- -pv
スレッドの閲覧状況:
現在、- がスレを見ています。
これまでに合計 - 表示されました。
※PC・スマホの表示回数をカウントしてます。
※24時間表示がないスレのPVはリセットされます。

【企業】楽天、2019年末の“携帯参入”構想「6000億円で全国カバーできる」[H30/2/14]

1忍法帖【Lv=18,キラービー,uir】 第13艦隊◆IpxlQ2BXrcdb:2018/02/14(水)07:40:00 ID:???
 楽天は、2017年度(2017年1月~12月)決算説明会を実施。「第4の携帯会社」として参入を発表したMNO事業について、代表取締役会長兼社長 の三木谷浩史氏から言及された。

 楽天は現在、MVNOとして通信サービス「楽天モバイル」を展開している。昨年12月に発表した構想は、
総務省が追加で割り当てる周波数帯(1.7GHz帯と3.4GHz帯で募集)を取得し、自前で通信設備を持つ
事業者(MNO)を目指すというもの。

 楽天モバイルの2018年1月時点でのユーザー数は約150万人で、2年前の7倍の規模に拡大。
売上は2015年度の6倍(金額は非公開)に成長しているという。
三木谷氏は「180店舗を展開し、1日数千件の新規ユーザーを獲得している。これがMNOとして参入する自信になった」と話している。

 2月13日現在で、周波数帯の割当は決定していないが、もし楽天が周波数帯を取得できた場合、
自前のサービスの提供は2019年末となり、既存の「楽天モバイル」ユーザーも準備が整い次第、
新サービスへと移行される見込み。
当初はカバーエリアが少ないため、既存の大手キャリアの回線を借りてカバーする形となるという。

■設備投資「6000億円で十分」

 楽天がMNO参入にあたって想定している設備投資額が「少なすぎる」と報道などで指摘されていた。
投資計画では2025年までに最大6000億円を調達し、全国規模のLTEネットワークの構築を目指すとしている。
この6000億円という金額はNTTドコモが1年間に費やす設備投資額に近い金額だ。

 この指摘について三木谷氏は、「6000億円で全国をカバーするネットワークを構築するのに十分な金額」と強調した。

(以下略)

Yahoo!ニュース/2/13(火) 17:52配信 Impress Watch
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180213-00000104-impress-sci
2忍法帖【Lv=9,だいまじん,QQj】 :2018/02/14(水)08:23:56 ID:5EW
当初はカバーエリアが少ないため、既存の大手キャリアの回線を借りてカバーする形となるという。
ソフトバンクと同じだな…(I県N地区のドコモ基地局を間借りしている事は公然の秘密)♦♦
3名無しさん@おーぷん :2018/02/14(水)20:43:17 ID:E2V
楽天カードまーん -_・)♦♣♣
4名無しさん@おーぷん :2018/02/17(土)12:56:59 ID:ON3
マジかよ、楽天モバイルに変えるわ

新着レスの表示 | ここまで読んだ

名前: mail:





【企業】楽天、2019年末の“携帯参入”構想「6000億円で全国カバーできる」[H30/2/14]