- -pv
スレッドの閲覧状況:
現在、- がスレを見ています。
これまでに合計 - 表示されました。
※PC・スマホの表示回数をカウントしてます。
※24時間表示がないスレのPVはリセットされます。

石ころころころ

11◆eSNfLypiY./r:2015/06/16(火)09:44:30 ID:4Lt()
石ころに興味あるねん
71名無しさん@おーぷん :2015/07/19(日)23:49:26 ID:6p5()
グーグルアースをいじりながら
プレートテクトニクスを考えるぐらいが素人にはいいかな

中央海嶺のトランスフォーム断層とか断裂帯の方向が
なんか納得できない
72名無しさん@おーぷん :2015/07/20(月)00:19:44 ID:a4J
>>71
プレートの移動の原動力は沈み込み帯に落ちた地殻の引っ張る力だと言われてる
海嶺のマントルが押して動かしてるのではない
トランスフォーム断層は球の上を固い板が引っ張られるときにできる歪を解消してる
地球儀で見てもらうと分かりやすい
北極から南極にかけてピシッと割れてるのなら歪はおきないよ

これは私見だけど
この動画の引張破壊でできた形がいろいろ物語ってると思う
http://youtu.be/ZOXxZUCHHnw
73名無しさん@おーぷん :2015/07/20(月)00:29:18 ID:a4J
そういや中学くらいで北太平洋の海流が時計回りなのは、風がそう吹いてるから
なんて説明があったと思うけど
あれは全然違う
地衡力や惑星β効果、ポテンシャル渦度の保存となかなかややこしい話になってくるのにどうして教師はあんな説明をするのだろう
74名無しさん@おーぷん :2015/07/20(月)10:39:38 ID:8aZ()
>>72
引っ張られてるのか
そうすると出来た隙間をマグマが埋めていることになるわけか
太平洋側では中央海嶺が目立たないけど
沈みこんだ海底をどこで補っているのかな
そんな疑問が出てくるけど
そういうのも研究途上なんだろうね

その動画では海嶺付近の断裂帯のイメージがわかないです
付加体だとわかりやすい砂の層のモデル絵があるけど
そんな感じで地殻のプレート移動でおきる歪のモデルが
あってもよさそうなのだけど。
75名無しさん@おーぷん :2015/07/20(月)10:43:43 ID:8aZ()
>>73
>地衡力や惑星β効果、ポテンシャル渦度の保存
うんややこしい
はじめて聞いた言葉だw

海流について深層海流の話がなるほどでしたよ
マントル対流、海流とくれば次は空気対流だな
時間のスケールがそれぞれ違って面白い
76名無しさん@おーぷん :2015/07/20(月)13:44:22 ID:a4J
>>74
サンアンドレアス断層~南極海嶺で補ってると思うよ
意外な話かもしれないけど、プレートの境界、あるプレートが繋がってるか分かれてるか
これも論争中だったりする

あの動画は、引張破壊でできた断裂部分の形状と(15.5秒付近)海嶺がジャンプしてるトランスフォームの形状が似てるから
固いものを引っ張って破壊するとギザギザになるっていう見方があってもいいかな?と思ってる、個人的にだけど
付加体は活発に研究されてるけどトランスフォーム断層はあまり議論されないから説明やイメージ図の寡多はそういうところからくるのかもしれない
付加体の、大陸プレートの下方で付加した岩体がどうやって地表まで上がってくるかもよく分かってないね
77名無しさん@おーぷん :2015/07/20(月)13:55:49 ID:a4J
>>75
風だけだとエクマン輸送で90°ずれた方向に運ばれることになる
深層に沈み込んだ海水が2000年かかって表層に戻ってくるのに歴史のロマンを感じる
空気は80年ほどで循環してるらしいね
大気の話だけど
これは自分も詳しくないし分野としては天文・気象板の方だと思う
そしてこれこそ数学・物理的な話になってくる
ジオポテンシャル高度、スケールハイト、断熱減率、静水圧平衡
なかなか取っ付き難い
78名無しさん@おーぷん :2015/07/20(月)20:04:38 ID:8aZ()
>>76
太平洋プレートが地球表面からの割合いから見て大きすぎる
大西洋と同じような中央海嶺の考えを適用できるのかと素人疑問。

太平洋プレートの沈み込みだけでなく
ユーラシア大陸み東への移動して押し削っているのではないのかな

アフリカの大地溝帯は中央海嶺と同じ仕組みだよね?
だとするとトランスフォーム断層とか断裂帯が陸上にもあってもよさそう

日本列島は全て付加体?
79名無しさん@おーぷん :2015/07/20(月)20:08:23 ID:8aZ()
>>77
またまた聞いたことない言葉が・・
エクマン輸送・・
以下略w

どれにしても
数学が出来ないと話しにならないような分野みたいね
80名無しさん@おーぷん :2015/07/21(火)00:22:00 ID:oP0
>>78
でかいけど仕組みは一緒だと思う

3、4行目はどういった疑問なのかいまいち分からないけど



画像の黒で囲ったとこなら右横ずれすしながら沈み込んでるよ

陸上ならアイスランドのど真ん中を地溝帯が通ってるよ
81名無しさん@おーぷん :2015/07/21(火)00:44:16 ID:oP0
>>78
断裂帯、つまり新しいプレートを生み出してるとこが海ばかりなのは理由がある。

断裂帯のでき方なんだけど









マグマは下から湧き上がるから、陸になれるほどの高さには滅多になれない
82名無しさん@おーぷん :2015/07/21(火)00:47:43 ID:oP0
>>78
日本列島は全部が付加体ってわけではない




83名無しさん@おーぷん :2015/07/21(火)00:49:34 ID:oP0
>>79
概念を理解するだけなら大きいか小さいか、+か-か
が分かれば十分イメージがつかめたりするよ
84名無しさん@おーぷん :2015/07/22(水)00:51:25 ID:n3M()
>>80
太平洋
地球儀だと
球の半分の大きさに見える
移動させる力の大きさが
なんか釣り合わない感じがする

>太平洋プレートの沈み込みだけでなく
>ユーラシア大陸み東への移動して押し削っているのではないのかな
単純に
大陸もプレートも動いていたなら
どこを基準に一年に何センチとかいえるのかという疑問から
85名無しさん@おーぷん :2015/07/22(水)00:54:55 ID:n3M()
>>81
なるほど
大陸と海洋では
力の表れ方が違ってくるのがよくわかりました
86名無しさん@おーぷん :2015/07/22(水)00:57:16 ID:n3M()
断裂帯って用語は
この部分のつもりで使ってた
87名無しさん@おーぷん :2015/07/22(水)01:00:16 ID:n3M()
ここ

88名無しさん@おーぷん :2015/07/22(水)01:05:47 ID:n3M()
>>82
韓国、満州あたりも
古い時代の付加体ではないかと思った

89名無しさん@おーぷん :2015/07/25(土)02:18:51 ID:2Ci
>>84
大陸を移動させる原動力は何か?って論争がけっこう前にあって、様々なデータが取られて、結論として沈み込み帯の引張力って見方が有力になってるから
沈み込み帯の引っ張る力だけでなんとかなってると思うよ
>>86
申し訳ない、完全に勘違いしてた
>>87
サンアンドレアス断層がその部分にあたると思う
ただ、トランスフォーム断層は海嶺の近くにしかできないけど、海嶺の大部分は大洋に有るから、陸上だと見つけられないね
>>88
日本列島は島弧なんだよ
島弧はマグマの噴出でできるから全部付加体ってわけじゃないんだよ
90名無しさん@おーぷん :2015/07/25(土)03:03:58 ID:2Ci
島弧のでき方
>>1の最初の疑問カンラン石、そして海洋底層序の話

マントルはカンラン石で出来てるよ、最初の方に出てきたね
海嶺で、液体のマグマとして出てくるときはレルゾライトと玄武岩になる
玄武岩は無水鉱物だよ(岩石中のH2Oが0.1%以下)
これが海底に出てきたことで水が染み込む
そうすると緑色岩になる

ーはるばる移動し沈み込み帯へー
91名無しさん@おーぷん :2015/07/25(土)03:09:48 ID:2Ci
大陸地殻にぶつかって沈み込むときに海水も一緒に引っ張ってくる
この時付加体になる部分が海底プレートから削り取られる
海水は大陸プレートにくっ付く
大陸プレートもカンラン石で固体
だけど水が付加されると溶けやすくなる
マントルが溶けてマグマになって上昇
海底でボッカンボッカン噴火して溶岩流して盛り上がって陸地になる
島弧の誕生
92名無しさん@おーぷん :2015/07/25(土)03:11:11 ID:2Ci
だけど日本はこんなに単純でもないみたい
古地磁気の研究では、日本はもともとは大陸にくっ付いていたらしいね
93名無しさん@おーぷん :2015/07/25(土)03:12:21 ID:2Ci
>>84
位置の基準だけど、緯度経度だよ
GPSで測定してるし
94名無しさん@おーぷん :2015/07/25(土)21:46:44 ID:dXB()
>>89
沈み込み帯の引っ張る力
長すぎると途中で裂けてしまいそうな気もする
太平洋プレート
ハワイのホットスポットが途中で方向を変えているというのも
なんかほんまかいなとも思ったりする
でもそういうのってちゃんと研究されて証明があるんだろうね
広大なプレートにかかる力の方向が変われば
どっかにひずみが出てくるはずだろうし。
95名無しさん@おーぷん :2015/07/25(土)21:54:02 ID:dXB()
>>91
日本列島の出来方
なんか規模が大きいような
ごちゃごちゃと細かいような
なんか複雑な感じになる
時間にしても
46億年からしたら6000万年ぐらいだと短いし
でも人の寿命から見たら悠久の年月だし
96名無しさん@おーぷん :2015/07/25(土)21:55:04 ID:dXB()
>>93
GPSのしくみ
ちょっと調べてみる
97名無しさん@おーぷん :2015/07/25(土)21:58:07 ID:dXB()
石ころの疑問なんだけど
川原には砂岩の小石とか多いよね
でも
山には花崗岩とかが多くて
堆積岩の露頭が少ないのじゃないかと思うのだけど
98名無しさん@おーぷん :2015/07/25(土)23:48:29 ID:2Ci
>>94
引っ張る力で裂けるとか考えたこと無かった

ホットスポットの場所でプレート移動の方向がってのはこれだね



なんでホットスポットはいつも同じ場所にいるのかは分からない
99名無しさん@おーぷん :2015/07/25(土)23:49:48 ID:2Ci
>>95
西ノ島とか見てたらあっという間に大きくなったから、6000万年もあったら日本列島くらいできそうだよ
100名無しさん@おーぷん :2015/07/25(土)23:52:49 ID:2Ci
>>97
花崗岩の露頭なんて滅多に見ないよ
ほとんどが緑色岩、砂岩、礫岩
安山岩の転石ならたまに見る

基本的には堆積岩と変成岩が多いと思う
101名無しさん@おーぷん :2015/07/28(火)22:49:21 ID:Ell()
>>98
ホットスポットの位置は変わらずといわれてるけど
ちゃんと説明できる説が必要だよね
何年かしたら学説も変わってくるんだろうな
102名無しさん@おーぷん :2015/07/28(火)22:54:58 ID:Ell()
>>99
いま現在も変動の真っ最中で
変化のスピードも何億年前もそう変わらないんでしょうね
103名無しさん@おーぷん :2015/07/28(火)22:56:40 ID:Ell()
>>100
花崗岩の風化したまさ土に近いところは多いように思うのですが

いまだに
石の名前が覚えられてない
現場に行ってみなきゃ。
104名無しさん@おーぷん :2015/07/29(水)00:08:33 ID:uuR
>>101
ちゃんと説明できる学説は何通りか有るよ
それが正しいかどうか分かってないけど
新事実が発見されたら正しい学説に矛盾が出来ることもあるし
105名無しさん@おーぷん :2015/07/29(水)00:16:22 ID:uuR
>>103
どこに住んでるかによって印象は変わると思う
日本は島弧としてできた部分と付加体の部分の二つが大きな成因での地質の分け方。
島弧には安山岩が多い(理由は日本の火成岩の成因を勉強をすると分かると思う)
付加体は変成岩や堆積岩で出来てる
だから深層岩の花崗岩よりもこれらの方が日本全体としてみたら多いと思う

花崗岩が多いのは大陸だね
106名無しさん@おーぷん :2015/07/31(金)23:12:12 ID:wTE()
>>104
まだ未解明ってのは
自分でその理由を考えるがおもしろいね
対流が起きてるのに同じ場所ってのはおかしいな
ホットスポットも移動しているはず
プレートの移動とホットスポットの移動の合計が
ハワイの火山の姿のはず
107名無しさん@おーぷん :2015/07/31(金)23:13:39 ID:wTE()
>>105
安山岩とか写真でみてもいろいろのタイプがあるのよね
実物を見ても判断しずらいだろうな
そういうときは見てもらえる人がいたら助かるのに
108名無しさん@おーぷん :2015/08/01(土)03:18:25 ID:pb1
>>106
マントル対流の湧昇の位置は深窓海流の湧昇の位置のように一定期間は同じ場所に有るのかもしれない
それがホットスポットの位置が変わらない理由なのかもしれないね
今はかなり正確なシュミレーションモデルが有るみたいだから、そろそろ決着がつくのかな?
109名無しさん@おーぷん :2015/08/01(土)03:26:21 ID:pb1
>>107
実物を見て判定するのって難しいね
習得するのに1年以上かかるって言われてるよ
110名無しさん@おーぷん :2015/08/01(土)23:43:16 ID:m98()
>>108
シュミレーションモデルと聞くと中身が理解できなくても
本当だと思える不思議

>>109
構成する元素で分類された岩石の分類ってあるんだろうか
111名無しさん@おーぷん :2015/08/02(日)22:58:00 ID:SQQ
>>110
原子が集まって分子になる
一様な種類の分子が集まると鉱物になる
鉱物が集まると岩石になる
112名無しさん@おーぷん :2015/11/01(日)03:07:05 ID:FDn
他板から誘導されて来ました
スーパープルームとはどのようなものなのか
教えて頂けると幸いです
113名無しさん@おーぷん :2015/11/02(月)17:30:33 ID:8aj
>>112
ホットプルームのデカイ奴がスーパープルーム
核付近の熱せられて上昇してるマントルがホットプルーム
超大陸が分裂するきっかけになったと言われてる

どうして”スーパー”になるのかは>>81の絵
114名無しさん@おーぷん :2015/11/05(木)04:58:43 ID:DOI
>>113
おぉ!凄いわかりやすい
有難うございました
115名無しさん@おーぷん :2015/11/05(木)18:55:41 ID:oa9()
おおっ!
116名無しさん@おーぷん :2016/02/07(日)02:47:02 ID:49q
こういうのを読むと、地球環境とそれを変化させる要因が分かって面白いんじゃないの?
http://ea.c.u-tokyo.ac.jp/earth/Members/Isozaki/12Iden.pdf
117名無しさん@おーぷん :2016/02/18(木)15:54:10 ID:6i3
>>116
すごい
こんな目にあって生き残る生物もすごい
118名無しさん@おーぷん :2016/05/23(月)20:01:00 ID:nKO
洪水玄武岩は世界中で確認されるから、大なり小なり生物は何度もこんな目に会ってるんだね



黒い部分が洪水玄武岩
119名無しさん@おーぷん :2016/06/16(木)03:28:11 ID:6RA
洪水玄武岩って100万年単位で噴出し続けたんだってね
それが気候にどのような変化を与えたのか数値計算でシュミレーションした論文ってどっかに無いかな?
120名無しさん@おーぷん :2017/08/18(金)02:37:00 ID:gvI
石ころ…っていいよね( ^∀^)
わしも600万円で売ったよ。

新着レスの表示 | ここまで読んだ

名前: mail:





石ころころころ