- -pv
スレッドの閲覧状況:
現在、- がスレを見ています。
これまでに合計 - 表示されました。
※PC・スマホの表示回数をカウントしてます。
※24時間表示がないスレのPVはリセットされます。

【文化】文豪・谷崎の迷惑行動に「閉口」 疎開先の津山で備忘録発見 岡山[H29/8/12]

1トト◆53THiZ2UOpr5:2017/08/13(日)09:26:47 ID:???
文豪・谷崎の迷惑行動に「閉口」 疎開先の津山で備忘録発見
2017年08月12日 23時31分 更新

 第2次世界大戦末期の1945年に津山市内に54日間疎開して
いた谷崎潤一郎(1886~1965年)の様子を記した備忘録が
残されていることが分かった。谷崎の気まぐれな行動に、世話する
側が右往左往するありさまが明記されるなど、文豪が津山で暮らした
一端がうかがえる。

 津山藩松平家の遠縁に当たる谷崎は、松平家が現在の同市小田中に
所有していた愛山東照宮敷地内の屋敷「宕々庵(とうとうあん)」に
滞在。45年5月15日から7月7日まで身を寄せ、その後、名作
「細雪」を執筆した真庭市勝山へ移った。

 当時の様子は谷崎自身が「疎開日記」に著しているが、受け入れ側
が津山でのことを書いた物は珍しいとみられる。松平家の屋敷などを
管理していた得能静男さん(52年没)が記し、孫の良平さん(69)
=津山市=が詳しく読み込んで内容が判明した。

 備忘録には、疎開の依頼状が得能さんに届いた3月31日に初めて
谷崎の名が登場。(略)

 岡山空襲があった6月29日には谷崎の迷惑な行動に困惑した記述も
出てくる。「勝山行荷物前二時受取ニ来ル 以后睡眠出来ス閉口」と
未明に荷物を取りに来たことを記した。

(下略)

※全文は山陽新聞でご覧下さい。
http://www.sanyonews.jp/article/579641/1/
2名無しさん@おーぷん :2017/08/13(日)11:14:24 ID:5wN
谷崎って食道楽だったんだよね
3名無しさん@おーぷん :2017/08/13(日)11:34:08 ID:qpW
当時の文豪が常識人のわけがない
4名無しさん@おーぷん :2017/08/13(日)12:11:03 ID:lQH
作品も人間もクズだったんだな
5ななしの国からこんにちわ◆ePSYFR8jBw :2017/08/13(日)13:44:31 ID:P4V
文豪なんてのは、性格異常と病気と変態が圧倒的に多いからな
6名無しさん@おーぷん :2017/08/13(日)15:19:47 ID:d0F
「近代的自我」何て病的なもんだ。色々と便利になると自我が肥大する。

新着レスの表示 | ここまで読んだ

名前: mail:





【文化】文豪・谷崎の迷惑行動に「閉口」 疎開先の津山で備忘録発見 岡山[H29/8/12]