- -pv
スレッドの閲覧状況:
現在、- がスレを見ています。
これまでに合計 - 表示されました。
※PC・スマホの表示回数をカウントしてます。
※24時間表示がないスレのPVはリセットされます。

■集団ストーカー・テクノロジー犯罪■

1バレても言い張る妄想病気:2017/12/27(水)15:08:28 ID:Y1K()
社会の裏側で行われている、一部の人間たちによる権力機構とそれらによって築かれる人脈ネットワーク、情報、テロ組織によるテロ行為、テクノロジー・電磁波犯罪
を使った凶悪犯罪を暴露するスレッドです。

ネット上に溢れる精神病関連・集団ストーカー・電磁波犯罪、テクノロジー犯罪関連情報、書き込みのほとんどは、加害者か加害側の人間が、真相がバレない
よう偽被害者を装ったり偽情報を混ぜたスレやレスを多数行うことで、本当の被害者やその情報を隠す意図で組織的に広められたものがほとんどです。 たとえば、
電磁波犯罪の追究に関連して、ユダヤ、イルミナティ、過敏症云々などと科学的な根拠がないことを書き連ねるなどして本当の情報の信ぴょう性を下げたり、興味
を逸らしたり、複数人や同一人物の複数IDの自作自演で話題を変えたり真相に触れるものの人格攻撃に終始したり関係ない話題が書いてある他スレやレスを上げ
まくって触れてほしくない話題や情報が人目につかないよう埋もれさせるといった手口です。
2ちゃんねるや大手掲示板では、対象スレにBOTや人海戦術で関係のないレスの多重投稿を繰り返し1000レスまで到達させて埋もれさせたり、ニュー速関連
板などのスレ立てが多く流れの早い板に対象キーワードを含むスレを乱立させる、オカルト情報スレをあげ検索上位に表示されにくいよう謀らうなどといった手口
があります。
ネット全体を埋め尽くす情報統制・隠ぺい情報工作に加え、被害を訴える会やHPなどもどこか胡散臭い偽情報を意図的に含ませたり、ミスリード目的の為の加害
側ネットワークによる自作自演の団体であったり、あるいは本当の被害団体に入り込んで本当の被害者の情報を収集したり書き込み内容や閲覧情報を収集し思考盗聴
や妨害、仄めかし、集団嫌がらせなどを繰り返している加害側ネットワークの妨害工作が働いている可能性が高いため注意が必要です。
10名無しさん@おーぷん :2017/12/28(木)20:32:16 ID:cZO()
■年間約10万人、突然死を防ぐには 「予兆」見逃さず病院へ / 毎日新聞 2014年05月08日 東京夕刊

突然死は、医学的には「病気の症状が出てから24時間以内の予期しない死」と定義される。日本不整脈学会によると、突然死した年間約10万人のうち約6割は
心臓の異常が引き金だ。そういった不整脈以外に脳梗塞では、「からだの片側がしびれ、手足に力が入らない」といった上の表のような前触れが出る場合がある。
こういった前兆は一過性脳虚血発作(TIA)と呼ばれ、いったん治まっても48時間以内に脳梗塞を起こす危険性が高い。
小渕元首相も、急に言葉が出なくなる前兆が表れていたとされる。突然死を起こす病気の中には、残念ながら前兆のないケースがある。
11名無しさん@おーぷん :2017/12/28(木)23:46:10 ID:cZO()
■人民支配のためのツール「精神病」

ボスニア・ヘルツェゴビナ内戦で虐殺を主導したラドバン・カラジッチは、セルビア人共和国初代大統領であり精神科医です。CIAのマインドコントロールプログラムであるMKウルトラは、
精神科医たちが開発したものです。アメリカで戦争に行く兵士たちには精神薬がよく投与されます。そして最も有名な政治と戦争と精神医学のかかわりは、ナチスに見て取ることができます。

://ameblo.jp/seisin-iryo0710/entry-10730248477.html
12名無しさん@おーぷん :2017/12/31(日)11:33:49 ID:AJu
■「政治的収監」に利用される精神病院

これは秋元はるおという元東大教授で精神医学の「重鎮」が最近出版した講演集で述べていたことですが、彼が松沢病院で勤務していた頃、共産党員が「精神病」として、強制入院
させられていたそうです。
 元特高人物による告発でも、治安維持法のもと反体制的な言動は政治的に封殺されていた、と。

://42932400.at.webry.info/200709/article_248.html
13名無しさん@おーぷん :2018/01/06(土)18:31:58 ID:Qrz
■内閣府官房参与 飯島勲と精神医療の関係 日本精神科病院協会(政治連盟)の「政治献金」

「日本の強制入院率は、医療保護入院と措置入院あわせて精神科入院の40%を占めます。これは他の欧州諸国の強制入院割合が10%程度であるのに比べて、著しく高く、「強制入院乱
発国家」として奇異の目で見られています。この高い強制入院の中でも、認知症の人が、家族の同意で精神病院に入院させられていくケースがかなりの勢いで増加し、これも国際的に
不思議がられています。

日精協雑誌2月号 巻頭言(山崎学)より「また、日本精神科病院協会アドバイザリーボードメンバーである飯島勲先生と丹呉泰健先生が、内閣官房参与として参画されている。頼も
しい限りである。」

://blogs.yahoo.co.jp/taronanase/61935290.html#7904718746834785352
14名無しさん@おーぷん :2018/01/06(土)18:33:01 ID:Qrz
■「自殺の9割は他殺である」 2万体の死体を検死した監察医の最後の提言
元東京都監察医務院長・医学博士 上野 正彦 著
ttp://honto.jp/ebook/pd_26037204.html
15名無しさん@おーぷん :2018/01/06(土)18:33:46 ID:Qrz
■北朝鮮―彼らはなぜ国家の電力送電塔を破壊したか?
ttp://dailynk.jp/archives/1152

2000年代、送電塔の破壊事件が頻発

当時、北朝鮮の電力関係者によれば、こうした破壊行為は主に、5月から8月の梅雨時や、台風が過ぎ去る時に主に発生したという。
送電塔を破壊する者たちは、朝鮮半島の北部に台風や集中豪雨、強風が集中する5~9月の間を選んで、人が入ってこない山奥に行って送電塔のねじを解体して消えるという。
ねじが緩んだ送電塔は強風を伴った集中豪雨がくると、幾日も堪えられずに倒れるという。

北朝鮮政府が幹部の講演会でこのような事件の実例まで行って取り上げるということは、事件の頻度やそれによる被害が深刻だということを意味する。もちろん、こうした事
故は一般の住民にはほとんど知らせない。国家施設の破壊行為が住民たちに知られた場合、波長が一波万波と拡大し、内部で動揺が生ずることを憂慮するからだ。
送電塔の崩壊で軍需工場まで止まると、送電塔があった咸鏡南道の保衛部と保安省は大騒ぎになった。政府は送電塔を破壊した者たちを逮捕するために、大々的な捜査に乗り
出したが、犯人を検挙したという消息は聞こえてこなかった。
16名無しさん@おーぷん :2018/01/06(土)18:34:03 ID:Qrz
■坂出送電塔倒壊事件

坂出送電塔倒壊事件(さかいでそうでんとうとうかいじけん)は、1998年2月に香川県坂出市で何者かが四国電力の送電鉄塔を倒壊させた器物損壊事件である。

ttps://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9D%82%E5%87%BA%E9%80%81%E9%9B%BB%E5%A1%94%E5%80%92%E5%A3%8A%E4%BA%8B%E4%BB%B6
17名無しさん@おーぷん :2018/01/06(土)20:49:47 ID:Qrz
■五色台電波塔倒壊未遂事件

五色台電波塔倒壊未遂事件(ごしきだいでんぱとうとうかいみすいじけん)は、2003年(平成15年)5月に香川県高松市で何者かが香川県防災行政無線青峰中継局のボルトを抜
き取った器物損壊事件である。
有力な目撃証言も動機の絞り込みにも至らず、捜査は難航した。結局、坂出の事件との関連性も解明されず、器物損壊罪についても3年後に公訴時効を迎え、事実上未解決事件と
なった。

ttps://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BA%94%E8%89%B2%E5%8F%B0%E9%9B%BB%E6%B3%A2%E5%A1%94%E5%80%92%E5%A3%8A%E6%9C%AA%E9%81%82%E4%BA%8B%E4%BB%B6
18名無しさん@おーぷん :2018/01/11(木)18:28:04 ID:6Tf
■さたうたらう元代表(仮名)と集団ストーカー・仄めかし■
ttp://ai.2ch.sc/test/read.cgi/bouhan/1514687965/0-
19名無しさん@おーぷん :2018/01/13(土)07:37:16 ID:kQs
■電磁波の健康影響を考えるシンポジウム / 宮田 幹夫さん 北里大学医学部名誉教授
ttp://denziha.net/080413/3_03.html

例えばこういういろいろな実験がたくさんあります。915MHzでネズミの脳の血液関門-脳に血液内の物質がそのまま通ると脳がおかしくなってしまいますので、
血液関門によって脳に絶対に通らないようになっているわけです-それが広がってしまって、分子量約6万のアルブミンさえ通るようになる。たんぱく質がすい
すい通れば、それと一緒に水もすいすい通り、頭が浮腫様になる。頭が浮腫を起こせば当然頭痛が出る。当然といえば当然なのです。で、こういうことがはっき
りしてきますと、今度は普通の業者さんはすぐ考え出しまして、電磁波をかけると血液と脳の関門が広がるのだったら、そこに脳に入りにくい薬を微粒子にして
そのまま脳に叩き込むという、こういう怖い発想になってきます。
まあ、なかなか私たちの知恵というのは猿知恵ですので、こんなものだと思いますが、電磁波の影響で脳には非常にいろいろな物が影響します。これが一つの
証拠になります。

新着レスの表示 | ここまで読んだ

名前: mail:





■集団ストーカー・テクノロジー犯罪■
CRITEO