- -pv
スレッドの閲覧状況:
現在、- がスレを見ています。
これまでに合計 - 表示されました。
※PC・スマホの表示回数をカウントしてます。
※24時間表示がないスレのPVはリセットされます。

気管支喘息 【こちら人間気象台】

1名無しさん@おーぷん:2015/03/15(日)10:32:07 ID:HYQ()
発作を起こさない、起こしても早め早めに抑えるように。
辛い時は、無理せず救急車やタクシーなどで即病院へ。

※日本呼吸器学会のHPです。指導医や専門医が調べられます。
http://www.jrs.or.jp/modules/senmoni/

※質問の前に、いったん自分で、目の前のPCで検索しましょう。
>>2 薬について
>>3 発作時の対処
>>4 吸入ステロイドについて

※次スレは>>980が立てて下さい
2名無しさん@おーぷん :2015/03/15(日)10:33:07 ID:HYQ()
◆薬について

処方されたお薬は基本的に医師の指示通り、用法用量を守りましょう。

吸入ステロイド
フルタイド、パルミコート、アドエア、シムビコート、レルベア、フルティフォーム などなど

喘息治療の基本。炎症を抑える薬。基本的は平常時に予防薬として使用。
ごく微量のステロイド剤が、直接気管支に付着して効果を発揮。
処方の範囲の使用なら、ほとんど副作用は無いと言われている。

吸ステ使用は、さぼらない事。症状が軽くなったといっても、実は炎症がまだ隠れている事多し。
(勝手に断薬して、しばらく経って悪化→更に投薬が増える という悪循環を断とう)

経口ステロイド (喘息以外にも、色々な病気に投与される)
プレドニン(プレドニゾロン)・リンデロンなど。

特に発作が強い時に処方される、副腎皮質ホルモン剤。強い抗炎作用アリ。
通常、副腎で作られている量=その処方された薬の一錠分  と言われている。

吸入ステロイドより即効性アリ。だが、比較的副作用が強いため 短期間に多め
の処方が基本。
医師の診断により、量や期間は決められるため、勝手に止めないこと。

※量や期間にもよるが、7~10日間服用している状態で、急に止めると、
副腎がすぐには働かない=非常に危険!!
副腎が作り出しているホルモンを、経口ステや点滴ステで補っている為、
副腎が休んでしまう。=すぐには動かない。
長く使った人は、それだけ副腎が動き出すまでに時間かかる。
3名無しさん@おーぷん :2015/03/15(日)10:33:27 ID:HYQ()
発作時の対処
発作時の、オーソドックスな対処方法です。
ただし、貴方の病状によっては、即病院へ行った方が良い場合もありますので、
参考として読んでください。

① まず、温かい飲み物や温めの飲み物を、少しづつ飲む。
  水分を補給することで、痰が出やすくなる。
  又、咳などで喉に負担をかけないよう、湿り気を与える為。

  湯気で発作を誘発しやすい人は、ぬるい飲み物でもOK。
  (ただし、カフェインはなるべく避ける。気管支拡張剤(テオフィリン系) を使ってる場合、
  カフェインが体内に入ることによって、頭痛・吐き気がすることがある)

② 発作止め(サルタノール・メプチンなどのβ吸入剤)を処方されている場合、
  1回分吸入 してみる。 そのまま20分程様子をみる。
  その間も、水分を少しづつ補給しておく。

③ それでも治まらない場合、後1回分吸入。
  そのまま20分様子をみる。

④ もし③までで治まらない場合、3回目の吸入をする。
   再度20分待つ。

⑤ 一時間経っても治まらないようであれば、もう1回吸入してもいいが、
  体質によって、少ない量でも薬の副作用(手・指の震え、吐き気)がでるので、様子をみる。

⑤までやっても治まらない場合は、迷わず病院へ
4名無しさん@おーぷん :2015/03/15(日)10:33:51 ID:HYQ()
吸入ステロイドは、気管支に直接届く為、微量のステロイドで済みます。

吸ステが赤ちゃんに影響しないか、と心配して、お医者さんの処方通りの吸入を
せず、
気管支が荒れたまま、出産前に大発作を起こした方が もっと危険です。

お母さんが苦しいと、赤ちゃんも息苦しいのです。
発作時に使える薬も限られます。
妊婦さんであることを前提に処方されたお薬なら、処方通り使いましょう。

お医者様とタッグを組んで、無事赤ちゃんとご対面出来るように、
是非最前の治療方針を立てて、頑張って行きましょう。
5名無しさん@おーぷん :2015/03/15(日)10:34:28 ID:HYQ()
以上です。よろしくお願い致します。
6名無しさん@おーぷん :2015/03/16(月)00:19:38 ID:rxT()
シムビコートからレルベアで3ヶ月目
効きが悪い気がする
7名無しさん@おーぷん :2015/03/16(月)11:24:27 ID:gEc
花粉の時期がはじまるのが怖い
8名無しさん@おーぷん :2015/03/17(火)09:19:46 ID:gb8
レルベア処方されたけど、シムビに戻したら症状軽くなったよ。
改めてシムビの容器の方が吸いやすいと思った。
でも朝晩吸入しなくてはならないし、高いのが難点だな。
9名無しさん@おーぷん :2015/03/17(火)09:30:34 ID:gb8
>>7
アレルギー持ちには辛い季節だわな。
10白鳥隆博@喘息を治す医者 :2015/03/17(火)10:51:45 ID:V2B
おっぱいを吸えば喘息は起きない
http://ameblo.jp/yuji-earth-us/entry-11782140426.html
11名無しさん@おーぷん :2015/03/20(金)23:18:58 ID:UAJ
小児喘息持ちですぜ
最近は発作が出なくなってきてもしかしたら治りかけてるのかもしれない
12名無しさん@おーぷん :2015/03/20(金)23:39:51 ID:tzi
>>11
小児喘息か
小さい時から大変だったね
でもコントロール出来ているなら良かった!
自分は軽い方だけど、重い人のは聞くだけでも大変そうで
13名無しさん@おーぷん :2015/03/22(日)16:04:45 ID:Ctl
うちの子供も小児喘息だった。
あの当時は、親子共々辛かったな~
経験から食べ過ぎは、あきませんよ。
食事でお腹一杯になると呼吸器に負担掛かりますから、
それと治療と予防の吸入もかな
勿論体の冷えもね
治る時期は、6歳、12歳、18歳かな
14名無し :2015/03/27(金)21:33:03 ID:K1o
おっさんだけど、運動誘発喘息だよ。
子供のときから体育で咳き込んでたけど、
親からは軟弱者と罵られるだけで
まともに相手にしてもらえなかった。
ここ数年、今頃の季節は特にひどくて
今朝は駅まで歩けなかった。
今診てくれてる先生がキプレスを処方されて、
この薬はなんだろうとネットで調べたら
運動誘発喘息っていうのがあると分かった次第。
季節性があるのはアレルギー性なのかな?
一口に喘息と言っても色々あるみたいで
難しいね。
15名無しさん@おーぷん :2015/04/01(水)09:27:02 ID:MJM
>>14
自分も体調悪いと息が上がる運動で咳き込むなあ
でも運動しちゃうけど

笑っても泣いても咳き込むのがちょっと辛いね
16名無しさん@おーぷん :2015/04/06(月)15:36:10 ID:qoy
http://apital.asahi.com/S2202/upload/2015033100020_2.jpg
喘息でも結構まだ死んでいて怖い
17名無しさん@おーぷん :2015/04/06(月)23:19:05 ID:nIC
乳幼児と高齢者が中心とは思うけど
今でも危ない病気であるのは確か
18名無しさん@おーぷん :2015/04/07(火)08:01:38 ID:WXw
吸入は必須なのに良くなると止めてしまう人がやばいんだろうね
良く喘息治ったとか言ってる人
19名無しさん@おーぷん :2015/04/07(火)23:12:59 ID:zcs
今のところ根治につながる可能性がある治療法は
減感作療法ぐらいだが、残念ながらこれが有効な人は多くない
それに喘息では体質改善の漢方薬もイマイチ効かないことが多い
だから発作が起こりにくいようにコントロールするのが大事
ただコントロールしているだけだから「治った」のではないんだな
20名無しさん@おーぷん :2015/04/10(金)11:07:22 ID:GWM
一般に誤解してる人が多いが
医薬品としての漢方薬は体質改善じゃなく普通に対症療法。
ちゃんと効き目がでるし、場合によっては副作用だって出る。
虚/実が合致してれば麻黄湯なんかは気管支拡張に効く。
21名無しさん@おーぷん :2015/04/16(木)10:32:01 ID:3ks
魔王刀、いや麻黄湯はテオロングより効き目あるね
22名無しさん@おーぷん :2015/05/11(月)01:28:21 ID:93I
刺絡が喘息に効くらしい。
23名無しさん@おーぷん :2015/10/06(火)12:27:31 ID:MRq
効くらしい、ってのは昔から世の中にいっぱいあるからなぁ
24白鳥隆博@喘息を治す医者 :2017/09/11(月)17:22:14 ID:Faw
おっぱいを吸えば喘息は起きない
http://ameblo.jp/yuji-earth-us/entry-11782140426.html

新着レスの表示 | ここまで読んだ

名前: mail:





気管支喘息 【こちら人間気象台】
CRITEO