、渡月橋が流されるケッテーテキシュンカンを
撮りたかったのかな。
人命とか公共放送の責任なんて素でどうでもよかったんだろう。
89名無しさん@おーぷん :2018/07/13(金)11:33:42 ID:tvj
こんなんで「公共放送」…。
はっきり言って、必要無いね!。
90名無しさん@おーぷん :2018/07/13(金)11:37:41 ID:vOS
公共事業は悪と、全て悪いかのように長年煽り、連呼してたテレビマスコミの責任は大いにある。
91名無しさん@おーぷん :2018/07/13(金)11:45:13 ID:u4m
>>86
やはりなかったのか
NHKの地方局でさえやらんかったのか
92名無しさん@おーぷん :2018/07/13(金)11:45:48 ID:u4m
>>87
ダム管理公式サイトが重くなっていたという話があるよな
93名無しさん@おーぷん :2018/07/13(金)11:46:13 ID:u4m
>>88
>渡月橋が流されるケッテーテキシュンカン

ありえるわそれ
94名無しさん@おーぷん :2018/07/13(金)11:57:05 ID:tvj
そういう、卑しいことしか考えて無いんだろうな…。
報道というものを勘違いしてるとしか言いようが無いね。
95忍法帖【Lv=21,まほうつかい,Fbp】 :2018/07/13(金)12:28:15 ID:JWL
>>82
通常、災害復旧で出した方が、国費率が高い。
つまり、地方自治体等の持ち出しが少ない。
あと、行政手続き上も早い。なんといっても災害復旧なので。

だが、通常は、災害復旧は原形復旧が原則なので、
機能向上させたかったり、
施設建設時とは状況が変わっていて、設計変更したかったりということには対応しにくい。
まぁ、原則原形復旧とはいっても、
基準や法律が変わっていると、そちらにあわせた仕様にしなくてはならないのだが。
96忍法帖【Lv=21,まほうつかい,Fbp】 :2018/07/13(金)12:31:34 ID:JWL
>>81
さて?
処理費という意味では、インフラ投資としては計上されていないのでは?

例えば、ごみ処理を他の自治体等が受け入れた際も、
処理費用はかかっただろうが、処理費用というのは建設投資ではないので、
公共投資なり公共事業費には計上されない。
あくまで行政コスト、処理コストとして別の計上になる。

また、東電は民間企業なので、
東電が建設する設備にかかる費用は、
いくらインフラ関係のお金といっても、公共投資や公共事業費には出てこない。
民間の設備投資扱いということになる。
97名無しさん@おーぷん :2018/07/13(金)12:43:38 ID:nZo
>>88
自分の「勲章」の為にやってるんだろ?
テレビ屋なんてそんなもん。
98忍法帖【Lv=21,まほうつかい,Fbp】 :2018/07/13(金)12:52:58 ID:JWL
>>82
災害復旧費と新設改良、どちらがおいしいかについて、まず両者の特徴を>>95で書いたが、
逆にいうと、制度次第でその利点はいくらでもひっくり返りうる、ということになる。

例えば、今回は東日本大震災の復興について、
復興特別交付金という通常とはまた別のスキームでやっているはず。
こちらが新設改良扱いになるのか、災害復旧扱いになるかは、
ちょっと今は未確認だが、
国費率の優遇や行政手続きの簡便化と図りつつ、かつ機能向上もできるなら、
みんなできるだけこのスキームを活用しようとするだろう。
となると、これが新設改良費扱いだったなら、こちらも爆発的に伸びる、ということになる。
その辺は未確認なので、なんとも。
調べれば出るかもだが、昼休憩中に調べ切るのは無理。
99名無しさん@おーぷん :2018/07/13(金)14:45:50 ID:DuG
もう災害時の犬HKもアテにならないってことが証明されたな
犬HK解体でいいわ

>>1
ミンスのやることを見てると夜盗の連中は
阪神大震災のときのように市町村単位で破壊されて
町ごと自分たちの好きなように作り変えたがってるんじゃないのかな
住民をガラガラポンして役所にいる連中と結託すれば自分たちの工作員をたくさん呼び込めるだろうし
100名無しさん@おーぷん :2018/07/13(金)15:13:09 ID:spX
民主党政権は

日本人の安全を売って特定民族に金を流したってことですか?
101名無しさん@おーぷん :2018/07/13(金)15:22:39 ID:yfI
治水の予算がミサイルになって日本に向かって飛んできてたってことでいいのかな
102名無しさん@おーぷん :2018/07/13(金)15:25:31 ID:olM
NHKはほらあれ 2兆円予算使ってネットで常時同時配信やりたいんでしょ?
犠牲が大きくなればなるほど災害にかこつけてその必要性を声高に訴えられるからさ
最近地震や災害のたびに情報をどうやって早く正確に〜云々うるさいんだよね
緊急速報じゃだめなの?
103名無しさん@おーぷん :2018/07/13(金)16:42:57 ID:MW3
>>44
でもそれは総じて考えてみれば、当時は民主党政権=地方自治も民主党寄りの思想が根底にある事になるので
概算的に国交省が出した数字もあながち間違えてはいないという結果になるのでは?
104名無しさん@おーぷん :2018/07/13(金)17:37:22 ID:iXU
>>61
うちの実家がまさにこの状況で廃業したわ

以下、自分語り入っててすまんけど吐き出し

うちは過疎地の小さな工務店だったけど、地元で働きたい若者(※田舎比)もいっぱいいたんよ
で、父がそろそろ若いのに任せて引退……と考えた矢先にガクンと仕事が減って、
廃業せざるを得なくなった
こういう言い方はアレなんだけど、台風や大雨で被害があれば災害復旧で仕事になったし、
被害がなくともJRの保線作業とか県道の補修とか川の護岸整備とかで食べていけてた
でも交付金減らされたら当然入札も減るわけで、体力のある大手に全部仕事持ってかれるし、
全社員を雇用し続けるのはもう無理だった
で、廃業
社員の殆どは他業種へ転職した
祖父が作った会社なだけに、今でも残念で仕方がない

他は知らないけど、少なくとも「失われたノウハウ」の実例がここにあるってことを言いたかった
長文失礼
105名無しさん@おーぷん :2018/07/13(金)20:01:16 ID:MW3
>>104
判り易い実例として読ませていただきました。
実のところ安倍政権になってからも、民主党の悪政の余波とマスコミのアベノミクス批判が悪影響となり
倒産件数はなかなか減りませんでしたね。
106名無しさん@おーぷん :2018/07/13(金)21:36:11 ID:xv6
田中康夫とか嘉田といった地方の首長中心に脱ダムが流行してたっけなぁ
それに国会議員も乗っかってこの有り様

いつものことだけど財務省の口車に乗せられただけなんじゃ・・・

>>51
モラトリアム法って民主党というよりは亀井静香の功績のような・・・
107名無しさん@おーぷん :2018/07/13(金)23:06:45 ID:WVK
治水より外敵に備えるべき
108名無しさん@おーぷん :2018/07/14(土)01:06:27 ID:bqx
どっちも必要
109名無しさん@おーぷん :2018/07/14(土)01:13:17 ID:T2L
>>107
アホか、ワリャ
110名無しさん@おーぷん :2018/07/14(土)08:25:13 ID:fQi
>>107
お前は内の敵だな
111名無しさん@おーぷん :2018/07/14(土)09:55:50 ID:qR2
>>10
うやむやになったよw
112名無しさん@おーぷん :2018/07/14(土)10:06:29 ID:qR2
はっきり言って「コンクリートから人へ」は正しい

大きな政府こそ経済活動は民間にどんどん任せないと駄目

田○角栄とかは借金作りすぎでバブル崩壊後に浮上できない一原因だと俺は思う

ただ「国作り・国おこし」という視点があった点は多いに評価したい

平常時・災害時両方において「国単位」でスムーズに動けれるようにしないと民間人が困るだけ
113名無しさん@おーぷん :2018/07/14(土)16:58:49 ID:TxQ
>>112
はぁ?何言ってんだ??白痴なの??
114名無しさん@おーぷん :2018/07/15(日)22:15:15 ID:qLA
>>112
民主党が言ってた「コンクリートから人へ」ってのは、「公共事業から福祉へ」って意味だぞ?
民間へ金を回さない政策なの。
115名無しさん@おーぷん :2018/07/16(月)13:57:38 ID:lxd
>>114
違うな、民主党の関連団体の懐に金を入れる為だよ。

新着レスの表示 | ここまで読んだ

名前: mail:





【比較画像/twitter】自民党政権と民主党政権の治水予算執行額が、あまりに違うと話題に!![H30/7/12]