- -pv
スレッドの閲覧状況:
現在、- がスレを見ています。
これまでに合計 - 表示されました。
※PC・スマホの表示回数をカウントしてます。
※24時間表示がないスレのPVはリセットされます。

【安全神話崩壊/水道事業民営化】 官房長官 水道事業などへの民間参入促進 法案提出の考え [H30/1/13]

37名無しさん@おーぷん :2018/01/14(日)11:09:36 ID:Erv
空港の民営化なんかが改正PFI法のモデルケースで、
郵政やJRとはまた別の考え方になるのでは?

維新が取りざたされてるけど、民営化で環境が改善したのは
大阪の住民なら実感するところ。
例えば官営だった公共施設は劇的にサービスが上がって、
休日家族連れでにぎわうようになった。
そもそも自公共が強かった時代は休日開園すらされていないような施設で
従業員はどこぞのコネ入社みたいな上から目線な雰囲気が漂っていた。

個人的に本質的な政治スタンスでは維新支持とはならないけど、
戦略的に考えれば、潰し合いが起きることでプラスに作用する部分もあると思う。
このレスの続きを表示(17件)

新着レスの表示 | ここまで読んだ

名前: mail:





【安全神話崩壊/水道事業民営化】 官房長官 水道事業などへの民間参入促進 法案提出の考え [H30/1/13]