- -pv
スレッドの閲覧状況:
現在、- がスレを見ています。
これまでに合計 - 表示されました。
※PC・スマホの表示回数をカウントしてます。
※24時間表示がないスレのPVはリセットされます。

ついに神の領域に達した 素粒子による真空量子超微小領域へ

※ID非表示スレ
9名無しさん@おーぷん :2015/04/30(木)01:31:45 ID:???
ムーアの法則
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A0%E3%83%BC%E3%82%A2%E3%81%AE%E6%B3%95%E5%89%87
http://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/thumb/4/4e/Moores_law.svg/780px-Moores_law.svg.png
ムーアの法則(ムーアのほうそく、英: Moore's law)とは、大規模集積回路(LSI IC)の製造・生産における
長期傾向について論じた1つの指標であり、経験則に類する将来予測である。米インテル社の創業者のひとりである
ゴードン・ムーアが1965年に自らの論文上に示したのが最初であり、その後、関連産業界を中心に広まった。

ポラックの法則
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9D%E3%83%A9%E3%83%83%E3%82%AF%E3%81%AE%E6%B3%95%E5%89%87
ポラックの法則(ポラックのほうそく)は、「プロセッサの性能はその複雑性の平方根に比例する」という経験則。
ここでの複雑性は、ダイサイズを意味している。つまり、この法則に文字通り従うならば、
1プロセッサのダイサイズを2倍に増やしても、性能は\sqrt{2}\fallingdotseq 1.4倍にしか上がらない。
インテル社のMRL(Microprocessor Research Labs)のディレクター兼インテル・フェロー(Intel Fellow)を務めていた
フレッド・ポラック(Fred Pollack)が発見した。なお、実際のデータからは、文字通りではなく、
物量と性能の関係は一定ではなく変化するものだ、という意味に取るのが良いようである。
この法則が示唆する通り、その後のプロセッサは低消費電力・マルチコア化を指向するようになった
このレスの続きを表示(30件)

新着レスの表示 | ここまで読んだ

名前: mail:





ついに神の領域に達した 素粒子による真空量子超微小領域へ
CRITEO