- -pv
スレッドの閲覧状況:
現在、- がスレを見ています。
これまでに合計 - 表示されました。
※PC・スマホの表示回数をカウントしてます。
※24時間表示がないスレのPVはリセットされます。

【話題】大政奉還の経緯、克明に記録 越後新発田藩の家臣[H29/10/13]

1トト◆53THiZ2UOpr5:2017/10/13(金)09:50:22 ID:???
大政奉還の経緯、克明に記録 越後新発田藩の家臣
2017/10/13 05:53 10/13 07:47updated

 江戸時代最後の将軍徳川慶喜が京都・二条城で大政奉還の意向を
各藩の重臣に伝えた際、越後新発田藩の家臣が経緯を克明に記録
していたことが仏教大の青山忠正教授(明治維新政治史)の調査で
判明した。各藩への伝達は150年前の慶応3(1867)年10月13日。
当日の参加者による自筆の記録が確認されたのは初めてという。

 文書を残したのは新発田藩の京都留守居役だった寺田喜三郎。
(下略)

※全文は47NEWSでご覧下さい。
https://this.kiji.is/291304238699955297?c=39546741839462401
2名無しさん@おーぷん :2017/10/13(金)10:01:49 ID:lYf
何か新しいことわかるかな?
3名無しさん@おーぷん :2017/10/13(金)10:22:41 ID:ESq
>>2
意外と竜馬はなんもやってなかったとかw
4トト◆53THiZ2UOpr5 :2017/10/13(金)10:32:45 ID:tfX
大政奉還 克明に記録 新発田藩、二条城伝達から150年 
2017/10/13 9:14

(略)

 文書によると、当日に二条城へ集められたのは約40藩の重臣50人
ほど。一同が二の丸大広間に詰めていると幕府の老中、板倉勝静が
出座し「書付3通を渡すので考えを腹蔵なく申し上げよ。将軍が
直々にお聞き遊ばされる」などと説明した。

 3通の詳細は不明だが、1通は大政奉還の上表文の草案とみられ、
寺田家文書には「従来之旧習を改め、政権を朝廷に帰し」などの
意向が記されている。「徳川慶喜公伝」で伝わる上表文は
「政権ヲ朝廷ニ奉帰」と体裁の一部が異なるが、内容は一致する。

 大広間では薩摩藩の小松帯刀、土佐藩の後藤象二郎ら6人が残り、
慶喜と面会することになったが、寺田家文書にも「居残之分」として
6人の名前があった。

(略)

 慶喜は伝達の翌14日に上表文を朝廷に提出し、15日に許可された。〔共同〕

※全文は日経新聞でご覧下さい。
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO22214140T11C17A0CR0000/

新着レスの表示 | ここまで読んだ

名前: mail:





【話題】大政奉還の経緯、克明に記録 越後新発田藩の家臣[H29/10/13]