- -pv
スレッドの閲覧状況:
現在、- がスレを見ています。
これまでに合計 - 表示されました。
※PC・スマホの表示回数をカウントしてます。
※24時間表示がないスレのPVはリセットされます。

真空のエネルギーで量子コンピュータ

※ID非表示スレ
1名無しさん@おーぷん:2015/04/29(水)09:59:53 ID:???
真空チャネルトランジスタは真空管の原理を利用して、エミッタ・コレクタの間隔を150ナノメートルにした
真空ギャップを作ることで物理的な接触なしにゲート間に電子が流れるように改良されておりMOSFETを代替するものです。
従来の真空管ではミリメートルスケールだった電極間のギャップをナノメートルスケールに変更することで、
電子が真空ギャップ内に存在する気体分子と衝突する頻度を大きく減少させられるため減圧処置が不要になるとのこと。
NASAが開発中の真空チャネルトランジスタは、すでに460GHzという超高速動作に成功しており、
この技術を活用した超高速CPUの実現が期待されています。現在主流となっているシリコンベースの半導体では
微細化技術に限界が見え始めており、今後もムーアの法則を維持していくには大きなブレークスルーが必要とされるところ、
真空チャネルトランジスタにはその可能性が秘められていると言えそうです。
また、数百GHzという超高速での発振が可能な真空チャネルトランジスタは
テラヘルツ帯(300GHzから3THz)の無線通信へ応用できると考えられています。
テラヘルツ帯は、波長300マイクロメートル(周波数にして1THz)前後の周波数帯
http://gigazine.net/news/20140626-nasa-vacuum-transistor/
http://i.gzn.jp/img/2014/06/26/nasa-vacuum-transistor/002_m.jpg http://i.gzn.jp/img/2014/06/26/nasa-vacuum-transistor/003_m.jpg http://i.gzn.jp/img/2014/06/26/nasa-vacuum-transistor/004_m.jpg
2名無しさん@おーぷん :2015/04/29(水)10:17:26 ID:???
真空の世界
http://refind2ch.org/search?q=%E7%9C%9F%E7%A9%BA
3名無しさん@おーぷん :2015/04/29(水)23:18:14 ID:???
量子の世界
http://refind2ch.org/search?q=%E9%87%8F%E5%AD%90
4名無しさん@おーぷん :2015/04/29(水)23:22:28 ID:???
40_真空のエネルギーから統一場理論へ
http://aurorawave.atspace.tv/?sop:v/Nmm8NJhUXGo&RDNmm8NJhUXGo http://i1.ytimg.com/vi/Nmm8NJhUXGo/mqdefault.jpg #AuroraWaveTV
5名無しさん@おーぷん :2015/04/29(水)23:23:57 ID:???
41_ 超弦理論
http://aurorawave.atspace.tv/?sop:v/cjLsLq6GqV8&RDcjLsLq6GqV8 http://i1.ytimg.com/vi/cjLsLq6GqV8/mqdefault.jpg #AuroraWaveTV
6名無しさん@おーぷん :2015/04/29(水)23:54:53 ID:???
ついに達した 原子の領域を超え超微小領域化へ 真空のエネルギーで量子コンピュータ

真空チャネルトランジスタは真空管の原理を利用して、エミッタ・コレクタの間隔を150ナノメートルにした
真空ギャップを作ることで物理的な接触なしにゲート間に電子が流れるように改良されておりMOSFETを代替するものです。
従来の真空管ではミリメートルスケールだった電極間のギャップをナノメートルスケールに変更することで、
電子が真空ギャップ内に存在する気体分子と衝突する頻度を大きく減少させられるため減圧処置が不要になるとのこと。
NASAが開発中の真空チャネルトランジスタは、すでに460GHzという超高速動作に成功しており、
この技術を活用した超高速CPUの実現が期待されています。現在主流となっているシリコンベースの半導体では
微細化技術に限界が見え始めており、今後もムーアの法則を維持していくには大きなブレークスルーが必要とされるところ、
真空チャネルトランジスタにはその可能性が秘められていると言えそうです。また、数百GHzという超高速での発振が可能な真空チャネルトランジスタは
テラヘルツ帯(300GHzから3THz)の無線通信へ応用できると考えられています。テラヘルツ帯は、波長300マイクロメートル(周波数にして1THz)前後の周波数帯
http://gigazine.net/news/20140626-nasa-vacuum-transistor/
http://i.gzn.jp/img/2014/06/26/nasa-vacuum-transistor/002_m.jpg http://i.gzn.jp/img/2014/06/26/nasa-vacuum-transistor/004_m.jpg http://i.gzn.jp/img/2014/06/26/nasa-vacuum-transistor/003_m.jpg
40_真空のエネルギー http://aurorawave.atspace.tv/?sop:v/Nmm8NJhUXGo&RDNmm8NJhUXGo http://i1.ytimg.com/vi/Nmm8NJhUXGo/mqdefault.jpg #AuroraWaveTV
41_ 超弦理論 http://aurorawave.atspace.tv/?sop:v/cjLsLq6GqV8&RDcjLsLq6GqV8 http://i1.ytimg.com/vi/cjLsLq6GqV8/mqdefault.jpg #AuroraWaveTV
真空の世界 http://refind2ch.org/search?q=%E7%9C%9F%E7%A9%BA 量子の世界 http://refind2ch.org/search?q=%E9%87%8F%E5%AD%90
今日のBGM http://aurorawave.atspace.tv/?sop:v/JcOC6dmNJyM&RDzYwVOhpuCiQ http://i.ytimg.com/vi/JcOC6dmNJyM/mqdefault.jpg #AuroraWaveTV
7名無しさん@おーぷん :2015/04/30(木)00:07:34 ID:???
まとめ

ついに神の領域に達した 素粒子による真空量子超微小領域へ
真空のエネルギーで超高速テラヘルツ真空ゲート量子コンピュータ

真空チャネルトランジスタは真空管の原理を利用して、エミッタ・コレクタの間隔を150ナノメートルにした
真空ギャップを作ることで物理的な接触なしにゲート間に電子が流れるように改良されておりMOSFETを代替するものです。
従来の真空管ではミリメートルスケールだった電極間のギャップをナノメートルスケールに変更することで、
電子が真空ギャップ内に存在する気体分子と衝突する頻度を大きく減少させられるため減圧処置が不要になるとのこと。
NASAが開発中の真空チャネルトランジスタは、すでに460GHzという超高速動作に成功しており、
この技術を活用した超高速CPUの実現が期待されています。現在主流となっているシリコンベースの半導体では
微細化技術に限界が見え始めており、今後もムーアの法則を維持していくには大きなブレークスルーが必要とされるところ、
真空チャネルトランジスタにはその可能性が秘められていると言えそうです。また、数百GHzという超高速での発振が可能な真空チャネルトランジスタは
テラヘルツ帯(300GHzから3THz)の無線通信へ応用できると考えられています。テラヘルツ帯は、波長300マイクロメートル(周波数にして1THz)前後の周波数帯
http://gigazine.net/news/20140626-nasa-vacuum-transistor/
http://i.gzn.jp/img/2014/06/26/nasa-vacuum-transistor/002_m.jpg http://i.gzn.jp/img/2014/06/26/nasa-vacuum-transistor/004_m.jpg http://i.gzn.jp/img/2014/06/26/nasa-vacuum-transistor/003_m.jpg
真空のエネルギー http://aurorawave.atspace.tv/?sop:v/Nmm8NJhUXGo&RDNmm8NJhUXGo http://i1.ytimg.com/vi/Nmm8NJhUXGo/mqdefault.jpg #AuroraWaveTV
超弦理論 http://aurorawave.atspace.tv/?sop:v/cjLsLq6GqV8&RDcjLsLq6GqV8 http://i1.ytimg.com/vi/cjLsLq6GqV8/mqdefault.jpg #AuroraWaveTV
真空の世界 http://refind2ch.org/search?q=%E7%9C%9F%E7%A9%BA 量子の世界 http://refind2ch.org/search?q=%E9%87%8F%E5%AD%90
今日のBGM http://aurorawave.atspace.tv/?sop:v/JcOC6dmNJyM&RDzYwVOhpuCiQ http://i.ytimg.com/vi/JcOC6dmNJyM/mqdefault.jpg #AuroraWaveTV
8名無しさん@おーぷん :2015/04/30(木)00:31:31 ID:???
160億年に1秒の誤差。秒を再定義する世界最高精度の光格子時計を東大らが開発
~高低差1cmの重力の影響も計測可能
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/20150210_687670.html
東京大学大学院工学系研究科の香取秀俊教授、理化学研究所香取量子計測研究室の高本将男研究員らは10日、
1秒のずれが生じるのに160億年かかる世界最高精度の光格子時計の開発に成功したと発表した。
科学技術振興機構(JST)戦略的創造研究推進事業としての成果。
現在のセシウム原子時計では、この光格子時計の精度を計測できないため、
同チームは光格子時計を2台開発。この2台を比較し、2×10^-18の精度で一致することを確かめた。
これは1秒ずれるのに160億年かかることを意味し、宇宙の年齢の138億年より長い。
9名無しさん@おーぷん :2015/04/30(木)00:32:13 ID:???
原子1個の配線誤差も無い半導体量子ドットの作製に成功
http://www.ntt.co.jp/news2014/1406/140627a.html
これは局所的な集積度では現在のコンピュータで使用されているLSIの約1000倍に匹敵し、集積化という面でも極限に近いレベルと言えます。

シリコン量子コンピュータ ―究極の半導体素子を目指して―
http://www.st.keio.ac.jp/learning/0512.html
研究対象に選んだのが、シリコン原子一個ずつを使った情報処理です。
天然のシリコンはSi-28,Si-29,Si-30という3種類の安定同位体によって構成され、
なかでもSi-29だけが原子核スピンをもつ「磁石」です。
http://www.st.keio.ac.jp/learning/img/p_0512_1a.jpg http://www.st.keio.ac.jp/learning/img/p_0512_2a.jpg http://www.st.keio.ac.jp/learning/img/p_0512_3a.jpg http://www.st.keio.ac.jp/learning/img/p_0512_4a.jpg
伊藤研究室究 - 極のシリコンコンピュータを目指して
http://aurorawave.atspace.tv/?sop:v/769YVHrCc3E&PL0F85A4574DEF4263 http://i1.ytimg.com/vi/769YVHrCc3E/mqdefault.jpg #AuroraWaveTV
10名無しさん@おーぷん :2015/04/30(木)01:06:31 ID:???
人間を機械的にシミュレートするのが人工知能さ!
http://chatmark.boo.jp/cgi/chat/robo/robo.cgi

中性子が多い原子核に現れる特異構造を解明
http://www.titech.ac.jp/news/2014/027409.html
http://www.titech.ac.jp/news/img/n000239_1.jpg
11名無しさん@おーぷん :2015/04/30(木)02:12:34 ID:???
対生成と対消滅 (?波動膜理論?)



12名無しさん@おーぷん :2015/04/30(木)03:34:19 ID:???
http://i.gzn.jp/img/2014/06/26/nasa-vacuum-transistor/002_m.jpg
    ∧_∧∩
    ( ゚∀゚)彡 おっぱい!おっぱい!
   ⊂ ⊂彡
    (つ ノ
     (ノ
   __/(___
 /_(____/
13名無しさん@おーぷん :2015/05/17(日)19:30:47 ID:???
ホワイトホールはインフレーションの事である?
14名無しさん@おーぷん :2015/06/04(木)12:02:52 ID:???
http://news.mynavi.jp/news/2015/05/26/542/images/011l.jpg

新着レスの表示 | ここまで読んだ

名前: mail:





真空のエネルギーで量子コンピュータ
CRITEO