- -pv
スレッドの閲覧状況:
現在、- がスレを見ています。
これまでに合計 - 表示されました。
※PC・スマホの表示回数をカウントしてます。
※24時間表示がないスレのPVはリセットされます。

■ちょっとした電気の質問はここに書いてね■ 1

1名無しさん:2015/12/19(土)13:04:00 ID:lZi()
電気に関するちょっとした質問や疑問があればここに書き込んで
みんなで教え合いましょう!

それでは、気楽に質問どうぞ~
2名無しさん@おーぷん :2015/12/26(土)10:59:28 ID:g3Y
スレ立ておつです
3名無しさん@おーぷん :2016/01/09(土)20:12:38 ID:enl
よく電灯線なんかでアースとか言いますが、アースに流れた電流は大地を通ってちゃんと発電所に戻っているのでしょうか?
4名無しさん@おーぷん :2016/01/10(日)05:19:46 ID:7yC
>>3
戻ってるよ
ただし、普段は電線通って戻る
大地経由で戻るのは事故や故障時で、日本語では「地絡」っていう
5名無しさん@おーぷん :2016/01/10(日)09:41:01 ID:6mc
>>4
早速のご回答ありがとうございます!
「地絡」した場合でもちゃんと戻っていってるんですね。
大地(土?)の抵抗分って低いものなんでしょうか。あまり電流を流せるイメージがないのですが…。
6名無しさん@おーぷん :2016/01/10(日)22:16:26 ID:PNb
>>5
>>5
調べてみたけど大地の電気伝導の大部分は水によるものなので
水と同じくらいかちょっと通しにくい程度と考えていいかなと思います

地絡の場合、事故箇所から発電所まで戻るわけじゃなくて
大雑把にいうと最寄りの接地点(家庭の場合、柱上変圧器)まで地面を伝って戻り、
そこから送電線に戻るという経路
で、通常は地絡を検出してブレーカーが即座に働くので大地を流れるのは一瞬
家庭用の漏電ブレーカーは安全のためミリアンペアの単位で動作するように出来てる

高圧送電の地絡電流の規模とか保護器がどのくらいで動作するのかはよく知らない。すまん
7名無しさん@おーぷん :2016/01/11(月)02:13:31 ID:i7P
>>6
調べていただいてどうもありがとうございます!
なるほと、確かに、ずっと大地を通って戻るより、最寄りの他の接地点から上がって電線通った方がずっと抵抗分も少なそうですね。
また実際には地絡時に流れる電流もブレーカー動作により通常は短期間とのこと了解です。
勉強になりました。ありがとうございます。
8初歩的な質問させて頂きます :2017/05/03(水)15:22:55 ID:3xG
分圧回路



R1=R2=R3だった場合、VoutはVinの1/2の電圧になるのでしょうか?
よろしくお願いします
9名無しさん@おーぷん :2017/05/03(水)16:07:23 ID:9Uk
>>8
R3は無いのと同じなのでそれで良いですね
10初歩的な質問させて頂きます :2017/05/03(水)16:34:47 ID:3xG
>>9
ありがとうございます!
助かりました
11名無しさん@おーぷん :2017/09/23(土)13:56:40 ID:bpq
これも

新着レスの表示 | ここまで読んだ

名前: mail:





■ちょっとした電気の質問はここに書いてね■ 1
CRITEO