- -pv
スレッドの閲覧状況:
現在、- がスレを見ています。
これまでに合計 - 表示されました。
※PC・スマホの表示回数をカウントしてます。
※24時間表示がないスレのPVはリセットされます。

ビートルズ★毎日1曲ずつ議論するスレ

224名無しさん@おーぷん :2015/05/04(月)09:37:16 ID:8Qb
今日はどうしてもお聴きいただきたい音源が一つだけあります。

ビートルズ武道館 初日
http://www.dailymotion.com/video/x134xdk_the-beatles-live-in-japan-1966-hq_music

全部で30分ありますが、お聴きいただきたいのは、最初の曲(本日の曲で、ロックンロールミュージック)。
更に言うならその曲の聞き所は、エンディングの最後の最後の「ジャジャジャッ」の音程の部分。

見事に調子はずれになっています。
歴史的な調子はずれと言ってもいい、調子はずれの不協和音。
なぜ「歴史的」と言っていいのかについてご説明しますね。

実はこの頃のビートルズ、コンサートでは観客の悲鳴がめちゃくちゃすごかった。
そのため、自分たちの演奏が自分たちにも聞こえないような状況で演奏してたんです。
でもどうせ観客の悲鳴にかき消されるから無問題だって事で気にもしてなかった。

ところがはるばる極東にやってきて武道館ライブ。日本の聴衆は、演奏会を聴くような感じでビートルズを「聴こう」としていた。
そのため、ビートルズたちは自分自身の演奏の音がよくわかってしまった。自分たちの演奏と改めて向かい合ってしまった。
そしてその水準が、「調子はずれ」であったことを思い知ることになるんです。
その自覚のきっかけになったとおそらく思われるのが、上でご紹介したロックンロールミュージックのエンディングの音。
コンサートの初日一曲目の曲です。

彼らはその後、チューニングして、2日目のコンサートからは万全を期すようにした。
と同時に、コンサートプレイの限界を改めて感じることになった。以後、スタジオ系のミュージシャンへと変化していくんです。
そしてあのサージェント・ペパーズが生まれることになる。

もういっかい話を戻すと、ビートルズ転換期の転換を強烈にアシストをしたのが、
エンディングの最後の最後の「ジャジャジャッ」の調子はずれの音程。
出来事やインタビューなどの事象を時系列整理するとそういう姿が浮かび上がって来る。

ということで、ある意味貴重な一曲といえると思います。
225名無しさん@おーぷん :2015/05/04(月)11:00:52 ID:hc1
こちらこそ、断片的な知識を検索や蔵書などで補いながらですが、そのわりには粗末でお恥ずかしい限りです。

武道館ライブ、まずE.H.エリックなつかしいwww 環境のせいなのか途中で何回かブラックアウトしましたけど
気にもならず最後までじっくり鑑賞。


本当に仰るとおりのようで、なんかところどころ昔の文化祭みたいな音に冗談抜きで聞こえます。
ジョージが次の曲の始めの方で「おい、頼む。もっと騒げ」とジェスチャーで煽ってますね。
お調子者のリンゴが劇画調のシリアスな面持ちで叩いて...7分過ぎは露骨にイヤな相貌にw うまくない。。気の毒ですね。

そこだけではなく他にも私のようなド素人でも簡単に判るレベルだと例えばデイトリッパーも間奏が....

武道館は、元々他の目的で設計されたこともあり80年代に入っても席によっては演奏が全然耳に
入ってこなかったり、音響補正の完成度が高くなって以降も一部の歌手や演奏者はやりにくいという
評判を耳にしたことがあります。今回来日したポールは、きっと思う存分狙い通りの音を出したんだろうと
想像しながらDVD発売(されるかどうか知りませんが)を俟ちます。

御案内、ありがとうございやした m(_ _)m
226名無しさん@おーぷん :2015/05/04(月)11:02:26 ID:hc1
E.H.エリックの最後の挨拶、格調あったなあ...
227名無しさん@おーぷん :2015/05/05(火)08:16:12 ID:BBf
本日はアルバム『フォーセール』1964年12月英国発売(1巡目)

本日の曲は●です。

A面
ノー・リプライ - No Reply (Lennon - McCartney)
アイム・ア・ルーザー - I'm a Loser (Lennon - McCartney)
ベイビーズ・イン・ブラック - Baby's in Black (Lennon - McCartney)
ロック・アンド・ロール・ミュージック - Rock and Roll Music (Berry)
●アイル・フォロー・ザ・サン - I'll Follow the Sun (Lennon - McCartney)
 ミスター・ムーンライト - Mr. Moonlight (Johnson)
 メドレー:カンサス・シティ - Kansas City (Lieber - Stoller) ~ ヘイ・ヘイ・ヘイ・ヘイ - Hey, Hey, Hey, Hey (Penniman)

B面
 エイト・デイズ・ア・ウィーク - Eight Days a Week (Lennon - McCartney)
 ワーズ・オブ・ラヴ - Words of Love (Holly)
 ハニー・ドント - Honey Don't (Perkins)
 エヴリー・リトル・シング - Every Little Thing (Lennon - McCartney)
 パーティーはそのままに - I Don't Want to Spoil the Party (Lennon - McCartney)
 ホワット・ユー・アー・ドゥーイング - What You're Doing (Lennon - McCartney)
 みんないい娘 - Everybody's Trying to Be My Baby (Perkins)


ポールが16歳(くらい)の時の作品。
歌詞が結構意味不明。メロディア相変わらず素晴らしいです。
228名無しさん@おーぷん :2015/05/05(火)08:22:43 ID:BBf
曲が作られた頃のオリジナル
The Quarrymen - I'll Follow The Sun [Original / Early Beatles]
http://youtu.be/wjfKX4yyX0k


ビートルズ時代
THE BEATLES - I'LL FOLLOW THE SUN
http://youtu.be/kmxGAzfQ6dc


最近のポールさん
Paul McCartney - I'll Follow The Sun
http://youtu.be/RoRbIkew1Ck


荒削りな少年時代、丁寧な仕上がりのビートルズ時代、肩から力の抜けた老年時代
それぞれに味があります。
229名無しさん@おーぷん :2015/05/05(火)13:44:29 ID:rZk
ビートルズの曲は日本人のセンスだと他愛なく感じる
内容の歌詞が多いような気がするんです。

が、この曲には比較的共鳴できる情動があるとおもいますね。
まあ、こんな体験無いですけど。
230名無しさん@おーぷん :2015/05/06(水)08:07:54 ID:jzQ
本日はアルバム『フォーセール』1964年12月英国発売(1巡目)

本日の曲は●です。

A面
ノー・リプライ - No Reply (Lennon - McCartney)
アイム・ア・ルーザー - I'm a Loser (Lennon - McCartney)
ベイビーズ・イン・ブラック - Baby's in Black (Lennon - McCartney)
ロック・アンド・ロール・ミュージック - Rock and Roll Music (Berry)
アイル・フォロー・ザ・サン - I'll Follow the Sun (Lennon - McCartney)
●ミスター・ムーンライト - Mr. Moonlight (Johnson)
 メドレー:カンサス・シティ - Kansas City (Lieber - Stoller) ~ ヘイ・ヘイ・ヘイ・ヘイ - Hey, Hey, Hey, Hey (Penniman)

B面
 エイト・デイズ・ア・ウィーク - Eight Days a Week (Lennon - McCartney)
 ワーズ・オブ・ラヴ - Words of Love (Holly)
 ハニー・ドント - Honey Don't (Perkins)
 エヴリー・リトル・シング - Every Little Thing (Lennon - McCartney)
 パーティーはそのままに - I Don't Want to Spoil the Party (Lennon - McCartney)
 ホワット・ユー・アー・ドゥーイング - What You're Doing (Lennon - McCartney)
 みんないい娘 - Everybody's Trying to Be My Baby (Perkins)
231名無しさん@おーぷん :2015/05/06(水)08:09:29 ID:jzQ
ビートルズの来日映像に被せられた曲らしいです。
番組は「スター千夜一夜」で司会は関口宏。

ビートルズ来日を待ち焦がれていたファン心理が
うまく表現されていると、当時評判だったらしいです。
232名無しさん@おーぷん :2015/05/06(水)20:18:47 ID:pwp
スタ千、おなつかしや
旭化成提供でクイズグランプリの後だったのは憶えてますが、その回のは視てませんね
233名無しさん@おーぷん :2015/05/06(水)20:28:25 ID:pwp

The Beatles
http://youtu.be/owteWcxpQWs

これが原曲ですね
Dr. feelgood & The Interns (Piano Red)
http://youtu.be/R1CXyJntsZg

あのバスストップ(平浩二じゃないよ)のホリーズも...軽快にやってます
The Hollies
http://youtu.be/LQk77qQhhlw
234名無しさん@おーぷん :2015/05/06(水)20:31:00 ID:pwp
つーか、スター千一夜って昭和35年からやってたんですね。びっくりしました。
235名無しさん@おーぷん :2015/05/06(水)20:37:31 ID:5rW
原曲の泥臭い感じも割と大好物ですね、この部類
ホリーズはリズムセクションがw
236名無しさん@おーぷん :2015/05/06(水)20:38:05 ID:5rW
あ、ID変わってますがpwpと同一ですので一応
237名無しさん@おーぷん :2015/05/07(木)08:19:12 ID:s7b
>>235
ミスター・ムーンライトは原曲のほうが味がありますねw
ビートルズ版は脱色というか、原曲と比較すると「練習曲に選びました」系に聞こえてしまう。

ホリーズは調べて知ったんですがメンバーの一人が、後のクロスビー・スティルス&ナッシュの一人に
なったんですね。クロスビー・スティルス&ナッシュは、ティーチ・ユア・チルドレンという曲で知ってました。
この曲は映画「小さな恋のメロディ」のラストにかぶさる挿入歌で曲のアレンジも歌詞も好きな曲です。

それはそうと、ホリーズって、ドラマー交代なところも含めて、ビートルズの影みたいな感じの履歴のバンドで、
最近殿堂入りとか、結構有名どころだったんですね。恥ずかしながら、ホリーズの存在そのものを知りませんでしたw
238名無しさん@おーぷん :2015/05/07(木)08:19:39 ID:s7b
本日はアルバム『フォーセール』1964年12月英国発売(1巡目)

本日の曲は●です。

A面
ノー・リプライ - No Reply (Lennon - McCartney)
アイム・ア・ルーザー - I'm a Loser (Lennon - McCartney)
ベイビーズ・イン・ブラック - Baby's in Black (Lennon - McCartney)
ロック・アンド・ロール・ミュージック - Rock and Roll Music (Berry)
アイル・フォロー・ザ・サン - I'll Follow the Sun (Lennon - McCartney)
ミスター・ムーンライト - Mr. Moonlight (Johnson)
●メドレー:カンサス・シティ - Kansas City (Lieber - Stoller) ~ ヘイ・ヘイ・ヘイ・ヘイ - Hey, Hey, Hey, Hey (Penniman)

B面
 エイト・デイズ・ア・ウィーク - Eight Days a Week (Lennon - McCartney)
 ワーズ・オブ・ラヴ - Words of Love (Holly)
 ハニー・ドント - Honey Don't (Perkins)
 エヴリー・リトル・シング - Every Little Thing (Lennon - McCartney)
 パーティーはそのままに - I Don't Want to Spoil the Party (Lennon - McCartney)
 ホワット・ユー・アー・ドゥーイング - What You're Doing (Lennon - McCartney)
 みんないい娘 - Everybody's Trying to Be My Baby (Perkins)
239名無しさん@おーぷん :2015/05/07(木)18:16:35 ID:1d9
原曲の原曲
LITTLE WILLIE LITTLEFIELD - K.C. LOVING - FEDERAL
http://youtu.be/BEPt9lrfO_8

原曲
Wilbert Harrison
http://youtu.be/UonBS_mvW-E

The Beatles
http://youtu.be/8ISR4PwwoB0

柳ジョージ、わりと好きなんです
http://youtu.be/DE5DcUfMp1U

Muddy Waters先生、詳しくないですけどブルーズ・ブラザースを映画館で観た頃に存在を知りました
http://youtu.be/iaqljXgG1jw
240名無しさん@おーぷん :2015/05/07(木)18:17:15 ID:1d9
こういう曲は、ただ聴くだけで楽しい
演奏できたらどんなにいいだろうと夢想します
241名無しさん@おーぷん :2015/05/07(木)21:04:52 ID:UPq
じゃあ、追加で

Little Richard: Hey Hey Hey Hey
http://youtu.be/f8Cqzdf6NMY


柳ジョージは、オリジナルではなく、ビートルズを通しての編曲みたいですね。
242名無しさん@おーぷん :2015/05/08(金)08:09:09 ID:6d6
本日はアルバム『フォーセール』1964年12月英国発売(1巡目)

本日の曲は●です。

A面
ノー・リプライ - No Reply (Lennon - McCartney)
アイム・ア・ルーザー - I'm a Loser (Lennon - McCartney)
ベイビーズ・イン・ブラック - Baby's in Black (Lennon - McCartney)
ロック・アンド・ロール・ミュージック - Rock and Roll Music (Berry)
アイル・フォロー・ザ・サン - I'll Follow the Sun (Lennon - McCartney)
ミスター・ムーンライト - Mr. Moonlight (Johnson)
メドレー:カンサス・シティ - Kansas City (Lieber - Stoller) ~ ヘイ・ヘイ・ヘイ・ヘイ - Hey, Hey, Hey, Hey (Penniman)

B面
●エイト・デイズ・ア・ウィーク - Eight Days a Week (Lennon - McCartney)
 ワーズ・オブ・ラヴ - Words of Love (Holly)
 ハニー・ドント - Honey Don't (Perkins)
 エヴリー・リトル・シング - Every Little Thing (Lennon - McCartney)
 パーティーはそのままに - I Don't Want to Spoil the Party (Lennon - McCartney)
 ホワット・ユー・アー・ドゥーイング - What You're Doing (Lennon - McCartney)
 みんないい娘 - Everybody's Trying to Be My Baby (Perkins)
243名無しさん@おーぷん :2015/05/08(金)18:21:22 ID:zDJ
The Beatles - Eight Days A Week
http://youtu.be/YtuybFrq7Rw

Midori Satsuki - Come Ten Days In A Week
http://youtu.be/-oZiQALFEEg
244名無しさん@おーぷん :2015/05/08(金)18:23:20 ID:zDJ
リリースは五月みどり姐さんの方が先でした
偶然なのか、はたまた必然か

...内容は全然ちがいますね、すみません
しょーもないことやりました
245名無しさん@おーぷん :2015/05/08(金)18:26:41 ID:zDJ
これ、イントロがフェードインで始まるんですよね
それでビートルズ聴き始めの頃は専らラジオのを録音してたから局が細工してるのかと
疑心暗鬼になったり

あと、たまたまレコード鑑賞できる盤が家にあってもアビーロードのB面ラストが尻切れに
なってて、欠陥品じゃないかとおもったり
246名無しさん@おーぷん :2015/05/08(金)18:43:15 ID:zDJ
>>241
おっと今気づいた、重ねてすみません
補足ありがとうございます

偉大なるLittle Richardのは昭和でいうと33年リリースでしたか
レコーディングは昭和31年の明日と書いてある
http://en.wikipedia.org/wiki/Hey-Hey-Hey-Hey!

聴いたことなかったか、あっても憶えてないんですけど、やっぱりこの人すごいですね
誰でも大抵知ってる"Tutti-Frutti"ぐらいしか知らず、ここにいると改めて多々勉強になります。
247名無しさん@おーぷん :2015/05/08(金)20:48:28 ID:wyQ
>>244
それがそうでもないんですよ。

実は、1963年の紅白歌合戦で、五月みどりが「一週間に十日来い」を歌唱したんですが、
なんとそのときに瞬間最高視聴率85.3%をたたき出している。

なので、日本の音楽関係者が1964年にビートルズに会いに行ったときには
「一週間に十日来い」の曲は、日本の音楽の旬な話題として当然出るはずの曲なんです。

しかも、当時の日本の音楽関係者は、ビートルズに会うときには手土産として
日本の音楽をプレゼントしている。なのでこのシングル曲もビートルズに手渡されているはず。

で、当然ビートルズ側からタイトルの意味について質問が出るだろうし、
そのタイトルにあやかりたいと思ったかもしれない。

そういう流れでエイトデイズアウイークのタイトルが出てきた可能性が、実はかなり高いんです。
248名無しさん@おーぷん :2015/05/08(金)20:51:38 ID:wyQ
>>245
>アビーロードのB面ラストが尻切れになってて、欠陥品じゃないかとおもったり

そういえば、シングルのレボリューションを聴いた時は
レコードの針が壊れてしまったんじゃないかって焦ったのを思い出しました。
249名無しさん@おーぷん :2015/05/09(土)10:16:07 ID:InO
>>247
。。。言われてみれば、両方とも間の手に手拍子が入ってますね
五月みどりのは前ノリでビートルズは後ノリですが
250名無しさん@おーぷん :2015/05/09(土)10:18:30 ID:InO
イントロがなんだか若干和風だし
251名無しさん@おーぷん :2015/05/09(土)16:37:27 ID:ftu
本日はアルバム『フォーセール』1964年12月英国発売(1巡目)

本日の曲は●です。

A面
ノー・リプライ - No Reply (Lennon - McCartney)
アイム・ア・ルーザー - I'm a Loser (Lennon - McCartney)
ベイビーズ・イン・ブラック - Baby's in Black (Lennon - McCartney)
ロック・アンド・ロール・ミュージック - Rock and Roll Music (Berry)
アイル・フォロー・ザ・サン - I'll Follow the Sun (Lennon - McCartney)
ミスター・ムーンライト - Mr. Moonlight (Johnson)
メドレー:カンサス・シティ - Kansas City (Lieber - Stoller) ~ ヘイ・ヘイ・ヘイ・ヘイ - Hey, Hey, Hey, Hey (Penniman)

B面
エイト・デイズ・ア・ウィーク - Eight Days a Week (Lennon - McCartney)
●ワーズ・オブ・ラヴ - Words of Love (Holly)
 ハニー・ドント - Honey Don't (Perkins)
 エヴリー・リトル・シング - Every Little Thing (Lennon - McCartney)
 パーティーはそのままに - I Don't Want to Spoil the Party (Lennon - McCartney)
 ホワット・ユー・アー・ドゥーイング - What You're Doing (Lennon - McCartney)
 みんないい娘 - Everybody's Trying to Be My Baby (Perkins)
252名無しさん@おーぷん :2015/05/09(土)16:45:32 ID:ftu
>>250
ビートルズは音楽に関しては雑食で、黒人音楽からブルース、昔の交響曲、インド音楽など、
興味の対象はとにかくなんでもありだったんで、日本の音楽にも興味を持ってたと考えるほうが自然です。


本日の曲
The Beatles - Words Of Love - Lyrics(you tube)
http://youtu.be/CZCbdxxCbu8

歌詞と和訳
http://boogieboys.blog45.fc2.com/?mode=m&no=55
253ID:InO :2015/05/09(土)17:53:29 ID:i2i
とはいえ、ポール・マッカートニーが影響を受けた主な核心の一つは、やっぱりこっち方面でしょうか

原曲 Buddy Holly
http://youtu.be/iK8l_vblCQ4

バディ・ホリーとポール・マッカートニーの関係について
ここを読むまで詳しく知らなかったんですが
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%90%E3%83%87%E3%82%A3%E3%83%BB%E3%83%9B%E3%83%AA%E3%83%BC

クリケッツの音は、それ単体で聴いてもマージー・ビートだとは思いにくいけれども
ビートルズのは、何も知らない状態でこれがオリジナルだと言われても気づかないぐらい
典型的なそれに聞こえる(あくまで私感)。
254名無しさん@おーぷん :2015/05/09(土)17:57:08 ID:i2i
バディ・ホリーといえば、陣内孝則がミュージカルか
なにかでバディ・ホリーを演じたとき、プロモーションを
兼ねてどっかの番組でバディ・ホリーの等身大パネルを
持ち込んだら、その番組に居合わせた篠原ともえが
「くいだおれ人形みたいですねー^^」とコメントした
のが未だに名前を聴くたび脳裡をよぎります。
255名無しさん@おーぷん :2015/05/09(土)18:05:35 ID:i2i
あ、あのパネル、バディ・ホリーに扮した陣内孝則のだったかな
よく憶えてないや
256名無しさん@おーぷん :2015/05/09(土)18:18:00 ID:i2i
"Buddy" Holly




くいだおれ人形




Takanori Jinnai



257名無しさん@おーぷん :2015/05/10(日)10:39:10 ID:o7k
>>253
>>253

バディ・ホリーのデビュー曲。
ビートルズ下積み時代の練習曲でもありました。
The Beatles - That'll Be The Day
http://youtu.be/ltvM3Kwfc44



ビートルズの名前のアイデアにも影響を与えてます
>ホリーズのバンド名は、ホリーにちなむ。またビートルズはクリケッツのように2つの意味を持つ昆虫を考え、
>「Beatles」と綴り、発音からは昆虫を、スペルからはビートを想像させる名前を考えた。

ちなみに、カブトムシは、善悪好嫌でいうならば、イギリス人の受ける印象は、
日本でいうところのゴキブリに近いイメージニュアンスになるそうです。




あと、バディ・ホリーがらみなら、
興味があればアメリカン・パイをチェックしてみるといいかも。
曲はサビの部分を聞けば、聴いたことのあるはずの曲です。

アメリカンパイ(曲)の歌詞とバディ・ホリーの深い関係
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%A1%E3%83%AA%E3%82%AB%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%83%91%E3%82%A4_%28%E6%9B%B2%29


アメリカン・パイ歌詞翻訳
http://www.asahi-net.or.jp/~rj5y-okr/zz/worx/pie.html

歌詞解説
http://www.asahi-net.or.jp/~rj5y-okr/zz/worx/pie2.html

ビートルズも絡んでますyo。
258名無しさん@おーぷん :2015/05/10(日)10:46:29 ID:o7k
>>256
ホリーと陣内、雰囲気がすごく似てますね。

ちなみに陣内さんは、元々はロッカーとしてスタートさせてまして、
「爆裂都市」というヤンキーロッカー映画で主演を張り、
その後の俳優活動へのジャンピングボードにしています。
ちなみに挿入歌の「セルナンバーエイト」は、
危険すぎて歌詞カードに作れないというしろものです。


食い倒れ人形は、チャーリー浜のほうが似てるかも。
あくまでも私的見解ですが。
259名無しさん@おーぷん :2015/05/10(日)10:51:12 ID:o7k
本日はアルバム『フォーセール』1964年12月英国発売(1巡目)

本日の曲は●です。

A面
ノー・リプライ - No Reply (Lennon - McCartney)
アイム・ア・ルーザー - I'm a Loser (Lennon - McCartney)
ベイビーズ・イン・ブラック - Baby's in Black (Lennon - McCartney)
ロック・アンド・ロール・ミュージック - Rock and Roll Music (Berry)
アイル・フォロー・ザ・サン - I'll Follow the Sun (Lennon - McCartney)
ミスター・ムーンライト - Mr. Moonlight (Johnson)
メドレー:カンサス・シティ - Kansas City (Lieber - Stoller) ~ ヘイ・ヘイ・ヘイ・ヘイ - Hey, Hey, Hey, Hey (Penniman)

B面
エイト・デイズ・ア・ウィーク - Eight Days a Week (Lennon - McCartney)
ワーズ・オブ・ラヴ - Words of Love (Holly)
●ハニー・ドント - Honey Don't (Perkins)
 エヴリー・リトル・シング - Every Little Thing (Lennon - McCartney)
 パーティーはそのままに - I Don't Want to Spoil the Party (Lennon - McCartney)
 ホワット・ユー・アー・ドゥーイング - What You're Doing (Lennon - McCartney)
 みんないい娘 - Everybody's Trying to Be My Baby (Perkins)


ビートルズ現役時代
The Beatles - "Honey Don't" Stereo Remaster
http://youtu.be/M9y4jxr1XZg

Honey Don't(2002年リンゴライブ)
http://youtu.be/ELG2IIVlJuY


現役時代は下手くそなんで歌を拒否したくてしょうがなかったリンゴ。
皮肉なことに、解散後、歌手としていきいきと活動しています。
260名無しさん@おーぷん :2015/05/10(日)12:13:45 ID:orG
>>257
バディ・ホリーは、他にはペギー・スーなんか
たまたま知ってて好きでしたから、大滝詠一が「A面で恋をして」を出したときは
歌唱法のコラージュにすぐ気づいて楽しかったです。

くいだおれ人形と陣内孝則とバディ・ホリーの写真は、もうちょっといい配列があったかもしれません
とにかく似てる瞬間や角度があると思うので密かに研究しようかとおもいます。
261名無しさん@おーぷん :2015/05/10(日)12:32:51 ID:orG
>>259
これのオリジナルはそこにいるクラプトンではなくCarl Perkinsですが
http://youtu.be/_TMF3eK2ojY

リンゴ・スターが記者会見のとき、エルビス・プレスリーのパクリじゃないのか
と訊かれ、プレスリーのマネをしながら“That's not true, that's not true!”と応じた
逸話なんかも想い出す曲。

YouTubeを漁っているとカール・パーキンスとまだ若き日のブライアン・セッツァーが
共演してるこんなビデオなんかが探せばまだ出てくるようです。

ストレイ・キャッツ時代の懐かしさもあって画質も厭わずおもわず見入りましたけど
http://youtu.be/WIvZfGen1lM
262名無しさん@おーぷん :2015/05/11(月)08:06:31 ID:tN7
本日はアルバム『フォーセール』1964年12月英国発売(1巡目)

本日の曲は●です。

A面
ノー・リプライ - No Reply (Lennon - McCartney)
アイム・ア・ルーザー - I'm a Loser (Lennon - McCartney)
ベイビーズ・イン・ブラック - Baby's in Black (Lennon - McCartney)
ロック・アンド・ロール・ミュージック - Rock and Roll Music (Berry)
アイル・フォロー・ザ・サン - I'll Follow the Sun (Lennon - McCartney)
ミスター・ムーンライト - Mr. Moonlight (Johnson)
メドレー:カンサス・シティ - Kansas City (Lieber - Stoller) ~ ヘイ・ヘイ・ヘイ・ヘイ - Hey, Hey, Hey, Hey (Penniman)

B面
エイト・デイズ・ア・ウィーク - Eight Days a Week (Lennon - McCartney)
ワーズ・オブ・ラヴ - Words of Love (Holly)
ハニー・ドント - Honey Don't (Perkins)
●エヴリー・リトル・シング - Every Little Thing (Lennon - McCartney)
 パーティーはそのままに - I Don't Want to Spoil the Party (Lennon - McCartney)
 ホワット・ユー・アー・ドゥーイング - What You're Doing (Lennon - McCartney)
 みんないい娘 - Everybody's Trying to Be My Baby (Perkins)
263名無しさん@おーぷん :2015/05/11(月)08:09:38 ID:7zk
>>261
Carl Perkins か~~~~~~~~っこいいっすね。
264名無しさん@おーぷん :2015/05/11(月)08:15:05 ID:7zk
本家
The Beatles - "Every Little Thing" Stereo Remaster
http://youtu.be/1mpzYeEXY1A

イエスカバー
ムダに長い100秒に渡るイントロ
その後はいいかもだけど
Yes - Every Little Thing - Beatles cover
265名無しさん@おーぷん :2015/05/11(月)08:15:46 ID:7zk
http://youtu.be/f-6ml1ZYu_Q

肝心なもの貼り忘れてましたw
スマソ
266名無しさん@おーぷん :2015/05/11(月)18:47:08 ID:iYr
ティンパニ使ってる曲他にあったかな。ちょっと調べてきます。その前に

イエスは例の初期のあの調子で、最初何の曲だかわかりませんねw

あのバンドの存在を初めて意識したのはガキの時分に購読してた
少年ジャンプで星野之伸だったか諸星大二郎だったか、連載してる
漫画の中に混ぜてたから意識した程度で、それでもラジオで聴くと
気に留める程度。

ちょっと掘り下げて聴くようになったのは80年代のロンリー・ハート (90125) でした。
267名無しさん@おーぷん :2015/05/11(月)18:49:52 ID:iYr
横着してココを拝見してますが
http://www.geocities.jp/shingen_news/MUSIC/BEATLES2/255b_list_perc.html

ティンパニはオーケストレーションを入れたとき以外では他に想い浮かばないですね
268名無しさん@おーぷん :2015/05/11(月)18:57:31 ID:iYr
この曲カヴァーしてるアマチュアの人多いなー @YouTube
269名無しさん@おーぷん :2015/05/12(火)08:38:03 ID:6K4
本日はアルバム『フォーセール』1964年12月英国発売(1巡目)

本日の曲は●です。

A面
ノー・リプライ - No Reply (Lennon - McCartney)
アイム・ア・ルーザー - I'm a Loser (Lennon - McCartney)
ベイビーズ・イン・ブラック - Baby's in Black (Lennon - McCartney)
ロック・アンド・ロール・ミュージック - Rock and Roll Music (Berry)
アイル・フォロー・ザ・サン - I'll Follow the Sun (Lennon - McCartney)
ミスター・ムーンライト - Mr. Moonlight (Johnson)
メドレー:カンサス・シティ - Kansas City (Lieber - Stoller) ~ ヘイ・ヘイ・ヘイ・ヘイ - Hey, Hey, Hey, Hey (Penniman)

B面
エイト・デイズ・ア・ウィーク - Eight Days a Week (Lennon - McCartney)
ワーズ・オブ・ラヴ - Words of Love (Holly)
ハニー・ドント - Honey Don't (Perkins)
エヴリー・リトル・シング - Every Little Thing (Lennon - McCartney)
●パーティーはそのままに - I Don't Want to Spoil the Party (Lennon - McCartney)
 ホワット・ユー・アー・ドゥーイング - What You're Doing (Lennon - McCartney)
 みんないい娘 - Everybody's Trying to Be My Baby (Perkins)
270名無しさん@おーぷん :2015/05/12(火)08:43:54 ID:6K4
学生時代のしっぽが残ってるような、カレッジフォークソングみたいな曲。


The beatles. "I don't want to spoil the party"
http://youtu.be/cVc6agFI0gA


あまりいいカバーがない。そんな時はいつものハーモニーおっさん。
How To Sing I Don't Want to Spoil the Party Beatles Harmony Lesson Tutorial
http://youtu.be/S4ZDuEZ-x48
ちなみに、はじめの2分25秒は英語でなんかくっちゃべってるだけです。
271名無しさん@おーぷん :2015/05/12(火)18:34:45 ID:3Nl
先生の歌唱、当たり前ながら、本当にしっかりしてますね、この曲は比較的模倣し易そう。

ところでこの曲について調べてて、ジョージ・ハリソンはチェット・アトキンスが好きだったというのを
初めて知りました。言われてみれば、そういう感じが確かにします。

そこで、それ以外に脈絡もないのに凄くむりやり、今でも時々聴いているChet Atkins三選。

Humoresque この奏法が好きだと所ジョージもANNで言ってたのをたまたま聴きました
http://youtu.be/ymMGN68Ve7g

アン・マレーのSnow Birdをカヴァー。よく交通情報なんかで使用されてた記憶が
http://youtu.be/fFIewoIU_BY

アール・クルーと共演 "Goodtime Charlie's Got The Blues"これも何かのラジオ番組でテーマ曲に用いられてました
http://youtu.be/qKtPUUYV2YM
272名無しさん@おーぷん :2015/05/13(水)08:29:30 ID:AMH
すでにご承知とは思いますが。。。。

>チェットはコンサート会場でリクエストを受け付けたが、
「『ヤンキードゥードゥル(アメリカ独立軍歌)』を演ってほしい」という客と
「『ディキシー(南北戦争時の南軍の軍歌)』を演ってくれ」という客が
争いになってしまった。
チェットは「では2曲同時に弾きましょう」と言い、2つのまったく別の曲を同時に弾いて見せた。

Yankee Doodle Dixie ~ Chet Atkins
http://youtu.be/ZebigqwpqW0

だそうです。
釈迦に念仏みたいですね。失礼しました。


本日はアルバム『フォーセール』1964年12月英国発売(1巡目)

本日の曲は●です。

A面
ノー・リプライ - No Reply (Lennon - McCartney)
アイム・ア・ルーザー - I'm a Loser (Lennon - McCartney)
ベイビーズ・イン・ブラック - Baby's in Black (Lennon - McCartney)
ロック・アンド・ロール・ミュージック - Rock and Roll Music (Berry)
アイル・フォロー・ザ・サン - I'll Follow the Sun (Lennon - McCartney)
ミスター・ムーンライト - Mr. Moonlight (Johnson)
メドレー:カンサス・シティ - Kansas City (Lieber - Stoller) ~ ヘイ・ヘイ・ヘイ・ヘイ - Hey, Hey, Hey, Hey (Penniman)

B面
エイト・デイズ・ア・ウィーク - Eight Days a Week (Lennon - McCartney)
ワーズ・オブ・ラヴ - Words of Love (Holly)
ハニー・ドント - Honey Don't (Perkins)
エヴリー・リトル・シング - Every Little Thing (Lennon - McCartney)
パーティーはそのままに - I Don't Want to Spoil the Party (Lennon - McCartney)
●ホワット・ユー・アー・ドゥーイング - What You're Doing (Lennon - McCartney)
 みんないい娘 - Everybody's Trying to Be My Baby (Perkins)


The Beatles - What You're Doing - Beatles for Sale [Stereo Remastered] - 2009
http://youtu.be/uz5bCGYorNA
273名無しさん@おーぷん :2015/05/13(水)22:08:19 ID:ZRY
>>272
ww南北一遍に片付けるとは、音楽の力偉大なり。
ちょっとしたというか完全にジャズですね、プレイバッハとかあの辺に通ずる軽妙な清々しさや気品も感じる。

これ知らなかったです、御案内くださってありがとうございます m(_ _)m
274名無しさん@おーぷん :2015/05/13(水)22:14:02 ID:ZRY
この曲のイントロを聴くとこれを想い出すんです

シリア・ポール/夢で逢えたら
http://youtu.be/ZdspySci-hQ

だけど、これがアンサーソングだという話は寡聞にして耳にしたことがにゃーです
275名無しさん@おーぷん :2015/05/14(木)08:29:13 ID:E25
本日はアルバム『フォーセール』1964年12月英国発売(1巡目)

本日の曲は●です。

A面
ノー・リプライ - No Reply (Lennon - McCartney)
アイム・ア・ルーザー - I'm a Loser (Lennon - McCartney)
ベイビーズ・イン・ブラック - Baby's in Black (Lennon - McCartney)
ロック・アンド・ロール・ミュージック - Rock and Roll Music (Berry)
アイル・フォロー・ザ・サン - I'll Follow the Sun (Lennon - McCartney)
ミスター・ムーンライト - Mr. Moonlight (Johnson)
メドレー:カンサス・シティ - Kansas City (Lieber - Stoller) ~ ヘイ・ヘイ・ヘイ・ヘイ - Hey, Hey, Hey, Hey (Penniman)

B面
エイト・デイズ・ア・ウィーク - Eight Days a Week (Lennon - McCartney)
ワーズ・オブ・ラヴ - Words of Love (Holly)
ハニー・ドント - Honey Don't (Perkins)
エヴリー・リトル・シング - Every Little Thing (Lennon - McCartney)
パーティーはそのままに - I Don't Want to Spoil the Party (Lennon - McCartney)
ホワット・ユー・アー・ドゥーイング - What You're Doing (Lennon - McCartney)
●みんないい娘 - Everybody's Trying to Be My Baby (Perkins)


ビートルズによる演奏・歌。ビートルズが取り上げたんでこの歌の寿命が長くなったと言えるかも。
The Beatles - Everybody's Trying to Be My Baby
http://youtu.be/YYh0TDaK7Tc


一応、本家。パーキンソンによる歌。どっちかというとプレスリー系の匂いのする曲。
Carl Perkins - Everybody's Trying To Be My Baby
http://youtu.be/ixYyCzAdJb8


ビートルズライブ:ひどい演奏。だが、観客は聴きに来てないから無問題。。。だそうです。
ちなみにジョージの持ち歌
Everybody's Trying to be My Baby - The Beatles in Paris
http://youtu.be/9cvUsvp9oB8


パーキンソン(本家)とジョージ(分家?)のコラボ
Carl Perkins and George Harrison - Everybody's trying to be my baby
http://youtu.be/rD-IF-3PYto
276名無しさん@おーぷん :2015/05/14(木)08:35:59 ID:E25
>>274 ちょこっとかすかな匂いがありますね。
大滝さん当たりはビートルズの影響をもろに受けてる世代なんで、そういうこともあるかも。

ちなみに奥田民生は自分がビートルズに影響を受けていることを意識して故意に
盗作にならない範囲でのコピーを曲の中に滑りこませる確信犯だったりします。

ビートルズの影響は、意外なほどあるのに驚かさせられます。
277名無しさん@おーぷん :2015/05/14(木)22:52:45 ID:UZm
>>275
パリの演奏、、、人がいなかった時代の浅草で演ったら、どうなっていたことか。

1985年に、こんな幸福感溢れる共演があったんですか >本家と分家

このビデオはやっぱりフルで視たくなってきたので買ってみようとおもい
Amazonを調べると、ものすごい値段がついてました
ちなみにアメリカのAmazonでは12$ぐらいのが....

14の新品/中古品の出品を見る : ¥ 15,729より

三浦和義のフルハムロードかとおもいましたが、なんらかの正当な理由もありそう
どうせカーゴ便の料金か何かが影響してるんでしょう
278名無しさん@おーぷん :2015/05/14(木)22:56:37 ID:Gc2
>>276
奥田民生は、あの人はおもしろいですね
伝統邦楽界の異端児、仙波清彦先生が主宰するビッグバンドに参加したり
279名無しさん@おーぷん :2015/05/15(金)08:27:16 ID:ZjE
本日はアルバム『フォーセール』1964年12月英国発売(1巡目)

本日は総括のため、本日の曲(及びアルバム自身についても)は全部です。

A面
ノー・リプライ - No Reply (Lennon - McCartney)
アイム・ア・ルーザー - I'm a Loser (Lennon - McCartney)
ベイビーズ・イン・ブラック - Baby's in Black (Lennon - McCartney)
ロック・アンド・ロール・ミュージック - Rock and Roll Music (Berry)
アイル・フォロー・ザ・サン - I'll Follow the Sun (Lennon - McCartney)
ミスター・ムーンライト - Mr. Moonlight (Johnson)
メドレー:カンサス・シティ - Kansas City (Lieber - Stoller) ~ ヘイ・ヘイ・ヘイ・ヘイ - Hey, Hey, Hey, Hey (Penniman)

B面
エイト・デイズ・ア・ウィーク - Eight Days a Week (Lennon - McCartney)
ワーズ・オブ・ラヴ - Words of Love (Holly)
ハニー・ドント - Honey Don't (Perkins)
エヴリー・リトル・シング - Every Little Thing (Lennon - McCartney)
パーティーはそのままに - I Don't Want to Spoil the Party (Lennon - McCartney)
ホワット・ユー・アー・ドゥーイング - What You're Doing (Lennon - McCartney)
みんないい娘 - Everybody's Trying to Be My Baby (Perkins)
280名無しさん@おーぷん :2015/05/15(金)08:30:52 ID:ZjE
>>277
価格は内容ではなく、需要と供給の関係で決まるから、
たまにとんでもない価格になってるものがありますね。

今は直輸入もアリの時代なんで、時間はかかるけど、
そういう方法もあるかもです。
281名無しさん@おーぷん :2015/05/15(金)08:41:44 ID:AOY
個人的には、ビートルズは3期にわかれると思ってるんです。
前期・中期・後期。前期は今回のアルバムまで。中期はSGTまで。後期はその後。

前期の特徴は、デビューからお披露目。
レコード会社とか、マネージャーとか、周囲の人の力が強い時代で、本人の位置づけはアイドル(タレント)。
ちなみに中期はアーティスト(芸術家)、後期はカリスマ(伝説)です。

アイドル時代は何でもはいはいで、いうがまま。
もともとレコード会社との契約は、年間2枚のアルバムで、2年契約。
なので、ビートルズに人気が出なければ、このアルバムでお払い箱になるところでした。

1枚目はデビューアルバムなんだけど、ライブスタイル録音という、聴こえはいいが超手抜きの作成。
2枚目は、穴蔵(キャバーン)時代のビートルズの持ちネタで、1枚目のレコードに入れられなかったものを
全部ぶち込んじゃえという感じ。(会社目線での話)

3枚目は、アイドル映画便乗商法で、4枚目はクリスマス商戦便乗商法です。
忙しいコンサートの合間に、クリスマスに間に合わせるためにでっち上げちゃいました的なアルバム。
そのため、自作の曲が少ないという状況になっています。タイトルもひどいですよね「ビートルズ大売り出し」
一応、forセール(売り物)と、4セール(4人を売ります)のダジャレがかかっているようです。

このアルバムの後、ビートルズは1ヶ月ほどの休養を取る。
契約更改に当たり、心身のリフレッシュを必要としたんでしょう。

で、十分な休養の後、レコーディングその他の再開。ポールの才能がいよいよ芽吹いてきます。
また、グループも成長を始めていて、レコード会社が引き続きアイドルとして売りだそうとしているのに、
(次作ヘルプのサブタイトルが4人はアイドルw)本人たちは、すでにアーチストへと変貌をし始めています。

明日からは、そのアルバムの曲の話になっていきます。
282名無しさん@おーぷん :2015/05/15(金)23:43:18 ID:Agu
>>281
僭越ですが、音楽的には特に異論無いです。

メンバーの仲については、よくFMで土曜か日曜の朝に小林克也がエピソードを紹介してた
スキャンダルめいたのを断片的に記憶してて、来日した頃には既に悪くなってたとか、なんか
あんまり覚えたくないことをたまたま知ってたりしますが、そっちはあんまり体系化されなくていいかもしれないw

別に、これからこのスレの存在に気づいた人が乱入してきてあることないこと書き込んでくれても
構わないですが、さておき。

もともとビートルズには親しみはあっても専門に論ずる本を購入して精読したわけでもなく、
何かの縁でここの板に棲み着いたことで、おもいもかけず知識の再整理がついたり
あたらしく補填・補強されたり、とにかく感謝あるのみです。
283名無しさん@おーぷん :2015/05/16(土)11:35:52 ID:Aj9
本日はアルバム『ヘルプ』1965年8月6日英国発売(1巡目)

本日の曲は●です。

A面
●ヘルプ! - Help! (Lennon - McCartney)
ザ・ナイト・ビフォア - The Night Before (Lennon - McCartney)
悲しみはぶっとばせ(ユーヴ・ゴット・トゥ・ハイド・ユア・ラヴ・アウェイ) - You've Got To Hide Your Love Away (Lennon - McCartney)
アイ・ニード・ユー - I Need You (Harrison)
アナザー・ガール - Another Girl (Lennon - McCartney)
恋のアドバイス(ユーアー・ゴーイング・トゥ・ルーズ・ザット・ガール) - You're Going To Lose That Girl (Lennon - McCartney)
涙の乗車券(ティケット・トゥ・ライド) - Ticket To Ride (Lennon - McCartney)

B面
アクト・ナチュラリー - Act Naturally (Morrison - Russell)
イッツ・オンリー・ラヴ - It's Only Love (Lennon - McCartney)
ユー・ライク・ミー・トゥ・マッチ - You Like Me Too Much (Harrison)
テル・ミー・ホワット・ユー・シー - Tell Me What You See (Lennon - McCartney)
夢の人(アイヴ・ジャスト・シーン・ア・フェイス) - I've Just Seen A Face (Lennon - McCartney)
イエスタデイ - Yesterday (Lennon - McCartney)
ディジー・ミス・リジー - Dizzy Miss Lizzie (Williams)


wikiより
モノラル盤収録ヴァージョンは(0'10")のところからステレオ盤収録ヴァージョンとは別テイクが用いられている。
モノラル盤収録ヴァージョンのテイクは歌詞がごく一部異なり、中間部にはタンバリンが入っていない。


確認しました

シングルテイク
http://youtu.be/3gpC5XTxTcQ

アルバムテイク
http://youtu.be/aCGvZgDvtkU

1分45秒め当たりからがとりあえず鮮明です。
284名無しさん@おーぷん :2015/05/16(土)12:08:08 ID:Aj9
>>282 
こちらこそ大感謝です。
なにせ、他に人がいない状況ですからw


有名人によるカバーなど

ディープパープル
Deep Purple - Help (Beatles Cover) Denmark 1968 HD
http://youtu.be/WBugcmKpO2o

本家と比較して、しっとりと歌い上げています。



オアシス
Oasis - Help (Beatles Cover, Noel Acoustic)
http://youtu.be/lyxGbulRLPA

これもしっとりアコギ系。これはこれでいいかも。



ビックタイムラッシュ(ボーイバンド系)
Help! - Big Time Rush (Beatles cover/Lyrics)
http://youtu.be/c8hzD1VLuf8

現代の若者にとって、ビートルズはもはや古典?
285名無しさん@おーぷん :2015/05/16(土)19:28:51 ID:r1Z
>>283
英国盤、米国版、日本版、それぞれに曲構成のみならず
我々シロウトには指摘されないと気づきにくいような細かい技を施してあるのはおもしろいです。

これは本気で研究始めても先達に追いつくことは決してないでしょうけどヒマ潰しとしてはうってつけになりそうw

>>284
ディープ・パープルは、ハードロック路線になってからもキーボードなんかに顕著にその味わいがありますが
これはサイケ、アート、プログレ色濃厚。バニラ・ファッジかとおもいました....いや、言ってみたかっただけです。
バニラ・ファッジはアトランティックで大きな記念コンサートがあったとき見かけて以来、見てないなあ...


ところでオアシスって解散してたの全然気づかなかったww
90年代の後半は曲のタイトルも覚えようとせず垂れ流しのMTV(vibe)で聴いてましたが、これフツーにいいですね。

そのMTVも、なぜか一番だらだら何も考えず観たい土曜の午後に韓流(上の方でも言いましたが完全に毛嫌いしてるわけでも
ないです)が割り込んできたりしたのもあり解約して早5年。。。なのでBig Time Rushの存在にも気づきませんでした。
興味が湧いて、しばらく他の曲を唄ってるとこも愉しく聴きましたが、

http://youtu.be/oX3B1ReYVUI&t=46s

まあ、かわいらしい客層の中に何故そこにいるのか若干不明の御年輩みたいな気分にw
ビートルズは古典の一分野として継承されていくんでしょうか、不朽なんだろうとはおもいます。
286名無しさん@おーぷん :2015/05/17(日)09:37:24 ID:lMW
本日はアルバム『ヘルプ』1965年8月6日英国発売(1巡目)

本日の曲は●です。

A面
ヘルプ! - Help! (Lennon - McCartney)
●ザ・ナイト・ビフォア - The Night Before (Lennon - McCartney)
悲しみはぶっとばせ(ユーヴ・ゴット・トゥ・ハイド・ユア・ラヴ・アウェイ) - You've Got To Hide Your Love Away (Lennon - McCartney)
アイ・ニード・ユー - I Need You (Harrison)
アナザー・ガール - Another Girl (Lennon - McCartney)
恋のアドバイス(ユーアー・ゴーイング・トゥ・ルーズ・ザット・ガール) - You're Going To Lose That Girl (Lennon - McCartney)
涙の乗車券(ティケット・トゥ・ライド) - Ticket To Ride (Lennon - McCartney)

B面
アクト・ナチュラリー - Act Naturally (Morrison - Russell)
イッツ・オンリー・ラヴ - It's Only Love (Lennon - McCartney)
ユー・ライク・ミー・トゥ・マッチ - You Like Me Too Much (Harrison)
テル・ミー・ホワット・ユー・シー - Tell Me What You See (Lennon - McCartney)
夢の人(アイヴ・ジャスト・シーン・ア・フェイス) - I've Just Seen A Face (Lennon - McCartney)
イエスタデイ - Yesterday (Lennon - McCartney)
ディジー・ミス・リジー - Dizzy Miss Lizzie (Williams)


ネタがないときは、いつものおっさんw
How to sing The Night Before Vocal Harmony Beatles Tutorial Harmonies
http://youtu.be/_AWwbY_GnEc


本家。曲の味は、ボーカルも重要な要因かな。と、おっさん比較で気づかせてもらえますた。
The Beatles - The Night Before - Lyrics
http://youtu.be/D9FOX2RvfZY
287名無しさん@おーぷん :2015/05/17(日)14:56:59 ID:XSv
この曲、個人的な思い入れもあって好きなんですよ
リアルタイムじゃないんですが、曲を知った頃の生活が脳裡に蘇る
288名無しさん@おーぷん :2015/05/17(日)15:06:50 ID:XSv
いつもの先生は「メインヴォーカルをとるポールの声は信じがたくパワフル」なんて
仰ってますが、ほぼ忠実にトレースするんだから、やっぱり先生もすごいわけで

ハーモニーの巧妙な構成についてのコメントも実践家ならではの視点
このぐらい唄えるようになりたい
289名無しさん@おーぷん :2015/05/17(日)15:11:44 ID:XSv
Wikipediaを読んでみると、こんな記述が

> ミキシング:
> アメリカ盤『ロックン・ロール・ミュージック』およびイギリス盤『ロックン・ロール・ミュージック Vol.2』に収録されているヴァージョンはイギリス・オリジナル・ヴァージョン(『4人はアイドル』に収録)のものとは左右のチャンネルが逆になっている。

こんなことがありえたんですねww
290名無しさん@おーぷん :2015/05/17(日)15:18:13 ID:XSv
On BBC
http://youtu.be/9y0axNmFAxE

wikiの英語版を閲覧すると
“McCartney played the song on 15 July 2011 at Yankee Stadium, stating from the stage that it was the first time he had performed the song in concert.”

なんて書いてありますが、これはいっぺん生で聴きたい。
291名無しさん@おーぷん :2015/05/18(月)06:52:24 ID:aH6
George Harrison's 1963 Maton Guitar Sells for $485,000 at Auction

Read more: http://www.rollingstone.com/music/news/george-harrisons-1963-maton-guitar-sells-for-485-000-at-auction-20150517#ixzz3aR2fj1sv
Follow us: @rollingstone on Twitter | RollingStone on Facebook
292名無しさん@おーぷん :2015/05/18(月)08:25:27 ID:R9k
本日はアルバム『ヘルプ』1965年8月6日英国発売(1巡目)

本日の曲は●です。

A面
ヘルプ! - Help! (Lennon - McCartney)
ザ・ナイト・ビフォア - The Night Before (Lennon - McCartney)
●悲しみはぶっとばせ(ユーヴ・ゴット・トゥ・ハイド・ユア・ラヴ・アウェイ) - You've Got To Hide Your Love Away (Lennon - McCartney)
アイ・ニード・ユー - I Need You (Harrison)
アナザー・ガール - Another Girl (Lennon - McCartney)
恋のアドバイス(ユーアー・ゴーイング・トゥ・ルーズ・ザット・ガール) - You're Going To Lose That Girl (Lennon - McCartney)
涙の乗車券(ティケット・トゥ・ライド) - Ticket To Ride (Lennon - McCartney)

B面
アクト・ナチュラリー - Act Naturally (Morrison - Russell)
イッツ・オンリー・ラヴ - It's Only Love (Lennon - McCartney)
ユー・ライク・ミー・トゥ・マッチ - You Like Me Too Much (Harrison)
テル・ミー・ホワット・ユー・シー - Tell Me What You See (Lennon - McCartney)
夢の人(アイヴ・ジャスト・シーン・ア・フェイス) - I've Just Seen A Face (Lennon - McCartney)
イエスタデイ - Yesterday (Lennon - McCartney)
ディジー・ミス・リジー - Dizzy Miss Lizzie (Williams)

取り急ぎ貼り付けのみ。スマソ。
293名無しさん@おーぷん :2015/05/18(月)09:48:41 ID:R9k
test
294名無しさん@おーぷん :2015/05/18(月)18:42:21 ID:PQF
You've Got To Hide Your Love Away(悲しみはぶっとばせ)
http://youtu.be/NNyPXWMnIz0


The Silkie
http://youtu.be/g-CmbtCuhC8
田端義雄みたいな弾き方のギターとヴォーカルで、Billboardの10位をマークしたらしいです
メリー・ホプキンほどじゃないみたいですけど綺麗な女声が入ると、やっぱり味わい変わります


Pearl Jam - You've Got To Hide Your Love Away - BAND 12-17 原曲に比較的忠実でしょうか
http://youtu.be/ZVqGpE10zaA

タケカワユキヒデのも聴きたかった。無いのでアルバム買おうかと思ってます。
295名無しさん@おーぷん :2015/05/18(月)18:43:20 ID:PQF
>>292
スレタイに「毎日」とはありますが、どうか御無理のなきようw
296名無しさん@おーぷん :2015/05/19(火)08:21:00 ID:YTr
本日はアルバム『ヘルプ』1965年8月6日英国発売(1巡目)

本日の曲は●です。

A面
ヘルプ! - Help! (Lennon - McCartney)
ザ・ナイト・ビフォア - The Night Before (Lennon - McCartney)
悲しみはぶっとばせ(ユーヴ・ゴット・トゥ・ハイド・ユア・ラヴ・アウェイ) - You've Got To Hide Your Love Away (Lennon - McCartney)
●アイ・ニード・ユー - I Need You (Harrison)
アナザー・ガール - Another Girl (Lennon - McCartney)
恋のアドバイス(ユーアー・ゴーイング・トゥ・ルーズ・ザット・ガール) - You're Going To Lose That Girl (Lennon - McCartney)
涙の乗車券(ティケット・トゥ・ライド) - Ticket To Ride (Lennon - McCartney)

B面
アクト・ナチュラリー - Act Naturally (Morrison - Russell)
イッツ・オンリー・ラヴ - It's Only Love (Lennon - McCartney)
ユー・ライク・ミー・トゥ・マッチ - You Like Me Too Much (Harrison)
テル・ミー・ホワット・ユー・シー - Tell Me What You See (Lennon - McCartney)
夢の人(アイヴ・ジャスト・シーン・ア・フェイス) - I've Just Seen A Face (Lennon - McCartney)
イエスタデイ - Yesterday (Lennon - McCartney)
ディジー・ミス・リジー - Dizzy Miss Lizzie (Williams)


>>295
ありがとん。

今日の曲は、ジョージらしい曲としては最初の曲。
ジョージ独特の空気感、秋の青空の下をそっと流れていく風のような、爽やかさと寂しさと切なさを秘めた静かな曲です。

当時は周囲や本人たちが、ジョン>ポール>>>ジョージ≧リンゴの感覚だったんで、その切なさがにじみ出ている
といえなくもない曲です。

ちなみにジョンの感覚は、ジョン>>>ポール>ジョージ≧リンゴ
ポールの感覚はジョン≧ポール>>>ジョージ≧リンゴ
このあたりの、自己評価と、メンバーや周囲(関係者)の評価都のギャップがその後のギクシャクの原因となる。
と同時に、そのギクシャクが創作意欲にもつながるんで、そのエネルギーの分析は無意味でもないような気がします。

ちなみに、当時のリアルタイム世代一般の感覚は
ジョン≒ポール≒ジョージ≒リンゴか、ジョン≒ポール≒ジョージ≧リンゴという感じだったようです。
マネージャーの売り込み戦略が、突出したボスに見えるやつを作らないという方針だったため。
この辺りが逆に今では盲点となってるかもです。今ではジョンがリーダーだったことは常識なんで。
この辺りの事情は、当時撮られた写真を分析するとよく分かるかもです。
綺麗に4人平等な映り方をしてるんです。

なんでこんな人間関係の話をごちゃごちゃ言っているかというと、
このアルバムから(厳密にはその中のイエスタデイ発表から)、その亀裂が具現化し始めてきてるんで。
中期ビートルズにおいては、後期の崩壊の種が伏線がガンガン仕込まれてる最中という見方もできそうです。
297名無しさん@おーぷん :2015/05/19(火)20:17:12 ID:Ml4
http://youtu.be/I7nIWKApT30


メンバーのハーモニーにジョージ・ハリソンの声が無かったら世界的に売れてただろうかと、
ジョージが最前面に出てくるこういう曲を聴いてると感じるんですよ。もしもジョージがいなかったら
ヴォーカル全体の厚みは勿論、構成上できたことも制限されて色々変わってたのではないか、と。

あと真面目な話、単にスキャンダル至上主義的な斬り口でなくとも、人情話と音楽的な面との相関と
いうのは当然あるのでしょうから、その限りに於いても関心は湧くのが人間として普通なのだし興味深いものだともおもいます。
298名無しさん@おーぷん :2015/05/19(火)20:20:00 ID:Ml4
>>297>>296サソへのレス
アンカー失念すみません
299名無しさん@おーぷん :2015/05/20(水)08:39:03 ID:ilC
>>297
>もしもジョージがいなかったら

ですね。この頃は味噌っかす扱いのジョージでしたけど、振り返ると、貴重な存在でした。

そもそもグループサウンズは各自のボーカルも含めて楽器といえるし、楽器やアイデアの組み合わせしだいで
いろいろな色が曲についてくるんで、そういう意味ではあのビートルズはビートルズとしては唯一無二なんだろうと思います。

ただしそれはどのグループにとってもそれぞれ同じことが言えるわけで、結局は出会いの運が
鍵を握っているのかなあという気もします。マーティンとの出会いも運だったわけだし。

そもそも、ポールはジョンのそばにいることによって才能が開花したわけだけど
ジョンもポールのそばにいることによって才能が膨らんだわけだし。

音楽の神様が魅せた奇蹟という感じもします。


>単にスキャンダル至上主義的な斬り口でなくとも、

特にビートルズの歴史をチェックすると、ジョンとポールの創作意欲の波や影響の与え合いというのは
そのまま作品の出来に直結してくるんで、その意味で、単なる人気アイドルのゴシップ話とは次元が違うものじゃないかな、
なんて思ったりもするわけです。

アルバムヘルプの時代はまだ「イエスタデイ」くらいがそれに該当するのみでしたけど、
次のアルバムからの時代になると、そのイエスタデイの波紋がジョンを変貌させていったとも言えるかもしれず、
その辺りの事情はなかなか興味深いです。
300名無しさん@おーぷん :2015/05/20(水)08:40:10 ID:ilC
本日はアルバム『ヘルプ』1965年8月6日英国発売(1巡目)

本日の曲は●です。

A面
ヘルプ! - Help! (Lennon - McCartney)
ザ・ナイト・ビフォア - The Night Before (Lennon - McCartney)
悲しみはぶっとばせ(ユーヴ・ゴット・トゥ・ハイド・ユア・ラヴ・アウェイ) - You've Got To Hide Your Love Away (Lennon - McCartney)
アイ・ニード・ユー - I Need You (Harrison)
●アナザー・ガール - Another Girl (Lennon - McCartney)
恋のアドバイス(ユーアー・ゴーイング・トゥ・ルーズ・ザット・ガール) - You're Going To Lose That Girl (Lennon - McCartney)
涙の乗車券(ティケット・トゥ・ライド) - Ticket To Ride (Lennon - McCartney)

B面
アクト・ナチュラリー - Act Naturally (Morrison - Russell)
イッツ・オンリー・ラヴ - It's Only Love (Lennon - McCartney)
ユー・ライク・ミー・トゥ・マッチ - You Like Me Too Much (Harrison)
テル・ミー・ホワット・ユー・シー - Tell Me What You See (Lennon - McCartney)
夢の人(アイヴ・ジャスト・シーン・ア・フェイス) - I've Just Seen A Face (Lennon - McCartney)
イエスタデイ - Yesterday (Lennon - McCartney)
ディジー・ミス・リジー - Dizzy Miss Lizzie (Williams)


Another Girl - The Beatles
http://youtu.be/PGK0GrHygLU
301名無しさん@おーぷん :2015/05/20(水)17:31:50 ID:VwE
2015年4月28日に行われた「Out There! Japan Tour 2015」日本武道館公演で、「世界初公開」としてライブ演奏された。(Wikipedia)

他スレに奇特な人がプレイリスト置いててくれてるので閲覧してみたら18曲目ですね。

あと、もしあってもここに貼るとなんだかすぐ無くなりそうな気がしますけど
ユーチューブになんかあるみたいで、まあ勿論DVD出たらちゃんと買いますけど
「ツギワァ セカイ ハツコーカァイ」なんて言ってたらしいです。
302名無しさん@おーぷん :2015/05/20(水)17:47:13 ID:VwE
>>299
>創作意欲

そこでWikipediaの英語版を読んでみると

ポールさんは、この曲をチュニジアの北部にあるハンマメットというリゾートで書き、
レコーディングは1965年の2月15日、同じ日には涙の乗車券とアイ・ニード・ユーを録音。
あと、ハーモニーの手法はYou Gonna Lose That Girlにも用いたとか、細かいことも
英語版だと色々書いてあります。それから英語版にはカヴァーについても案内してて
YouTube探したらちゃんとあったので、これは貼ります。

Here's George Martin, "Anohter Girl".
http://youtu.be/U8jvxr4MFKM
303名無しさん@おーぷん :2015/05/20(水)17:54:53 ID:VwE
ところでGeorge Martin Orchestraおもしろいですね

“I Feel Fine”がすごくおもしろい
https://www.youtube.com/watch?t=116&v=edqf1vWU1WM
304303 :2015/05/20(水)22:28:50 ID:VwE
なにがおもしろいって、最初からおもしろいのにurl貼り間違えたのでもう一回

http://youtu.be/edqf1vWU1WM
305名無しさん@おーぷん :2015/05/21(木)06:56:46 ID:IXU
i feel fineのギブソンのハウリング、あれが、初めて
聴いたとき他愛のないことにはしゃぐ小学生だったことも
あり、すごく気に入って1日10回はあの曲聴いてました。
306名無しさん@おーぷん :2015/05/22(金)09:47:10 ID:GeF
今更ですが、このスレは殆ど議論はせず、曲を紹介して勝手に好きなことを言うスレということで
307名無しさん@おーぷん :2015/05/22(金)22:56:46 ID:PpA
本日はアルバム『ヘルプ』1965年8月6日英国発売(1巡目)

本日の曲は●です。

A面
ヘルプ! - Help! (Lennon - McCartney)
ザ・ナイト・ビフォア - The Night Before (Lennon - McCartney)
悲しみはぶっとばせ(ユーヴ・ゴット・トゥ・ハイド・ユア・ラヴ・アウェイ) - You've Got To Hide Your Love Away (Lennon - McCartney)
アイ・ニード・ユー - I Need You (Harrison)
アナザー・ガール - Another Girl (Lennon - McCartney)
●恋のアドバイス(ユーアー・ゴーイング・トゥ・ルーズ・ザット・ガール) - You're Going To Lose That Girl (Lennon - McCartney)
涙の乗車券(ティケット・トゥ・ライド) - Ticket To Ride (Lennon - McCartney)

B面
アクト・ナチュラリー - Act Naturally (Morrison - Russell)
イッツ・オンリー・ラヴ - It's Only Love (Lennon - McCartney)
ユー・ライク・ミー・トゥ・マッチ - You Like Me Too Much (Harrison)
テル・ミー・ホワット・ユー・シー - Tell Me What You See (Lennon - McCartney)
夢の人(アイヴ・ジャスト・シーン・ア・フェイス) - I've Just Seen A Face (Lennon - McCartney)
イエスタデイ - Yesterday (Lennon - McCartney)
ディジー・ミス・リジー - Dizzy Miss Lizzie (Williams)

you're gonna lose that girl
http://youtu.be/-96dyCQo-lI
308名無しさん@おーぷん :2015/05/22(金)22:57:55 ID:PpA
知らない邦題が意外と多いw
ちょっと用事ができたので続きは明日になるかもしれません。あしからず m(_ _)m
309名無しさん@おーぷん :2015/05/22(金)23:02:19 ID:PpA
おまえが唄うんかいシリーズ こういう環境に身を置きたかった若かりし頃を偲び
http://youtu.be/PNFPI6-JMRY

唄と演奏はさすがここまで好きなだけあってギリギリイタくない程度ですが、
それよりコメント欄のノリが読んでて愉しさと怖さがない交ぜに...
310名無しさん@おーぷん :2015/05/22(金)23:24:23 ID:PpA
英語版のWikipediaでは何故か日本のシングルが...
http://en.wikipedia.org/wiki/You%27re_Going_to_Lose_That_Girl
311名無しさん@おーぷん :2015/05/22(金)23:45:07 ID:PpA
Five Man Electrical Band
カナダのバンド、全然知らないんですけど
日本では小柳ルミ子の私の城下町や南沙織の17才が流行ったときに
“Sign”という曲がBillboardの上位をマークしたと、さらに調べたら書いてありました


Five Man Electrical Band - You're Gonna Lose That Girl
http://youtu.be/7Bzp2GIcw_E

ウォーキングに適したテンポらしいです
312307 :2015/05/22(金)23:57:48 ID:PpA
スレ主さんに断らず勝手にやりました。後で判別つくようにする意味もあって
このレスでノートしておきます。すみませんでした、次回以降、お伺い立てるようにします。 m(_ _)m
313名無しさん@おーぷん :2015/05/23(土)08:13:28 ID:59p
>>312

更新どうもありがとうございます。
スレ主が更新するというルールはないんで、どんどん更新してもらっていいです。
あまり、気を使わないでくださいね。

ちなみにスレ主は、ちょっと体調を崩してしまってお休みを頂いてしまいました。
更新できず、すみませんでした。



本日はアルバム『ヘルプ』1965年8月6日英国発売(1巡目)

本日の曲は●です。

A面
ヘルプ! - Help! (Lennon - McCartney)
ザ・ナイト・ビフォア - The Night Before (Lennon - McCartney)
悲しみはぶっとばせ(ユーヴ・ゴット・トゥ・ハイド・ユア・ラヴ・アウェイ) - You've Got To Hide Your Love Away (Lennon - McCartney)
アイ・ニード・ユー - I Need You (Harrison)
アナザー・ガール - Another Girl (Lennon - McCartney)
恋のアドバイス(ユーアー・ゴーイング・トゥ・ルーズ・ザット・ガール) - You're Going To Lose That Girl (Lennon - McCartney)
●涙の乗車券(ティケット・トゥ・ライド) - Ticket To Ride (Lennon - McCartney)

B面
アクト・ナチュラリー - Act Naturally (Morrison - Russell)
イッツ・オンリー・ラヴ - It's Only Love (Lennon - McCartney)
ユー・ライク・ミー・トゥ・マッチ - You Like Me Too Much (Harrison)
テル・ミー・ホワット・ユー・シー - Tell Me What You See (Lennon - McCartney)
夢の人(アイヴ・ジャスト・シーン・ア・フェイス) - I've Just Seen A Face (Lennon - McCartney)
イエスタデイ - Yesterday (Lennon - McCartney)
ディジー・ミス・リジー - Dizzy Miss Lizzie (Williams)
314名無しさん@おーぷん :2015/05/23(土)10:04:32 ID:BUm
The Beatles
http://youtu.be/VMxyK9azXR4

Live at The BBC
http://youtu.be/9Fi3qgJlkzo

Other artists have covered "Ticket to Ride"
この曲とPlease Mr. Postmanはカーペンターズのを先に知りました

The Carpenters
http://youtu.be/JnweYrd80lw

Vanilla Fudge
http://youtu.be/IpkXMSvwmZw

THE 5TH DIMENSION ズンズンチャーチャ ズンチャッチャ♪
http://youtu.be/DDHNysc-Tkk

まだファンキーになる前のThe Bee Gees
http://youtu.be/QU_tOlCYGvI

この辺にしときますけど高木ブーさんのがあったら混ぜたかったです
315名無しさん@おーぷん :2015/05/23(土)10:05:22 ID:BUm
other の前に Many入れるの忘れた。別にどっちでもいいか。
316名無しさん@おーぷん :2015/05/24(日)00:31:12 ID:e4T
The Beatles
http://youtu.be/c-07qmTUi9A

オリジナルはカントリー&ウエスタンのバンド
Buck Owens & His Buckaroos - Act Naturally [Live] - 1966
http://youtu.be/fOpgL4mqEis

で、リンゴさんは後に共演
Ringo Starr & Buck Owens -1989 ガチョーン
http://youtu.be/zHeRq6DdxHE

そのリンゴさんが、もともとこのアルバムで吹き込む予定だった曲

If You've Got Trouble(アンソロジー2に収録)
http://youtu.be/LeWBrsnaG_8
317あ、いけね逆に送信しちゃった :2015/05/24(日)00:32:04 ID:e4T
本日はアルバム『ヘルプ』1965年8月6日英国発売(1巡目)

盤面をひっくり返して本日の曲は●です。

A面
ヘルプ! - Help! (Lennon - McCartney)
ザ・ナイト・ビフォア - The Night Before (Lennon - McCartney)
悲しみはぶっとばせ(ユーヴ・ゴット・トゥ・ハイド・ユア・ラヴ・アウェイ) - You've Got To Hide Your Love Away (Lennon - McCartney)
アイ・ニード・ユー - I Need You (Harrison)
アナザー・ガール - Another Girl (Lennon - McCartney)
恋のアドバイス(ユーアー・ゴーイング・トゥ・ルーズ・ザット・ガール) - You're Going To Lose That Girl (Lennon - McCartney)
涙の乗車券(ティケット・トゥ・ライド) - Ticket To Ride (Lennon - McCartney)

B面
●アクト・ナチュラリー - Act Naturally (Morrison - Russell)
イッツ・オンリー・ラヴ - It's Only Love (Lennon - McCartney)
ユー・ライク・ミー・トゥ・マッチ - You Like Me Too Much (Harrison)
テル・ミー・ホワット・ユー・シー - Tell Me What You See (Lennon - McCartney)
夢の人(アイヴ・ジャスト・シーン・ア・フェイス) - I've Just Seen A Face (Lennon - McCartney)
イエスタデイ - Yesterday (Lennon - McCartney)
ディジー・ミス・リジー - Dizzy Miss Lizzie (Williams)

>>313
こちらこそ、勝手なことして重ねホントにすみません。
318名無しさん@おーぷん :2015/05/24(日)00:40:52 ID:e4T
オリジナル曲は1963(昭和38)年にビルボードのカントリーチャートで一位をマーク。
ジョニー・ラッセルはミシシッピー生まれで音楽活動のベースはカリフォルニアだったようです。
ビートルズがアメリカでこの曲を出したときイエスタデイのB面だったなんてことも書いてありますね。

英語版解説
http://en.wikipedia.org/wiki/Act_Naturally

日本語版もこの曲については相当詳しく書いてます
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%82%AF%E3%83%88%E3%83%BB%E3%83%8A%E3%83%81%E3%83%A5%E3%83%A9%E3%83%AA%E3%83%BC
319名無しさん@おーぷん :2015/05/24(日)00:45:09 ID:E5m
>>314
しかしカレンも口パクしてたのかな

ドラムがあきらかに違いすぎるから、うpした人が
レコーディングスタジオ録音のオリジナルを被せたのかもしれない
320名無しさん@おーぷん :2015/05/24(日)18:44:10 ID:wiQ
>>314
>この曲とPlease Mr. Postmanはカーペンターズのを先に知りました

同じくです。カーペンターズのに耳が慣れすぎてたんで、
ビートルズのほうがすごく荒削りなものに感じてしまったのは懐かしい思い出。

ビージーズによるカバーがあったんですね。これは知らなかったです。
しかも割と忠実にカバーしてるし。探すといろいろあるものですね。



>>316
この頃のリンゴは、まだ、歌が苦手で、歌うことに引っ込み思案だった時代です。
でも、この曲はアメリカでは結構ヒットしたようです。

そのリンゴが、いまでは歌手として世界ツアーをしているんだから世の中わからないものです。
321名無しさん@おーぷん :2015/05/25(月)08:55:29 ID:H4C
本日はアルバム『ヘルプ』1965年8月6日英国発売(1巡目)

盤面をひっくり返して本日の曲は●です。

A面
ヘルプ! - Help! (Lennon - McCartney)
ザ・ナイト・ビフォア - The Night Before (Lennon - McCartney)
悲しみはぶっとばせ(ユーヴ・ゴット・トゥ・ハイド・ユア・ラヴ・アウェイ) - You've Got To Hide Your Love Away (Lennon - McCartney)
アイ・ニード・ユー - I Need You (Harrison)
アナザー・ガール - Another Girl (Lennon - McCartney)
恋のアドバイス(ユーアー・ゴーイング・トゥ・ルーズ・ザット・ガール) - You're Going To Lose That Girl (Lennon - McCartney)
涙の乗車券(ティケット・トゥ・ライド) - Ticket To Ride (Lennon - McCartney)

B面
アクト・ナチュラリー - Act Naturally (Morrison - Russell)
●イッツ・オンリー・ラヴ - It's Only Love (Lennon - McCartney)
ユー・ライク・ミー・トゥ・マッチ - You Like Me Too Much (Harrison)
テル・ミー・ホワット・ユー・シー - Tell Me What You See (Lennon - McCartney)
夢の人(アイヴ・ジャスト・シーン・ア・フェイス) - I've Just Seen A Face (Lennon - McCartney)
イエスタデイ - Yesterday (Lennon - McCartney)
ディジー・ミス・リジー - Dizzy Miss Lizzie (Williams)


The Beatles - It's Only Love
http://youtu.be/s6rzcmhly-I


The Beatles - It's Only Love (Anthology 2 [Disc 1])
http://youtu.be/MXVL-shARg4
322名無しさん@おーぷん :2015/05/25(月)10:18:50 ID:Qex
>>321

Brian Ferry (@1976)
http://youtu.be/rPUJAdTgMaY

Peter Setera(in 2001)
http://youtu.be/uUXlWspm3do


ところで、この曲の出だしを聴いてサージェント・ペッパーズ“Being For The Benefit Of Mr.Kite”の出だしを想い出す人はいるとおもうんですが
http://youtu.be/vCiG7xoEb2Y


具体的に類似性を指摘してるサイトを見つけました。反応してる人はビバルディのバイオリン協奏曲との部分的な共通点(キー違いでコード進行おなじだそうです)について書いてます。
http://www.aaronkrerowicz.com/beatles-blog/melodic-similarities-between-its-only-love-and-being-for-the-benefit-of-mr-kite#comments

...なんか他にももっと似てる曲があったような気がするけど想い出せない
323名無しさん@おーぷん :2015/05/26(火)08:30:05 ID:izN
>>322
>この曲の出だしを聴いてサージェント・ペッパーズ“Being For The Benefit Of Mr.Kite”の出だしを想い出す

わお。全然気が付きませんでした。でも言われてみると、似た雰囲気ありますね。


>Brian Ferry (@1976)
本家より洗練された感じがしますね。
この頃の音楽シーンは、10年違うとかなり違うからなあ。


>Peter Setera(in 2001)
調べたら、シカゴの人だったんですね。
言われてみるとボーカルに雰囲気がある感じです。
324名無しさん@おーぷん :2015/05/26(火)08:31:12 ID:izN
本日はアルバム『ヘルプ』1965年8月6日英国発売(1巡目)

盤面をひっくり返して本日の曲は●です。

A面
ヘルプ! - Help! (Lennon - McCartney)
ザ・ナイト・ビフォア - The Night Before (Lennon - McCartney)
悲しみはぶっとばせ(ユーヴ・ゴット・トゥ・ハイド・ユア・ラヴ・アウェイ) - You've Got To Hide Your Love Away (Lennon - McCartney)
アイ・ニード・ユー - I Need You (Harrison)
アナザー・ガール - Another Girl (Lennon - McCartney)
恋のアドバイス(ユーアー・ゴーイング・トゥ・ルーズ・ザット・ガール) - You're Going To Lose That Girl (Lennon - McCartney)
涙の乗車券(ティケット・トゥ・ライド) - Ticket To Ride (Lennon - McCartney)

B面
アクト・ナチュラリー - Act Naturally (Morrison - Russell)
イッツ・オンリー・ラヴ - It's Only Love (Lennon - McCartney)
●ユー・ライク・ミー・トゥ・マッチ - You Like Me Too Much (Harrison)
テル・ミー・ホワット・ユー・シー - Tell Me What You See (Lennon - McCartney)
夢の人(アイヴ・ジャスト・シーン・ア・フェイス) - I've Just Seen A Face (Lennon - McCartney)
イエスタデイ - Yesterday (Lennon - McCartney)
ディジー・ミス・リジー - Dizzy Miss Lizzie (Williams)


The Beatles- You Like Me Too Much (with lyrics) Stereo Remastered
http://youtu.be/VP8lCMOXbCM
325名無しさん@おーぷん :2015/05/26(火)20:49:07 ID:ooY
>>324
ピアノが強烈な印象を与える曲のひとつ。スタインウェイを弾いているのはポールとジョージ・マーティン、
電子ピアノはレノンが弾いていたらしいです。

Hohner Pianetというらしい電子ピアノの音が気になり、
英語版のWikipediaをあちこち覗いてみました。

同じピアノは "The Night Before", "I Am the Walrus", "Tell Me What You See"で
使われてたと、Wikipediaには書いてある。
http://en.wikipedia.org/wiki/Electric_piano#Hohner_Pianet


それから、英語版のWikipediaを見てみると...
The piano introduction was later used by Bob Dylan for his song "Temporary Like Achilles".
だそうです。ボブ・ディランはあんまり詳しく知らず、この曲は知りませんでした。「コーヒーもう一杯」なんか好きだったなー...

Bob Dylan-Temporary Achilles
http://youtu.be/_Hhc00hcmfU


カヴァーに関してはThe Harrisongsという名のバンドが現役で動いてる
らしいですが、私はこのバンドを知らない。知らないので、
この動画でプレイしてる人達がそうなのかよくわかりません。
http://youtu.be/Eu97qHu7Dnw

他にもそれらしい動画はあるのですが「ごらんの地域では見られません」と出る。残念。
326名無しさん@おーぷん :2015/05/26(火)20:51:16 ID:ooY

あと、今日はこの曲についてあれこれ想いを巡らしながら
徘徊していて、こんなサイトを見つけました。ヒマなときに探索してみようと思います。

The Beatles Bible
http://www.beatlesbible.com/songs/you-like-me-too-much/
327名無しさん@おーぷん :2015/05/27(水)09:36:27 ID:kj4
本日はアルバム『ヘルプ』1965年8月6日英国発売(1巡目)

本日の曲は●です。

A面
ヘルプ! - Help! (Lennon - McCartney)
ザ・ナイト・ビフォア - The Night Before (Lennon - McCartney)
悲しみはぶっとばせ(ユーヴ・ゴット・トゥ・ハイド・ユア・ラヴ・アウェイ) - You've Got To Hide Your Love Away (Lennon - McCartney)
アイ・ニード・ユー - I Need You (Harrison)
アナザー・ガール - Another Girl (Lennon - McCartney)
恋のアドバイス(ユーアー・ゴーイング・トゥ・ルーズ・ザット・ガール) - You're Going To Lose That Girl (Lennon - McCartney)
涙の乗車券(ティケット・トゥ・ライド) - Ticket To Ride (Lennon - McCartney)

B面
アクト・ナチュラリー - Act Naturally (Morrison - Russell)
イッツ・オンリー・ラヴ - It's Only Love (Lennon - McCartney)
ユー・ライク・ミー・トゥ・マッチ - You Like Me Too Much (Harrison)
●テル・ミー・ホワット・ユー・シー - Tell Me What You See (Lennon - McCartney)
夢の人(アイヴ・ジャスト・シーン・ア・フェイス) - I've Just Seen A Face (Lennon - McCartney)
イエスタデイ - Yesterday (Lennon - McCartney)
ディジー・ミス・リジー - Dizzy Miss Lizzie (Williams)


「コーヒーもう一杯」
http://youtu.be/KMM9ptb8fPY
私も好きですよ。

あと、後はライク・ア・ローリング・ストーンかな。
ジョンも、ボブ・ディランの影響を受けてYou've Got To Hide Your Love Awayを作ったって言ってましたしね。

っと、今日の曲。
The Beatles - Tell Me What You See
http://youtu.be/ihyekVpdtWw

特に語ることもないかな。
ビートルズは結構この時期、エレクトリック・ピアノを使ってるんだけど、
当時としては目新しいサウンド的な心地よさがあったかも。

今と違って音源がまだそれほど豊かじゃない時代だから、
どうしても今の時代の感覚で聴いちゃうし、そうすると当時の聴衆とは曲の印象にズレが出てくる。
このあたりを想像で埋める作業が必要なんだけど、結構難しいところではあります。
328名無しさん@おーぷん :2015/05/27(水)17:10:39 ID:inH
>>327
あとボブ・ディランは、これもMTVに出てくるとつい見入ります

Subterranean Homesick Blues
http://youtu.be/67u2fmYz7S4


で、今日の曲のクラベスを聴いて思いだした、例の
パーカッションを集計した>>165のリンク先サイト、クラベスの他には
http://www.geocities.jp/shingen_news/MUSIC/BEATLES2/255b_list_perc.html

ラテン音楽が今より世界的に流行っていたらしい時期、
日本の歌謡曲やドラマ挿入曲、CM音楽なんかでもよく耳にした、
たぶん誰でも音は良く知ってますが
おそらく名前は知らない人が多そうなギロという楽器が左チャンネルにいます。

このデータ上だと他にこれを扱ってる曲は無いようです。
329328 :2015/05/27(水)22:18:00 ID:1Ed
>今と違って(ry

ヒトの感覚というのは割といいかげんなもんだとおもってますから

馴化するまでの時間とか、昔ウォークマンで聴いてて耳がおかしくなりそうだったセパレーションなんかも
リマスターで良くなったりとか、ちょっと話が整理できませんけど、あるいは大昔モノラルのラジオで毎日聴いてた曲が
CDになってて、それを聴いてみると実はこんな演奏や構成の曲だったのかと感動したり。

でも創り手の側もできあがった作品をポータブルのラジカセに入れて再生してみたりとか、渡辺貞夫がそれやってた
らしいですけど、そういう話は一遍体系立った話にどっかで触れた方がいいのかもしれないとシロウトながらにおもいます。
330名無しさん@おーぷん :2015/05/27(水)22:35:16 ID:KKz
>>328
>ギロという楽器が左チャンネルにいます。
>このデータ上だと他にこれを扱ってる曲は無いようです。

わお。ギロには気が付きませんでした。
この曲については特に語ることがないとか、ほざいていた自分が、なんともお恥ずかしい。
貴重なご指摘ありがとうございました。


>>329
>大昔モノラルのラジオで毎日聴いてた曲が
>CDになってて、それを聴いてみると実はこんな演奏や構成の曲だったのかと感動したり

もしかするとですが、ビートルズの場合、逆の現象が、が起きているかもしれません。

2009年(だったかな)リマスタ発売の直後ころに、音源と環境の話が出たことがあります。
その時に出た話では、「ビートルズの音楽は、音質の悪いAMラジオで聞くとかなりいい感じに聞こえる」という、
不思議な曲が初期から中期には多い。で、リマスタすることによって、逆に曲のあらが目についてしまったというような話。

丁度「テレビが大画面かつ細密映像になったら、昔の時代劇のカツラの縫い目のあらの酷さが
目につくようになってしまって興ざめしてしまう」のような現象です。

演奏テクニックの稚拙さとか、それがまかり通る当時の技術水準とか時代の空気とか、
そういうものがかなり影響しているのかもしれません。
331早朝ビートルズ :2015/05/28(木)05:23:03 ID:jgw
今日は、スレ主さんになり代わり勝手に貼らせていただきますが
何卒、御容赦 m(_ _)m

本日はアルバム『ヘルプ』1965年8月6日英国発売(1巡目)

盤面をひっくり返して本日の曲は●です。

A面
ヘルプ! - Help! (Lennon - McCartney)
ザ・ナイト・ビフォア - The Night Before (Lennon - McCartney)
悲しみはぶっとばせ(ユーヴ・ゴット・トゥ・ハイド・ユア・ラヴ・アウェイ) - You've Got To Hide Your Love Away (Lennon - McCartney)
アイ・ニード・ユー - I Need You (Harrison)
アナザー・ガール - Another Girl (Lennon - McCartney)
恋のアドバイス(ユーアー・ゴーイング・トゥ・ルーズ・ザット・ガール) - You're Going To Lose That Girl (Lennon - McCartney)
涙の乗車券(ティケット・トゥ・ライド) - Ticket To Ride (Lennon - McCartney)

B面
アクト・ナチュラリー - Act Naturally (Morrison - Russell)
イッツ・オンリー・ラヴ - It's Only Love (Lennon - McCartney)
ユー・ライク・ミー・トゥ・マッチ - You Like Me Too Much (Harrison)
テル・ミー・ホワット・ユー・シー - Tell Me What You See (Lennon - McCartney)
●夢の人(アイヴ・ジャスト・シーン・ア・フェイス) - I've Just Seen A Face (Lennon - McCartney)
イエスタデイ - Yesterday (Lennon - McCartney)
ディジー・ミス・リジー - Dizzy Miss Lizzie (Williams)

The Beatles -- I've Just Seen a Face
http://youtu.be/SbKGsEK_T9g

この曲と「イエスタディ」と"I'm Down"はアビーロードスタジオの同じセッションだったと
英語版Wikipediaには書いてあります。瀬戸龍介が唄ってもきっといいような典型的カントリー調の曲。
332名無しさん@おーぷん :2015/05/28(木)05:23:44 ID:jgw
On MTV unplugged @1991
http://youtu.be/N0rRK1GIF-w

曲が終わり"hee haw"と声がかかりポールさんは"...and that woo foo..."と応じ滑りかけ"...oops"と独りごち自分で立てなおしてます


陽気なDave Lee Roth(元Van Haren)先生
http://youtu.be/KOzOpsghhs0

正道。
Brandi Carlile - Closer to you/I've just seen a face
http://youtu.be/hpUZWH7B_S4

こちらは外道。おもわず笑ったので勢いで貼ります
Beatallica - "I'll Jus Bleed Your Face"
http://youtu.be/rmG25Oa9qGI

同じバンドの"I Want To Choke Your Band" ダウンロードサイト見つけるかCD探して買うことに決めました。
http://youtu.be/QaTjWqAT4QQ

おまけ。そういうことする人は、おそらく世界中にいるわけで

赤ちょうちん / 掟破り軍団
http://youtu.be/hpUZWH7B_S4
333名無しさん@おーぷん :2015/05/28(木)05:29:34 ID:jgw
>>330
映像の場合に喩えたリマスタの話、ヒジョーにわかりますww

音質の悪いAMラジオで聴きたい曲ってあるんですよね
世代や人それぞれの刷り込みやシチュエーションへの思い入れなんかもあるのでしょうが。

たとえばサザンの「涙のアベニュー」はFENでかからないかなーと独断と偏見でおもったりしてました。
334名無しさん@おーぷん :2015/05/28(木)05:32:28 ID:jgw
>>332 スペルミスったので訂正、すみません

Van Haren → Van Halen
335332 :2015/05/28(木)07:12:51 ID:jgw
まだあった。すみません。

Brandi Carlile/Closer to you ~ I've just seen a face
正しくはこっち
http://youtu.be/KNYh3vtbR4s
336名無しさん@おーぷん :2015/05/28(木)07:15:21 ID:zQ3
Dave Lee Rothとアンプラグドのポールには
なんとなくサイモンとガーファンクルを彷彿する。
337名無しさん@おーぷん :2015/05/29(金)07:02:58 ID:oIc
本日はアルバム『ヘルプ』1965年8月6日英国発売(1巡目)

盤面をひっくり返して本日の曲は●です。

A面
ヘルプ! - Help! (Lennon - McCartney)
ザ・ナイト・ビフォア - The Night Before (Lennon - McCartney)
悲しみはぶっとばせ(ユーヴ・ゴット・トゥ・ハイド・ユア・ラヴ・アウェイ) - You've Got To Hide Your Love Away (Lennon - McCartney)
アイ・ニード・ユー - I Need You (Harrison)
アナザー・ガール - Another Girl (Lennon - McCartney)
恋のアドバイス(ユーアー・ゴーイング・トゥ・ルーズ・ザット・ガール) - You're Going To Lose That Girl (Lennon - McCartney)
涙の乗車券(ティケット・トゥ・ライド) - Ticket To Ride (Lennon - McCartney)

B面
アクト・ナチュラリー - Act Naturally (Morrison - Russell)
イッツ・オンリー・ラヴ - It's Only Love (Lennon - McCartney)
ユー・ライク・ミー・トゥ・マッチ - You Like Me Too Much (Harrison)
テル・ミー・ホワット・ユー・シー - Tell Me What You See (Lennon - McCartney)
夢の人(アイヴ・ジャスト・シーン・ア・フェイス) - I've Just Seen A Face (Lennon - McCartney)
●イエスタデイ - Yesterday (Lennon - McCartney)
ディジー・ミス・リジー - Dizzy Miss Lizzie (Williams)

The Beatles
http://youtu.be/S09F5MejfBE
338名無しさん@おーぷん :2015/05/29(金)07:30:41 ID:oIc
主さん、2日連続で失礼します m(_ _)m

エピソードやカヴァーには事欠かず、調べてみると知らなかったことも随分多い曲ですが、
星の数ほどあるカヴァーの中から、2曲を撰ばせていただきます。

From the album "LOVE"
http://youtu.be/ry578dyGEa0

英語のWikipedia覧てたらボブ・ディランのコメントがあるあたりに"Tin Pan Alley"とあったので一瞬びっくらこきましたが、
http://en.wikipedia.org/wiki/Yesterday_(Beatles_song)

"Yesterday", however, has also been criticised for being mundane and mawkish; Bob Dylan had a marked dislike
for the song, stating that "If you go into the Library of Congress, you can find a lot better than that.
There are millions of songs like 'Michelle' and 'Yesterday' written in Tin Pan Alley".
Ironically, Dylan ultimately recorded his own version of "Yesterday" four years later, but it was never released.

文脈ですぐに違うと気づき、一応リンクを辿ってみたら、ちゃんと細野晴臣のバンドについての案内も
あって(For the band, see Haruomi Hosono)二度びっくり

http://en.wikipedia.org/wiki/Haruomi_Hosono


Bob Dylan ....これでいいのだろうか
http://youtu.be/k1v7S3fxiug
339名無しさん@おーぷん :2015/05/29(金)08:34:18 ID:M7Z
>>332
ビータリカ、すごいですね。こんな奴らがいたとは、知らんかった。。。。
「首絞めたい(I Want To Choke Your Band)」とか、パロティも演奏の腕も
なかなかいいセンスしてるわぁ。教えてくださって、どうもありがとうございます。

元バンヘーレンのカバーを聴いてきがついたんだけど、ポールはソロでしたね。
ジョンの協力が薄くなってきてる証拠の一つと見ていいのかも。

とにかくこの頃からジョンはポールの才能に露骨に嫉妬し始めてるようなんで。
340名無しさん@おーぷん :2015/05/29(金)08:35:03 ID:M7Z

>>338
今日の曲(イエスタデイ)は、ギネス級のカヴァーが多い曲だそうなんで、色々チェックしてみたい処。
更にエピソードも。

なにしろ、この曲のエピソードだけを集めて、一冊の本ができてしまったほどですから。

その本によると、一夜にしてポールはこの曲(メロディ)の着想を得てしまい、
ポールの脳裏に、あまりにもストンときてしまっていたんで、ポールさんは
「もしかすると無意識のパクリをしてしまっているじゃないのか」と、真剣に悩んだのだとか。

あと、本人はめちゃくちゃこの曲を気に入っていて、映画ヘルプの収録中も撮影現場の待ち時間に
一人で語り弾してて周囲からうるさいからやめろと言われる始末だったとか。

おまけに、ポールがジョンにバンドで演奏しようと持ちかけたら、
ジョン「この曲は完成してるから君一人でやれ」
ジョージ「リーダーが言うんじゃしょうがない」
リンゴ「・・・・」。。。今で言ういじめですね。

しょうがないんで、ジョージ・マーティンに相談したら、室内楽団の音を合わせることを提案される。
そりゃあいくらなんでもロックじゃないだろうと、ポールは難色。
ダメ元で録音だけ、ってことで、音だけ収録。やってみたらまあいいかって。

こうやって、「5人目のビートルズ」と言われたジョージ・マーティンの才能を
おもいっきり引き出す曲になってしまったのは周知の事実。
おまけに世界的名声を得る曲になってしまうというのは、なんとも皮肉な話。
いじわるしたはずのジョンの心中やいかに。

そのプレッシャーがジョンに次のアルバムを名盤と言わしめる内容にするパワーを与えることになったんで、
結果オーライではあるんですが。

ちなみに、アルバムで収録したばかりの頃は、イエスタディはミソっかつ扱いだったんです。
現在の盛況を知ってる自分たちにはにわかに信じられないことですが、証拠が残ってます。

それはアルバムの中での曲の位置。
B面の、ラス前に置かれてる。ここに置かれる曲はラストをもり立てるための噛ませ犬になる曲というのが
常識的な処。そこにイエスタデイが来ていたというのは、「あ、(お察し)」ってやつです。
341名無しさん@おーぷん :2015/05/29(金)08:49:45 ID:M7Z


この曲はビートルズという集団の評価にもすごい影響を与えた曲でもあります。

なにしろ、それまで世間的にはロックは不良の音楽だという認識があって、まともな大人ならクラッシック。
ロックはがきのおもちゃ。そんな空気があった時代。しかしメロ的に隠れビートルズファンもいたんですね。
その隠れファンが堂々と大人に向かって「ビートルズっていいだろう?」って言えるようになった曲の最初でもある。

クラッシックの音、というのが、彼らの共通項だったんですね。
で、そこからファンが更に広がってくる。もう一段回広がるのはSGTまで待つ必要があるんですが。



この曲はプロもアマもカバーしまくりなんで逆にプロによるカバーを探すのが大変かもです
そんな中から、、、、


エルビス・プレスリー
Elvis Presley - Yesterday (Beatles' cover)
http://youtu.be/oPAvkb9H24E

DEEP PURPLE - YESTERDAY - LIVE- RARE- EDINBURGH 91
http://youtu.be/1cbkWpKfLZU



ポールさんの最新版 相変わらず元気です
Paul McCartney「Yesterday」 28th April 2015 Nippon Budokan ポール マッカートニー武道館イエスタデイ
http://youtu.be/UJRgkoO26n0

上記関連のご参考(音楽なし)
ポール・マッカートニー武道館 2015 内外の様子 
http://youtu.be/0jiGrzu3zoM&spfreload=1
342名無しさん@おーぷん :2015/05/30(土)08:34:48 ID:IpA
>>341

プレスリー、貫禄の歌詞改変。まあプレスリーだから別にいいんでしょうね。

ディープ・パープルがイエスタデイ唄ってるwww一部の客笑ってるしw

しかし逝きたかったなー武道館
また来てくれるかどうかわかんないけどカネ溜めておこっと
343名無しさん@おーぷん :2015/05/30(土)08:45:09 ID:IpA
>>340
ストリングスを入れるときの逸話についてWikipediaには具体的な楽団名が書いてありますねw

でもおそらくビートルズの楽曲を聴いて、その楽団を想い浮かべる人はまずいないし、後にイージーリスニングブームが
訪れ様々なオーケストラがカヴァーしても原曲とは違うモノと意識される。そのぐらいだから認めたんでしょうか。
子供のとき、ちょっとわけあって日本を離れる直前、小遣いを溜めて初めて買ったレコードがこれだったので思い入れ深いです。
344名無しさん@おーぷん :2015/05/30(土)09:09:47 ID:IpA
恐縮です。またしても曲紹介させていただきます m(_ _)m

本日はアルバム『ヘルプ』1965年8月6日英国発売(1巡目)

本日の曲はB面ラストの●です。

A面
ヘルプ! - Help! (Lennon - McCartney)
ザ・ナイト・ビフォア - The Night Before (Lennon - McCartney)
悲しみはぶっとばせ(ユーヴ・ゴット・トゥ・ハイド・ユア・ラヴ・アウェイ) - You've Got To Hide Your Love Away (Lennon - McCartney)
アイ・ニード・ユー - I Need You (Harrison)
アナザー・ガール - Another Girl (Lennon - McCartney)
恋のアドバイス(ユーアー・ゴーイング・トゥ・ルーズ・ザット・ガール) - You're Going To Lose That Girl (Lennon - McCartney)
涙の乗車券(ティケット・トゥ・ライド) - Ticket To Ride (Lennon - McCartney)

B面
アクト・ナチュラリー - Act Naturally (Morrison - Russell)
イッツ・オンリー・ラヴ - It's Only Love (Lennon - McCartney)
ユー・ライク・ミー・トゥ・マッチ - You Like Me Too Much (Harrison)
テル・ミー・ホワット・ユー・シー - Tell Me What You See (Lennon - McCartney)
夢の人(アイヴ・ジャスト・シーン・ア・フェイス) - I've Just Seen A Face (Lennon - McCartney)
イエスタデイ - Yesterday (Lennon - McCartney)
●ディジー・ミス・リジー - Dizzy Miss Lizzie (Williams)


LARRY WILLIAMS Dizzy, Miss Lizzy-78 MAR '58
http://youtu.be/pgYWvMJjFBg


The Beatles
http://youtu.be/BdMRJcuwtvE

You Make Me Dizzy Miss Lizzy - John Lennon - Toronto 1969
http://youtu.be/jGB2jY223JI


Cliff Richard
http://youtu.be/zWEykZEPDTw

おなじリバプールのGerry & The Pacemakers ダンスがおもしろい
http://youtu.be/ojRyoul4Qlk
345名無しさん@おーぷん :2015/05/31(日)10:31:13 ID:a8N
本日はアルバム『ヘルプ』1965年8月6日英国発売(1巡目)

本日はアルバム総括のため対象は以下の全曲です。
アルバムそのものも対象となります。

A面
ヘルプ! - Help! (Lennon - McCartney)
ザ・ナイト・ビフォア - The Night Before (Lennon - McCartney)
悲しみはぶっとばせ(ユーヴ・ゴット・トゥ・ハイド・ユア・ラヴ・アウェイ) - You've Got To Hide Your Love Away (Lennon - McCartney)
アイ・ニード・ユー - I Need You (Harrison)
アナザー・ガール - Another Girl (Lennon - McCartney)
恋のアドバイス(ユーアー・ゴーイング・トゥ・ルーズ・ザット・ガール) - You're Going To Lose That Girl (Lennon - McCartney)
涙の乗車券(ティケット・トゥ・ライド) - Ticket To Ride (Lennon - McCartney)

B面
アクト・ナチュラリー - Act Naturally (Morrison - Russell)
イッツ・オンリー・ラヴ - It's Only Love (Lennon - McCartney)
ユー・ライク・ミー・トゥ・マッチ - You Like Me Too Much (Harrison)
テル・ミー・ホワット・ユー・シー - Tell Me What You See (Lennon - McCartney)
夢の人(アイヴ・ジャスト・シーン・ア・フェイス) - I've Just Seen A Face (Lennon - McCartney)
イエスタデイ - Yesterday (Lennon - McCartney)
ディジー・ミス・リジー - Dizzy Miss Lizzie (Williams)
346名無しさん@おーぷん :2015/05/31(日)10:38:41 ID:a8N
●Dizzy Miss Lizzie

Dizzy Miss Lizzieを本家と聴き比べてみると確かに「新しい」感じがしますね。

牧歌的でほのぼのとした本家に対してビートルズはハイテンション。
若さを全面に押し出してます。



●Tell Me What You See
自分にとっての、今回の収穫はこの曲かな。

この曲は、特段あまり好きな曲じゃなくて、
自分の中ではなんとなく扱いが邪険になってたんだけど、
その原因が判明したというすっきり感を得ました。それが収穫。

ギロを使ってる唯一の曲だということで、その音のためにこの曲の自分の中での「ビートルズの曲調」としては
違和感を感じてたということなんじゃないかなということに気がついたわけです。

「ギロを使ってる唯一の曲」ということをいままで全然意識したことがなかったんで、
「自分が気がついていなかった自分」に気がついたということで、大きな収穫でした。
貴重な情報を、どうもありがとうございました。



●アルバムについて

「4人はアイドル」という副題がついているんだけど、
皮肉なことに、このアルバムからビートルズは「アイドル」を脱皮し始める。
「アイドル(芸能人)」から「アーチスト(芸術家)」への変貌。

映画のサントラなんだけど、映画自体は、モノクロのア・ハード・デイズ・ナイトのほうが
格段に映画らしくて好きです。
347名無しさん@おーぷん :2015/05/31(日)12:45:53 ID:R9r
アルバムへの感想というよりもビートルズ全般に関して、
本気で体系立った知識を吸収した経験は皆無なのに、こうして順序よく
曲を拾っていくだけで、断片的に憶えていた既知の人物や音楽、それから
映画などとの連関が見えてきて、歴史を辿る行為がこんなに楽しいと
思ったことは他にあまりないです。

理由はよくわからないのですが、個人的にはリンゴ・スターが小さい頃から一番好きで
アクト・ナチュラリーについて詳しく知ったのがこのアルバムで特に印象に遺る収穫になりました。
たぶん>>316のPVはこれまでも何の気無しに覧てたとおもいますが、これで次に見つけたときはもっと
愉しくなる期待が持てます。


さて、2ちゃんねるといえば直情径行のレスが飛び交う開拓期のアメリカ西部や南沙諸島より物騒な場所という
イメージが大きいのに、こちらが色々と覚束ず至らず、余計なことまでしてますが、寛大な反応に
とにかく感謝あるのみです。本当に、こちらこそありがとうございます。 m(_ _)m
348名無しさん@おーぷん :2015/06/01(月)08:33:16 ID:gCe
本日はアルバム『ラバー・ソウル』1965年12月3日英国発売(1巡目)

本日の曲は●です。

アナログA面
●ドライヴ・マイ・カー - Drive My Car (Lennon - McCartney)
ノルウェーの森(ノーウェジアン・ウッド) - Norwegian Wood (This Bird Has Flown) (Lennon - McCartney)  
ユー・ウォント・シー・ミー - You Won't See Me (Lennon - McCartney)
ひとりぼっちのあいつ(ノーホエア・マン) - Nowhere Man (Lennon - McCartney)
嘘つき女(シンク・フォー・ユアセルフ) - Think for Yourself (Harrison)
愛のことば(ザ・ワード) - The Word (Lennon - McCartney)
ミッシェル - Michelle (Lennon - McCartney)

アナログB面
消えた恋(ホワット・ゴーズ・オン) - What Goes on (Lennon - McCartney - Starky)
ガール - Girl (Lennon - McCartney)
君はいずこへ(アイム・ルッキング・スルー・ユー) - I'm Looking Through You (Lennon - McCartney)
モノラル・ヴァージョンはステレオ・ヴァージョンに比較してフェード・アウトが多少遅い。
イン・マイ・ライフ - In My Life (Lennon - McCartney)
ウェイト - Wait (Lennon - McCartney)
恋をするなら(イフ・アイ・ニーデド・サムワン) - If I Needed Someone (Harrison)
浮気娘(ラン・フォー・ユア・ライフ) - Run for Your Life (Lennon - McCartney)


THE BEATLES - Drive My Car - 1965
http://youtu.be/0At84hKv53E

元祖ラップといっていいかも。歌の音符がほとんど単一。
にも関わらず全然そんな感じを持たせないところがすごい。

歌詞も面白くて、ドライブが隠語になってるようです。

「ピッピンピッピープィェ~」という掛け声も独特。

この頃のビートルズは、音楽の(特にロックの)常識や定石を上手に乗り越え始めた段階で、
彼らのこれらの足跡が、のちの音楽作りの定石になってくる。まさに名人。名人に定石なし。

そのビートルズの爆発的な大進化の原動力が、おそらくはジョンの、ポールのイエスタデイへの嫉妬。

結果オーライで、このアルバムは、世界的な名盤の一つになりましたとさ。めでたしめでたし。
349名無しさん@おーぷん :2015/06/01(月)09:09:34 ID:gCe
test
350名無しさん@おーぷん :2015/06/01(月)12:37:31 ID:2Xk
>>347
いやあ、こちらこそ大感謝です。

あなたがいなければここまでこのスレは続かなかっただろうとおもいます。
ひとりごとで延々と、というのは大変な苦行ですから。

ここまで続けられたのはひとえにアナタのおかげです。
351名無しさん@おーぷん :2015/06/01(月)18:47:15 ID:yuo
>>348
ありがとうございます m(_ _)m

この曲を日本で出していた「オデオン」という東芝の洋楽レーベルは一応EMI傘下という形態ではあるものの
あっちにある「オデオン」とは別働で、つまり後の東芝EMIという理解でよいらしいです。

カヴァーについては珍しく日本語版の方が英語版よりちゃんとしています。

Paul McCartney & George Michael - Drive My Car LIVE8@2005
http://youtu.be/jHzJcrJA_rQ

Breakfast Club - Drive My Car これ知らないんですが、音と映像でいつ頃のだかは大体判ります
http://youtu.be/TfQzfNGJWNw

Bobby Mcferrin この人は好きでチック・コリアやヨーヨーマとやってるアルバムも持ってます。コンサートも逝きました。
http://youtu.be/oUPiFuIkE8E

Drive My Car - The Hotrats この人達は知らなかったんですが、フツーにいいとおもいます。カヴァーが好きなバンドみたいで、なんか新しいことやってないかと探してみましたが、それはみあたりません。
http://youtu.be/t2Ak9eypq0U
352名無しさん@おーぷん :2015/06/01(月)18:51:24 ID:yuo
※ >>351の「日本語版」「英語版」というのはWikipediaのことです。

もうひとつ、1993のワールドツアーではオープニングだったので、これ貼っときます
http://youtu.be/2Y9x57tBiQs
353名無しさん@おーぷん :2015/06/01(月)22:05:45 ID:bNg
>>351
ホット・ラッツの後半、COOLですねぇ。

Bobby Mcferrin 、これ、知らなかったんですが、いいですね。
うまく言葉が見つからないんだけど、おしゃれというか、かっこいいというか、
ちょっとイイというか。アカペラなのに、そんな感じがしない。
人間の声は、楽器ですね。確信しました。
354名無しさん@おーぷん :2015/06/02(火)08:56:42 ID:9qf
本日はアルバム『ラバー・ソウル』1965年12月3日英国発売(1巡目)

本日の曲は●です。

アナログA面
ドライヴ・マイ・カー - Drive My Car (Lennon - McCartney)
●ノルウェーの森(ノーウェジアン・ウッド) - Norwegian Wood (This Bird Has Flown) (Lennon - McCartney)  
ユー・ウォント・シー・ミー - You Won't See Me (Lennon - McCartney)
ひとりぼっちのあいつ(ノーホエア・マン) - Nowhere Man (Lennon - McCartney)
嘘つき女(シンク・フォー・ユアセルフ) - Think for Yourself (Harrison)
愛のことば(ザ・ワード) - The Word (Lennon - McCartney)
ミッシェル - Michelle (Lennon - McCartney)

アナログB面
消えた恋(ホワット・ゴーズ・オン) - What Goes on (Lennon - McCartney - Starky)
ガール - Girl (Lennon - McCartney)
君はいずこへ(アイム・ルッキング・スルー・ユー) - I'm Looking Through You (Lennon - McCartney)
モノラル・ヴァージョンはステレオ・ヴァージョンに比較してフェード・アウトが多少遅い。
イン・マイ・ライフ - In My Life (Lennon - McCartney)
ウェイト - Wait (Lennon - McCartney)
恋をするなら(イフ・アイ・ニーデド・サムワン) - If I Needed Someone (Harrison)
浮気娘(ラン・フォー・ユア・ライフ) - Run for Your Life (Lennon - McCartney)


単数形なのに、森はないだろうというツッコミから、いろいろな議論が出てきた曲でもあり、
歌詞解釈がこの曲で味わえる面白さといえます。

楽器ではインドのギター(シタールでしたっけ?)。
民族音楽をロックに装着する試みのハシリで、それまでも前衛レベルでは実験されていたけど、
メジャー(売れ線)のアルバムでお目見えしたのはこれがおそらく最初。
355名無しさん@おーぷん :2015/06/02(火)09:04:41 ID:9qf
歌詞について。

・問題提起と解説として
http://ameblo.jp/assistantprofkeyaki/entry-10793775161.html

・上記へのアンサー洞察
http://plaza.rakuten.co.jp/neuron/diary/201402250000/

以上で概略はわかると思います。


上記に補足するとすれば、
「ノルウェイの森」ではなくて「ノルウェイ製の木製家具」。
ノルウェイ製の木製家具は材質が安いため、労働者階級御用達。

要するに、貧乏姉ちゃんに逆ナンパされたけど、やらせてもらえなかったのに腹を立てて
放火したっていうとんでもないアイドルらしからぬ反社会的な歌。

実は、このアルバム、性欲が裏テーマになってるアルバムのようで、昨日のドライブ・マイ・カーは
車に比喩されているものは女体。

そして今日の曲。

そもそも、ラバーソウルの、ラバーってのはコンドーム、ソウルは精髄、根源、命の意味があります。

意味のあるような内容な言葉遊びはビートルズの真骨頂で、
このあたり、ビートルズたちは、かなり意地悪な遊びをやってるようです。
356名無しさん@おーぷん :2015/06/02(火)17:45:41 ID:8LQ
>>354
興味深い考察。詳しく知らないので読みいるばかりですw
素朴な話、普通は「森」だったら“Woods”ですよね。
357名無しさん@おーぷん :2015/06/02(火)17:51:10 ID:8LQ

シタール用いてますが、例の滞在でインドに深く傾倒するのは
1968年ですから、もうちょっと後ですね。

take1~take4
http://youtu.be/OP_FEvAVXdA


暗喩の話を詳しく知ってからカヴァーを聴くと愉しいw

この人が唄うと
ますます何がなんだかわからなくなる
Alanis Morissette
http://youtu.be/A0HeMMkSFHo

Jan & Deanがちゃんとやってます
http://youtu.be/f2mQmLwdnEk

小椋佳みたいになったPeter Frampton
主旋律を歌うとハモって遊べます
http://youtu.be/fm6RIIuRTJc

誰だか知らないけれど本家よりシタールが饒舌
http://youtu.be/gUKF_nucISY

すごくハッキリしたWaylon Jennings版
http://youtu.be/XCbDl5o2Wk8

さて、カヴァーについて英語版のWikipediaから拾ってきた情報を貼っておきます。

Cover versions of the song were performed by many artists,
including Sergio Mendes, Herbie Hancock, Herbie Mann, Count Basie,
Waylon Jennings, Hank Williams Jr., P.M. Dawn, Tangerine Dream,
Frank Marino & Mahogany Rush, Arjen Anthony Lucassen, Jan & Dean,
Buddy Rich, The Clumsy Lovers, Jose Feliciano and Jackie Mittoo,
(mistitled as "Darker Shade of Pale"),
Milton Nascimento and Beto Guedes. The British band Cornershop recorded
a version of the song in the Punjabi language for the album When I Was Born
for the 7th Time. Beach Boys member Brian Wilson has since cited
"Norwegian Wood" as the song from Rubber Soul that inspired him most
to create their 1966 album, Pet Sounds

セルジオ・メンデスのはYouTubeにありましたが、おもしろかったです。
ハービー・マンは好きなアーティストですが、これも1967年のライブ盤が
YouTubeにありますけど良かったです。
他にはBrian Wilsonもやってるみたいですね。Herbie Hancockのも
これはアルバム持ってますけど90年代の典型的なジャズですが、
いずれも貼り付けると全体に長くなるので割愛  m(_ _)m
358357 :2015/06/03(水)06:22:06 ID:qVF
もはようございます m(_ _)m

昨日、カヴァーに夢中になりすぎて本家のを貼り忘れたので

The Beatles - Norwegian Wood (This Bird Has Flown)
http://youtu.be/GGufQk9QOdM
359名無しさん@おーぷん :2015/06/03(水)08:18:57 ID:2UL
本日はアルバム『ラバー・ソウル』1965年12月3日英国発売(1巡目)

本日の曲は●です。

アナログA面
ドライヴ・マイ・カー - Drive My Car (Lennon - McCartney)
ノルウェーの森(ノーウェジアン・ウッド) - Norwegian Wood (This Bird Has Flown) (Lennon - McCartney)  
●ユー・ウォント・シー・ミー - You Won't See Me (Lennon - McCartney)
ひとりぼっちのあいつ(ノーホエア・マン) - Nowhere Man (Lennon - McCartney)
嘘つき女(シンク・フォー・ユアセルフ) - Think for Yourself (Harrison)
愛のことば(ザ・ワード) - The Word (Lennon - McCartney)
ミッシェル - Michelle (Lennon - McCartney)

アナログB面
消えた恋(ホワット・ゴーズ・オン) - What Goes on (Lennon - McCartney - Starky)
ガール - Girl (Lennon - McCartney)
君はいずこへ(アイム・ルッキング・スルー・ユー) - I'm Looking Through You (Lennon - McCartney)
モノラル・ヴァージョンはステレオ・ヴァージョンに比較してフェード・アウトが多少遅い。
イン・マイ・ライフ - In My Life (Lennon - McCartney)
ウェイト - Wait (Lennon - McCartney)
恋をするなら(イフ・アイ・ニーデド・サムワン) - If I Needed Someone (Harrison)
浮気娘(ラン・フォー・ユア・ライフ) - Run for Your Life (Lennon - McCartney)


>>358
>昨日、カヴァーに夢中になりすぎて本家のを貼り忘れたので

自分の書き込みを振り返ったら、音楽そのものを貼り忘れてましたぁwwwwww・・・orz


The Beatles - You Won't See Me
http://youtu.be/BsrQgIQSQSw
360名無しさん@おーぷん :2015/06/03(水)17:16:29 ID:dnH
Wikipediaを読むまでハイハットだけ別録音だなんて知らなかったです。

>>271で名前を挙げたスノー・バードのアン・マレーが昭和49年ごろにヒットさせたのは
よく覚えてます。なにしろ毎日電リク番組でかかってましたから。

Anne Murray
http://youtu.be/s0v1m0GX2Ck

Other covers

The Bee Gees recorded a cover of the song in Australia in 1966.
It first appeared on the album "Inception/Nostalgia" in 1970,
which was only released in Germany, France, and Japan.
http://youtu.be/b1F_LG4IvzM

The song was covered by Bryan Ferry on his 1973 album, These Foolish Things.
http://youtu.be/Z1rFbgTah_4しらなかった

The song was covered in 1967 by The Godz, the New York avant-garde rock group, on their second album.
http://youtu.be/nRHfMaNlVkk 途中でやめてます。よくわからない楽曲。アンソロジーかとおもいました。

Helmut Kollen, the former bassist/vocalist of Triumvirat, six months before dying at 27, recorded an album called "You Won't See Me". It was issued posthumousy and the theme song closes the B-side.
http://youtu.be/e9gla4lbDAs全然知らなかったんですが気に入りました。
The song was not performed live by Paul McCartney until his '04 Summer Tour, with McCartney telling the audience that he had not played the song since recording it 39 years earlier.[8]
http://youtu.be/Rb7x3l7XIAA

The Dave Matthews Band covered the song and played it regularly during the early years of the band in 1993 and 1994.
しかしこれは7th July 1991とあります。一般にスネアがカンカンなのは比較的好きなんですが、この曲に合ってるのかどうか...わかりません
http://youtu.be/k5XkGDGQaZc

In 1974 Anne Renee (fr) covered the Anne Murray version for the Quebec market as "Je veux savoir".
http://youtu.be/KakY2Teq_3c

この人は日本でもシャンソンが好きな人には有名だったらしいですが私は全然知りませんから正直に申告しておきます。そのAnne Reneeさんの他の曲を一応貼っときます。

「トワ・エ・モワ=あなたと私」
https://www.youtube.com/watch?t=22&v=Rbrk2-qv6mE
361名無しさん@おーぷん :2015/06/03(水)17:21:01 ID:dnH
一番最後のリンクは変なタイムコマンド入れてミスったらしいので再掲

Anne Renee(ふらんす) 邦題 あなたと私
http://youtu.be/Rbrk2-qv6mE
362附記 :2015/06/03(水)17:28:36 ID:dnH
The Godzというのはサイケのバンドらしいれす (^p^)
http://en.wikipedia.org/wiki/The_Godz_%28New_York_band%29
363名無しさん@おーぷん :2015/06/03(水)22:18:55 ID:bkv
>>360
すげぇ・・・・・ビージーズがカバーしてたなんて、全然知りませんでした。
本家に如何に忠実でありたくても、どうしても個性って出てしまうもんなんですね。

Bryan Ferry on his 1973
つまらない曲だと思ってたけど、カバーを聴くと、なんと、いい曲じゃあないかって思っちゃいますね。
これぞカバーの存在意義か。。。。

>一般にスネアがカンカンなのは比較的好きなんですが、この曲に合ってるのかどうか...わかりません
いわゆる「味」ですね。私も好きです。


色々カバーを聞かせていただきましたが、本家のがつまらないと思っても、カバー次第で曲が生き返るということもあるんだなと
改めて再認識させていただきました。どうもありがとう。
364名無しさん@おーぷん :2015/06/04(木)08:04:42 ID:oGT
本日はアルバム『ラバー・ソウル』1965年12月3日英国発売(1巡目)

本日の曲は●です。

アナログA面
ドライヴ・マイ・カー - Drive My Car (Lennon - McCartney)
ノルウェーの森(ノーウェジアン・ウッド) - Norwegian Wood (This Bird Has Flown) (Lennon - McCartney)  
ユー・ウォント・シー・ミー - You Won't See Me (Lennon - McCartney)
●ひとりぼっちのあいつ(ノーホエア・マン) - Nowhere Man (Lennon - McCartney)
嘘つき女(シンク・フォー・ユアセルフ) - Think for Yourself (Harrison)
愛のことば(ザ・ワード) - The Word (Lennon - McCartney)
ミッシェル - Michelle (Lennon - McCartney)

アナログB面
消えた恋(ホワット・ゴーズ・オン) - What Goes on (Lennon - McCartney - Starky)
ガール - Girl (Lennon - McCartney)
君はいずこへ(アイム・ルッキング・スルー・ユー) - I'm Looking Through You (Lennon - McCartney)
モノラル・ヴァージョンはステレオ・ヴァージョンに比較してフェード・アウトが多少遅い。
イン・マイ・ライフ - In My Life (Lennon - McCartney)
ウェイト - Wait (Lennon - McCartney)
恋をするなら(イフ・アイ・ニーデド・サムワン) - If I Needed Someone (Harrison)
浮気娘(ラン・フォー・ユア・ライフ) - Run for Your Life (Lennon - McCartney)
365名無しさん@おーぷん :2015/06/04(木)08:08:34 ID:oGT
ジョンが、曲がかけなくて悶々としていたときに、ふとそういう自分を客観的にイメージしたときに
出来上がった曲なんだそうです。

イントロを聴くと、コーラスグループとしてもなかなかいい腕してるバンドだなあと思いました。
一曲くらいアカペラの曲があっても良かったのにな。

The Beatles - Nowhere Man
http://youtu.be/TGGphnDMVDI


そして、この頃から、若い子向けの恋愛歌詞から離れた歌詞が多く見られるようになってくる。
アイドル路線からさらに一段階飛躍はじめた姿を見ることができます。
366名無しさん@おーぷん :2015/06/04(木)18:29:35 ID:tU6
>>365
英語版Wikipediaを覧ても、そういったようなことが書いてあるみたいです。

この曲も惹かれる同業者が多いみたいで、ここに昨日みたいな移し方をすると
なんか汚くなるので今日はやめといてトップのリンクだけ貼っておきます。
http://en.wikipedia.org/wiki/Nowhere_Man_(song)

いくつかあるカヴァーの中で個人的に目に止まったのはドッケンがアコースティックで演ったという記述。
今日は、ちょっと他のをチェックする時間が無くて申し訳ないです、でも聴いてみたら思いの外
良かったのでこれだけ貼らせてください。では。

Dokken - Nowhere Man
http://youtu.be/MJ5g46aZiVg
367名無しさん@おーぷん :2015/06/04(木)18:31:27 ID:tU6
ビートルズのアカペラというのは確かに聴きたかったな
絶対いいに決まってる
368名無しさん@おーぷん :2015/06/04(木)21:48:36 ID:M5T


>>367
>ビートルズのアカペラというのは確かに聴きたかった

ちなみに、アンソロジー収録のでよければ、ありますyo。
http://youtu.be/p1SD7y0cSsY
369名無しさん@おーぷん :2015/06/05(金)08:06:01 ID:Tde
本日はアルバム『ラバー・ソウル』1965年12月3日英国発売(1巡目)

本日の曲は●です。

アナログA面
ドライヴ・マイ・カー - Drive My Car (Lennon - McCartney)
ノルウェーの森(ノーウェジアン・ウッド) - Norwegian Wood (This Bird Has Flown) (Lennon - McCartney)  
ユー・ウォント・シー・ミー - You Won't See Me (Lennon - McCartney)
ひとりぼっちのあいつ(ノーホエア・マン) - Nowhere Man (Lennon - McCartney)
●嘘つき女(シンク・フォー・ユアセルフ) - Think for Yourself (Harrison)
愛のことば(ザ・ワード) - The Word (Lennon - McCartney)
ミッシェル - Michelle (Lennon - McCartney)

アナログB面
消えた恋(ホワット・ゴーズ・オン) - What Goes on (Lennon - McCartney - Starky)
ガール - Girl (Lennon - McCartney)
君はいずこへ(アイム・ルッキング・スルー・ユー) - I'm Looking Through You (Lennon - McCartney)
モノラル・ヴァージョンはステレオ・ヴァージョンに比較してフェード・アウトが多少遅い。
イン・マイ・ライフ - In My Life (Lennon - McCartney)
ウェイト - Wait (Lennon - McCartney)
恋をするなら(イフ・アイ・ニーデド・サムワン) - If I Needed Someone (Harrison)
浮気娘(ラン・フォー・ユア・ライフ) - Run for Your Life (Lennon - McCartney)
370名無しさん@おーぷん :2015/06/05(金)12:08:32 ID:o9g
>>368
しまった、それがありましたねw
あとiTunesで売ってるLOVEにも入ってました
371名無しさん@おーぷん :2015/06/05(金)12:12:03 ID:o9g
The Beatles
http://youtu.be/UilX-LIyLrQ


日本の歌謡曲に影響与えたような感じがします、あとそれから、これを聴くと
財津和夫のチューリップをいつも想い出しますが、そういった逸話や批評を
探し求め確かめたことも無ければそういう具体的な話を聞きかじったわけでもないです。


カヴァーは英語版のwikiによると、この2つ
上のは原曲に比較的忠実ですが下のは歌謡曲とは程遠いようです。

Yonder Mountain String Band covered the track for This Bird Has Flown - A 40th Anniversary Tribute to the Beatles' Rubber Soul in 2005.
http://youtu.be/tn8QSzXFTwM


When Mojo released the CD Yellow Submarine Resurfaces in 2012, the track was covered by Pete Shelley.
http://youtu.be/7DL1k9S-FSE


ちなみに上のを知らないので調べてみましたがプログレッシブ・ブルーグラスというのに分類される音楽を演ってるバンドで、そのバンドからAdam Aijala と Ben Kaufmannの2人が唄と演奏を披露してるものがビートルズのカヴァーよりずっと良かったので
自分が憶えておくために、勝手に貼らせていただきます。私物化してすみません。

She Smiles Like You've Always Been A Friend - KGNU Radio
http://youtu.be/XdiobRsjI8w
372名無しさん@おーぷん :2015/06/06(土)09:29:18 ID:9FN
本日はアルバム『ラバー・ソウル』1965年12月3日英国発売(1巡目)

本日の曲は●です。

アナログA面
ドライヴ・マイ・カー - Drive My Car (Lennon - McCartney)
ノルウェーの森(ノーウェジアン・ウッド) - Norwegian Wood (This Bird Has Flown) (Lennon - McCartney)  
ユー・ウォント・シー・ミー - You Won't See Me (Lennon - McCartney)
ひとりぼっちのあいつ(ノーホエア・マン) - Nowhere Man (Lennon - McCartney)
嘘つき女(シンク・フォー・ユアセルフ) - Think for Yourself (Harrison)
●愛のことば(ザ・ワード) - The Word (Lennon - McCartney)
ミッシェル - Michelle (Lennon - McCartney)

アナログB面
消えた恋(ホワット・ゴーズ・オン) - What Goes on (Lennon - McCartney - Starky)
ガール - Girl (Lennon - McCartney)
君はいずこへ(アイム・ルッキング・スルー・ユー) - I'm Looking Through You (Lennon - McCartney)
モノラル・ヴァージョンはステレオ・ヴァージョンに比較してフェード・アウトが多少遅い。
イン・マイ・ライフ - In My Life (Lennon - McCartney)
ウェイト - Wait (Lennon - McCartney)
恋をするなら(イフ・アイ・ニーデド・サムワン) - If I Needed Someone (Harrison)
浮気娘(ラン・フォー・ユア・ライフ) - Run for Your Life (Lennon - McCartney)
373名無しさん@おーぷん :2015/06/06(土)09:44:25 ID:9FN
>>371 >日本の歌謡曲に影響与えたような感じがします

影響というか、一時的にだけど「塗りつぶされた」という方が正確かも。
それほど怒涛の影響があったようです。特にポップス界で。

演歌や民謡の世界を別とするならば、当時の大衆歌謡界の著名人では
影響を受けなかった人のほうが少ないかも。
(「当時」というのは1960年台後半から70年代前半にかけての数年間です)
影響というよりは、作曲から生き様まで含めてすべての教科書という感じかな。

ていうか、ビートルズはそもそも日本ではシンガーソングライターの先生の扱いと言った方がいいのかも。
それまで日本では分業だったのが、ビートルズ以降に出てきた若者は自分たちで
作詞、作曲、歌、演奏、編曲までこなすようになってきた。版権や著作権管理にもうるさくなってきた。
自分で音楽スタジオを持つ人も出てきてる。矢沢永吉あたりは典型かも。

また、、たとえばフォーライフ(小室等、吉田拓郎、井上陽水、泉谷しげるの4人で創立したことから4ライフが名前の由来)の
創立はアップルの真似。経営まで直接やろうという動きになった。
最も、運営はなかなかうまくはいかないんだけど、とにかくビートルズ以後は音楽業界のシステムまで含めて、
かなり変わったのは事実のようです。
374名無しさん@おーぷん :2015/06/06(土)15:22:12 ID:9EF
The Beatles
http://youtu.be/5bZaH0C2iwk

Covers:

13th Floor Elevators サイケってすごいですね
全然分野は異なりますけど友川かずきを一瞬彷彿とさせるものをシャウトに感じました
http://youtu.be/FumrxU1vDyk

Mindy Smith - This Bird Has Flown A 40th Anniversary Tribute to the Beatles' Rubber Soul 2005
http://youtu.be/TTkWm-Arf_I

Blue Man Group 言葉は要らないおもしろさ
http://youtu.be/Ir9novraMLo
375名無しさん@おーぷん :2015/06/06(土)15:31:49 ID:9EF
>>373
ビートルズ全般として勿論そうですが、「嘘つき女 - Think for Yourself -」
という楽曲単体に対して何故だか特に感じるところが>>371だったと
申したかったのですが、まあそれは自分で言っておきながら
こう申すのもなんですが非常にどうでもいいですw

ところでフォーライフといえば、あの会社に関する後日譚を、ここ10年ほど
五月雨的に創立者達から耳にしますが、当時流れた憶測とは随分ちがう話も
あったりして、誰か一冊の本に纏めてくれたら買います。
376名無しさん@おーぷん :2015/06/06(土)16:14:45 ID:9EF
>>373
60年代後半から70年代前半の音楽業界について勿論直接は知らず、知る限りの
貧弱な知識ですが、ビートルズは当然そうだとして、あと米軍基地の存在が大衆音楽の発展に
大きく作用したような印象を覚えます。

ジャズを専門にしてたアーティストやクレイジーキャッツや、それから当時ムード歌謡をレパートリーに
してた歌手の中にもベース回りしてた人が大勢いたと色々聞いたり本や雑誌で目にしたりしましたが、
吉田拓郎もその一人だったようですね。あとGSだとミッキー吉野のような人が当時どうやって新しい
音楽を憶えキャンプで披露していたか、最近たまたまNHKの深夜放送で知って興味深く聴いたり....
まだまだ知らないことが多いようです。
377名無しさん@おーぷん :2015/06/07(日)10:18:42 ID:IM7
>>374
13th Floor Elevators
かっこいいですね。本家よりよさ気ですw

Blue Man Group 知らなかった。なかなか面白いっすね。
こういう歌詞の紹介は初めて見ました。


>>375
youtubeで、吉田拓郎が結構語ってましたね。アルフィーが聞き手になって。
あれ聞いてて経営の大変さや人気のあやふやさ不可思議さを改めて感じました。

たとえば・・・
吉田拓郎が2代目フォーライフレコードの社長になった苦労話
http://youtu.be/ud58eudQVwg

youtubeって同類のネタが選択肢にずらずら並ぶので、ちょっとチェックすれば芋ヅル式に聞けると思います。


>>376
>米軍基地の存在が大衆音楽の発展に大きく作用した
1950年代に特に色濃いですね。
米軍基地といえば極東放送局(ファーイーストネットワーク)がセンスあふれるラジオでした。
今はAFNに名称変更になってるようです。

たとえば、ジョンレノンが射殺された直後、FENでは間髪をいれずジョンレノン特集をやったんですが、その内容がすごい。
一切の説明を入れず、CMも入れず、ただひたすらジョンの作品を次から次へと流し続けていた。
おそらく丸一日やったんじゃないかな。
DJの言葉も曲の紹介も一切入らなかったんですが、最高の哀悼の表現だったと感じ入りました。

一方、日本のテレビ番組は最低最悪。事件の数日後に特番扱いでジョンレノン追悼特集とか銘打ったのはいいけれど、
レット・イット・ビーとかジョンの作品として流す体たらく。
たしかにあれはレノン&マッカートニーの作品だけど、あれはジョンじゃなくて、ポールの作品だろうっての。
一方のFENではきちんと、ジョンの作品だけを選別して流していた。
こういうところに、センスの違いをひしひしと感じたのを覚えてます。
378名無しさん@おーぷん :2015/06/07(日)10:19:14 ID:IM7
本日はアルバム『ラバー・ソウル』1965年12月3日英国発売(1巡目)

本日の曲は●です。

アナログA面
ドライヴ・マイ・カー - Drive My Car (Lennon - McCartney)
ノルウェーの森(ノーウェジアン・ウッド) - Norwegian Wood (This Bird Has Flown) (Lennon - McCartney)  
ユー・ウォント・シー・ミー - You Won't See Me (Lennon - McCartney)
ひとりぼっちのあいつ(ノーホエア・マン) - Nowhere Man (Lennon - McCartney)
嘘つき女(シンク・フォー・ユアセルフ) - Think for Yourself (Harrison)
愛のことば(ザ・ワード) - The Word (Lennon - McCartney)
●ミッシェル - Michelle (Lennon - McCartney)

アナログB面
消えた恋(ホワット・ゴーズ・オン) - What Goes on (Lennon - McCartney - Starky)
ガール - Girl (Lennon - McCartney)
君はいずこへ(アイム・ルッキング・スルー・ユー) - I'm Looking Through You (Lennon - McCartney)
モノラル・ヴァージョンはステレオ・ヴァージョンに比較してフェード・アウトが多少遅い。
イン・マイ・ライフ - In My Life (Lennon - McCartney)
ウェイト - Wait (Lennon - McCartney)
恋をするなら(イフ・アイ・ニーデド・サムワン) - If I Needed Someone (Harrison)
浮気娘(ラン・フォー・ユア・ライフ) - Run for Your Life (Lennon - McCartney)
379名無しさん@おーぷん :2015/06/07(日)10:26:54 ID:IM7


・Paul Mccartney Michelle(解散後)
http://youtu.be/XOKIw1G0kLQ


・坂崎幸之助のビートルズサウンド解説(45秒目辺りから2分33秒目まで)
http://youtu.be/jqhFbg9IeyQ


・カバー
フィリピンパブでのセッションみたいな雰囲気
The Beatles - Michelle [Cover] by Almadà
http://youtu.be/d8LRwMGN30Q
380名無しさん@おーぷん :2015/06/07(日)10:38:09 ID:IM7
本家、歌詞付き
The Beatles - Michelle (With lyrics)
http://youtu.be/BKvee-w0uBc


ハーモニー分析、いつものおっさんです
How To Sing Michelle Beatles Vocal Harmony Lesson Tutorial
http://youtu.be/cUKinpqEeAM


コーラスのおっさん、ギター教習も始めちゃいました?
How to REALLY play Michelle on guitar like the Beatles Lesson Tutorial
http://youtu.be/sgB4TvwUS6g
381名無しさん@おーぷん :2015/06/07(日)11:22:03 ID:82B
>>377
吉田先生の動画、まず絵柄がツボなのもさることながら、経営者としての苦労話には涙がw
あの当時は小室等の音楽夜話にもキャンディーズが出たりしてましたが、そういう伏線があったわけですね。偉大なり。

あとジョン・レノンが撃たれたときのFEN、私も聴いてましたよ。おなじく、他の局もあちこち探し回ってFENに落ち着きました。
数日して整った構成で流すようになったのは、憶えてる限りですが、湯川れい子が午後4:00からNHK-FMでやってた番組ぐらいだったか。
382名無しさん@おーぷん :2015/06/07(日)11:39:58 ID:82B
>>379
スタジオだとフェードアウトの録音になってるものを生でやるとき
どう料理するか、というのは聴く側としての期待のひとつですが
客の反応も含め自然なのは楽に耳に入って気分いいです。

坂崎こうのとり先生のレクチャー、おもわず最後まで見入りました。
基礎知識無いので楽理的な深い理解は到底ムリなんですが、とにかく聴いてて愉しい。
個人的には原田真二が「キャンディ」という曲を出したとき、この曲想い出しましたけど、それはどうでもよいとして。

三つ目。ふぃりぴんぱぶwwwwサックスといい終わり方といいwww
でも聴けますね。深酒してるとき、このサックスが耳に入ったら変な風に回りそうですけど。
383名無しさん@おーぷん :2015/06/07(日)11:59:07 ID:82B
>>380
オリジナル録音は、個人的に、これ実に様々なシチュエーションで耳にした曲なので何も考えず脳裡にフラッシュバックするものと一緒に味わう曲の一つです。


コーラスの先生は眼のまわりに勤勉さが出ているとお見受けしますが、それとも生まれつきなのか...
いつ聴いても期待以上に鮮やかで、失礼ながら、やはりこの人すごいですね
ギターは、この場合坂崎先生とあきらかに違うことやってるようですが、ポール・マッカートニーはどうやっているのでしょうか
おもわずリンク踏んでHere Comes The Sunもついでに聴きましたけど、これだけ色々教えて貰ったらDonationしなきゃだめかなあw

楽しかった、本日もありがとうございました。
384名無しさん@おーぷん :2015/06/08(月)08:35:26 ID:Pxz
本日はアルバム『ラバー・ソウル』1965年12月3日英国発売(1巡目)

本日の曲は●です。

アナログA面
ドライヴ・マイ・カー - Drive My Car (Lennon - McCartney)
ノルウェーの森(ノーウェジアン・ウッド) - Norwegian Wood (This Bird Has Flown) (Lennon - McCartney)  
ユー・ウォント・シー・ミー - You Won't See Me (Lennon - McCartney)
ひとりぼっちのあいつ(ノーホエア・マン) - Nowhere Man (Lennon - McCartney)
嘘つき女(シンク・フォー・ユアセルフ) - Think for Yourself (Harrison)
愛のことば(ザ・ワード) - The Word (Lennon - McCartney)
ミッシェル - Michelle (Lennon - McCartney)

アナログB面
●消えた恋(ホワット・ゴーズ・オン) - What Goes on (Lennon - McCartney - Starky)
ガール - Girl (Lennon - McCartney)
君はいずこへ(アイム・ルッキング・スルー・ユー) - I'm Looking Through You (Lennon - McCartney)
モノラル・ヴァージョンはステレオ・ヴァージョンに比較してフェード・アウトが多少遅い。
イン・マイ・ライフ - In My Life (Lennon - McCartney)
ウェイト - Wait (Lennon - McCartney)
恋をするなら(イフ・アイ・ニーデド・サムワン) - If I Needed Someone (Harrison)
浮気娘(ラン・フォー・ユア・ライフ) - Run for Your Life (Lennon - McCartney)
385名無しさん@おーぷん :2015/06/08(月)17:33:57 ID:6BG
本家 ごく普通のカントリー調  白状すると、この曲殆ど聴いたことないです
http://youtu.be/fgAa9Y8SIIY


In 2005, Sufjan Stevens covered the song on the compilation This Bird Has Flown - A 40th Anniversary Tribute to the Beatles' Rubber Soul. Stevens' version only keeps the lyrics of the original, as he takes his own interpretation on the melody and arrangement.

Sufjan Stevens 説明のとおり完全に違うものに...
http://youtu.be/XTU71xoradg

In 2006 and 2008, Starr performed "What Goes On" live with each year's All Starr Tour.

リンゴさん自身によるカヴァー
http://youtu.be/BLp0Z5TCsOc


In 2013 DJ Steve Funk covered the song solo acoustic in 3/4 waltz time.
      ↑
これ聴きたかったんですが、みつからなかったです m(_ _)m
386名無しさん@おーぷん :2015/06/08(月)17:37:56 ID:6BG
>>384
ドイツ時代も含めビートルズの曲で耳に残ってない曲は絶無と自負しておりますが
ここまで何も脳裡に蘇らない曲は他に無いかもしれません。
でも良い曲ですね、特にリンゴ・スター自身によるカヴァーは何というか祝福されている感じが観てて楽しい。

あいも変わらず主観性の高い所感で恐縮です
387名無しさん@おーぷん :2015/06/09(火)08:38:13 ID:ToB
リンゴのカバーは、リンゴという歌手が歌ってるけど
ビートルズのリンゴは、ドラマーが歌を歌わされてたっていう感じ。

その違いがよくわかる素材だと思います。

Sufjan Stevensのカバーは、これぞカバーって感じで
なかなかいいですね。

個人的にはカバーというのは本家を意識しつつ新しい価値を創造していかないと
カバーの意味は無いと思ってるんで、その意味でも秀逸なカバーだったと思います。

それにしてもよく見つけましたね。

>これ聴きたかったんですが、みつからなかったです
アナタが見つけられないものなら、私にはとうてい無理でしょう。
案の定、みつかりませんでした。ごめんね。
388名無しさん@おーぷん :2015/06/09(火)08:38:49 ID:ToB
本日はアルバム『ラバー・ソウル』1965年12月3日英国発売(1巡目)

本日の曲は●です。

アナログA面
ドライヴ・マイ・カー - Drive My Car (Lennon - McCartney)
ノルウェーの森(ノーウェジアン・ウッド) - Norwegian Wood (This Bird Has Flown) (Lennon - McCartney)  
ユー・ウォント・シー・ミー - You Won't See Me (Lennon - McCartney)
ひとりぼっちのあいつ(ノーホエア・マン) - Nowhere Man (Lennon - McCartney)
嘘つき女(シンク・フォー・ユアセルフ) - Think for Yourself (Harrison)
愛のことば(ザ・ワード) - The Word (Lennon - McCartney)
ミッシェル - Michelle (Lennon - McCartney)

アナログB面
消えた恋(ホワット・ゴーズ・オン) - What Goes on (Lennon - McCartney - Starky)
●ガール - Girl (Lennon - McCartney)
君はいずこへ(アイム・ルッキング・スルー・ユー) - I'm Looking Through You (Lennon - McCartney)
モノラル・ヴァージョンはステレオ・ヴァージョンに比較してフェード・アウトが多少遅い。
イン・マイ・ライフ - In My Life (Lennon - McCartney)
ウェイト - Wait (Lennon - McCartney)
恋をするなら(イフ・アイ・ニーデド・サムワン) - If I Needed Someone (Harrison)
浮気娘(ラン・フォー・ユア・ライフ) - Run for Your Life (Lennon - McCartney)
389名無しさん@おーぷん :2015/06/09(火)08:41:08 ID:ToB
息を吸い込む鼻息の音(ノイズ)を楽器扱いにしちゃったところがこの曲の最大のセールスポイントかな。

あとバックコーラスが淫猥で、翻訳すると「オッパイ、オッパイ、オッパイ」
音と効果を優先した翻訳にすると「膣、膣、膣」という感じかな

このアルバムはある意味、猥褻という意味ですでにトータルアルバムだったかもw
390名無しさん@おーぷん :2015/06/09(火)16:53:18 ID:A8w
THE BEATLES
http://youtu.be/HC4Tb727aGA

英語版ウィキペディアでも表記されてないばかなことが日本語版に書いてある。
殊この曲に関する限り日本語版の方がレベルは高いようです。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AC%E3%83%BC%E3%83%AB

In English
http://en.wikipedia.org/wiki/Girl_(Beatles_song)


大昔、ニッポン放送の周波数が1240KHzだった時代「夜のドラマハウス」という番組があって週毎にテーマを決め日替わりで流すラジオドラマだったんですが、この曲がテーマになったりしてました。さすがに具体的な内容までは憶えてないです。

いつもの先生 前半三分にわたる解説が、ひときわアツいです
http://youtu.be/fusppHRXZQY
391名無しさん@おーぷん :2015/06/09(火)16:56:45 ID:A8w
。。。さあ、カヴァーでも漁ろうかな。全部チェックしてくださらなくても結構です。
ヒマでヒマでしょうがないときにでもどぞ。 >当スレを御覧の方、たまたま見つけた皆々様


Dalida recorded "Girl" in Italian and released it as "Amo" on her 1967 Italian album Piccolo Ragazzo. 日本ではTVジョッキー(土居まさる時代)のテーマになってた「傷ついた小鳥 -Ils ont change ma chanson-」 を歌ってた歌手。アラン・ドロンとのデュエットでも有名でした。

Dalida なんかちがうけど、こんなもんでしょうか(※以下いずれも個人の感想です)
http://youtu.be/h78ufQsH-SE

Johnny Hallyday recorded "Girl" in French and released it as "Je l'aime" in 1967こっちはかっこいい。アンニュイ感微減。
http://youtu.be/0o1WYOpOlNI

Cathy Berberian included it in her 1967 album Beatles Arias
リリカルなイントロに颯爽としたアリアの歌唱。これを日本に喩えると拍子木入れた歌舞伎に変換したぐらいになるのだろうか。
http://youtu.be/oEUX6oPFZm8

Jim Sturgess sang "Girl" in the film musical Across the Universe
ミュージカルは急に踊り出したりして基本的に苦手なんですが、このぐらいなら...
http://youtu.be/pNVlfy4SWDo

Rhett Miller recorded a version of "Girl" that can be found on the album This Bird Has Flown ? A 40th Anniversary Tribute to the Beatles' Rubber Soul
http://youtu.be/74XZdcW5aZ4

St. Louis Union recorded a cover version in 1965, that was released in January 1966, and reached #11 on the UK Singles Chart
英語の説明ではヒットしたと書いてあります。このサウンドを聴くと昭和40年代前半の日本を想い出すという倒錯w
http://youtu.be/GQpZCOQ3f5U

Tiny Tim recorded a dramatic reinterpretation with the band Brave Combo in 1996
。。。。変態だなー
http://youtu.be/eL0Xq03eZWw

The Truth recorded a cover version on the Pye label (7N.17035) in 1966 (b/w "Jailer Bring Me Water")
フツーにいいです
http://youtu.be/WL5SAYsTUtc
392名無しさん@おーぷん :2015/06/09(火)16:57:05 ID:A8w
Ronnie Von recorded a Portuguese version called "Meu Bem" in 1966; his version was released in Brazil before The Beatles version, and made such success that when The Beatles version arrived, the radios used to do this announcement: "And now Ronnie Von's song 'Girl' in the voice of The Beatles"

ポリドールレコードから発売の「Von」という歌手の唄。いちばん凄かった時代の竹中直人がやりそうなシチュエーション。
http://youtu.be/1B80xoPa-Z4

Serj Tankian has covered the song live numerous times
上品なMCと演奏
http://youtu.be/OiXlLyICmwc

Joe Jackson covered the song on numerous stops on his 2003 tour for Volume 4, and this version appeared on the bonus disc of Afterlife

若くして死したジョン・レノンに言及し思いを致すジョー・ジャクソン。最初若干堅いんですが段々よくなってます。
http://youtu.be/cVJ8tKvpmE4

Roberts Gobzi?? recorded a version of the song with Latvian lyrics, appearing on his first album in 1993
ラトビアの人なのでしょうか。YouTubeには見つからなかったので割愛。他の曲ならあるようです。

Chris de Burgh covered the song in his 1995 album "Beautiful Dreams"
With Nick Ingman & London Session Orchestra
http://youtu.be/bk1SyRY_99g

Paul Carrack recorded the song for his 2007 album "Old, New, Borrowed and Blue"
綺麗な仕上がり
http://youtu.be/YP3ipQcCntg
393名無しさん@おーぷん :2015/06/09(火)22:01:06 ID:ToB
いやあ楽しかったです。ありがとうございました。堪能しました。

こうやってカバーを聴いてみると、この曲は古典になってるんだなあって改めて感じ入る次第です。
あと、意外と英語じゃない地域(フランスとかイタリアとか)の語調のほうが
この曲にはフィットしてるのかな、なんて思ったりもしました。


ビートルズ本家の曲に話を戻すと、
この曲は、電波の届きにくいAMラジオで聴くとものすごく味が出る曲だったりします。
ゲルマニウムラジオで聴いたりすると特に余韻が残る曲、とでも申しましょうか。

曲の立ち位置の話をすると、この頃のジョンは、
デビュー当時のアイドルを脱皮して、ミュージシャンとして完成した段階の曲なのかなあという感じもしますね。
アーチストとして大輪の花を咲かせるのはもう少し先だけど、その予兆のにおいがぷんぷんとする熟成状態ではあります。
394391 :2015/06/09(火)23:27:33 ID:2Mn
>>393
やはりそうでしたか。
ラテンの方がフィットしてるのではという感じは確かに覚えました。楽理的に解析して具体的に説明するほどの知識が無いのでもどかしいw


>電波の届きにくいAMラジオ

それわかります。自分の場合は、もしかすると、冬の夜になると中波を伝えやすくする電離層の影響で
比較的良好に聞こえてくるDX(遠方)局を探索したシチュエーションの記憶なんかも相俟ってのことかもしれませんが。

あるいは、季節や昼夜関係なく感度が鈍いラジオで聴いた記憶が耳に強く焼き付く楽曲が邦楽にもあったりします。
395391 :2015/06/09(火)23:41:37 ID:2Mn
>>391の3曲目にあるアリアを聴いててふと思いだしたことがあって詳しくは憶えてないんですが、
70年代の後半にビートルズの楽曲をクラシック調にアレンジしたものが出て話題になったことがあります。

この曲も楽曲に盛り込まれたアイデアや構成やジョン・レノンの表現力が相乗的に合わさって
多くの同業者さん達を刺激したのでしょうか。
396名無しさん@おーぷん :2015/06/10(水)09:10:48 ID:7NT
>>395

>70年代の後半にビートルズの楽曲をクラシック調にアレンジしたものが出て話題になったことがあります。

70年台はロックとクラッシックの融合が進んだ年代でもあるようです。
展覧会の絵をエレキギターで演奏するなど、多種多様な実験が繰り広げられていたようですね。

実験といえば、都会の雑音も楽器の音扱いする動きもあって、たとえばレジのガラガラチーンの音を
エンドレステープにすることによって電気的ドラムに位置づける曲があったりします。
更には沈黙も音楽の一種とする動きもあって、このあたりになると、前衛が極まりますが、
そういう時代だったんでしょうね。


>多くの同業者さん達を刺激したのでしょうか。

名曲はカバー数が多いですね。その意味でもガールは、一級品だと言っていいかもしれません。
397名無しさん@おーぷん :2015/06/10(水)09:16:44 ID:7NT
本日はアルバム『ラバー・ソウル』1965年12月3日英国発売(1巡目)

本日の曲は●です。

アナログA面
ドライヴ・マイ・カー - Drive My Car (Lennon - McCartney)
ノルウェーの森(ノーウェジアン・ウッド) - Norwegian Wood (This Bird Has Flown) (Lennon - McCartney)  
ユー・ウォント・シー・ミー - You Won't See Me (Lennon - McCartney)
ひとりぼっちのあいつ(ノーホエア・マン) - Nowhere Man (Lennon - McCartney)
嘘つき女(シンク・フォー・ユアセルフ) - Think for Yourself (Harrison)
愛のことば(ザ・ワード) - The Word (Lennon - McCartney)
ミッシェル - Michelle (Lennon - McCartney)

アナログB面
消えた恋(ホワット・ゴーズ・オン) - What Goes on (Lennon - McCartney - Starky)
ガール - Girl (Lennon - McCartney)
●君はいずこへ(アイム・ルッキング・スルー・ユー) - I'm Looking Through You (Lennon - McCartney)
モノラル・ヴァージョンはステレオ・ヴァージョンに比較してフェード・アウトが多少遅い。
イン・マイ・ライフ - In My Life (Lennon - McCartney)
ウェイト - Wait (Lennon - McCartney)
恋をするなら(イフ・アイ・ニーデド・サムワン) - If I Needed Someone (Harrison)
浮気娘(ラン・フォー・ユア・ライフ) - Run for Your Life (Lennon - McCartney)


ポールの歌。
「君」とは、当時付き合っていたジェーン・アッシャーのこと。

当時、ポールは婚約者ジェーンの家に居候してたんだけど、彼女がいない時には
自分のファンをそこに連れ込んで、ラブホテルとして利用してたんです。

ある日、急な業務上の予定変更があってジェーンが自宅に帰ってみると、
自分の家の中の一角のポールの部屋から、ギシギシアンアン・ギシアンアン。
ポールは家から叩き出され、婚約破棄。
以後はジェーンに付き合ってもらえなくなってしまった模様。

そんなジェーンに対してポールが不満をぶつけている歌です。
欲求不満が爆発してる曲調だけど、客観的にはどう見てもポールさんの自業自得ですわ。
398名無しさん@おーぷん :2015/06/10(水)18:51:33 ID:2zr
。。。はい、ポールさんも苦労してたんですね。

この曲も他のいくつかの曲同様いくつものテイクがあって、
ちなみに私が最初に聞きおぼえたのはイントロでギターがつっかえるステレオ盤だったので、随分長い間、そういう表現なのだろうと思ってました。

The Beatles - I'm Looking Through You (2009 Stereo Remaster)
http://youtu.be/_6GeqjKif8g


The Beatles - I'm Looking Through You (Anthology 2 [Disc 1])
マラカスちゃきちゃき1
http://youtu.be/65uTyU48K-8
399名無しさん@おーぷん :2015/06/10(水)18:52:05 ID:2zr




ここに気が向くとカヴァー群を貼るのは一体どういうつもりなのかというと、
後で自分で楽しむ備忘録も兼ねてます。

Mark Heard covered the song on his album Second Hand(1991). カントリー調
http://youtu.be/__ir2yYufPI


The Wallflowers recorded a version of the song for the film I Am Sam, whose soundtrack was composed entirely of contemporary Beatles covers.
http://youtu.be/2Y_B_2cLizo


Ted Leo and the Pharmacists recorded a version of the song for the 2005 release of This Bird Has Flown - A 40th Anniversary Tribute to the Beatles' Rubber Soul, an album composed of Beatles covers by various artists.
http://youtu.be/wLu6v3fK3uQ


The Muppets team performed a cover of the song for a special Halloween episode (guest starring Vincent Price) in season one of The Muppet Show. A pun was added to the song with the fact that the performing Muppets were ghosts.
^^;
http://youtu.be/7bFe2Yg6RFg


Davey Graham covered this on his 1966 album Midnight Man.
この人のその曲が無いので、しょうがないから、代わりに何故かアート・ブレイキーのmoanin'をカヴァーしたのを勝手に置いておきます。この人のも聴きたかった。
http://youtu.be/fSOZxUDED9c


The Punkles did a cover of this song on their third album Pistol.
パンクルズのも無い。まあ、この人達のは大体想像がつくからいいや。

Tyler Hilton covers the song on the soundtrack for the film Imagine That.
http://youtu.be/yDbDJqngv6w

Roberta Flack recorded a version of the song for her Beatles tribute album, Let It Be Roberta: Roberta Flack Sings the Beatles, released in 2012. Her version is available in a deluxe edition of the album sold on Amazon.com.
これも聴きたいけどYouTubeには無かった。

Steve Earle covered the song on his album Train a Comin'.
かこええ
http://youtu.be/sTxC5XrDc3E

The Fab Four イントロのつっかえを忠実に再現
http://youtu.be/-Qg5lGNchYM
400名無しさん@おーぷん :2015/06/10(水)18:54:20 ID:2zr
特にギター弾く人を惹き付ける何かがあるらしく、YouTubeなどには
アマチュアの人が唄うものが沢山うpされてるようで、それを漁っていると
暫く退屈しないw フツーにいい曲だとおもいます。
401名無しさん@おーぷん :2015/06/11(木)09:12:46 ID:iIF
カバーの曲のほうが、どうもポールの曲より聴きやすくていいですね。
さらっと流すとこの曲はけっこういいのかも。

ポールの憤怒のこもった歌い方が聴きにくくしてるのかな。
ちなみに個人的には、ゴーストバージョンがツボでした。
特に合いの手が自然でよかった。(個人の感想です)

本日はアルバム『ラバー・ソウル』1965年12月3日英国発売(1巡目)

本日の曲は●です。

アナログA面
ドライヴ・マイ・カー - Drive My Car (Lennon - McCartney)
ノルウェーの森(ノーウェジアン・ウッド) - Norwegian Wood (This Bird Has Flown) (Lennon - McCartney)  
ユー・ウォント・シー・ミー - You Won't See Me (Lennon - McCartney)
ひとりぼっちのあいつ(ノーホエア・マン) - Nowhere Man (Lennon - McCartney)
嘘つき女(シンク・フォー・ユアセルフ) - Think for Yourself (Harrison)
愛のことば(ザ・ワード) - The Word (Lennon - McCartney)
ミッシェル - Michelle (Lennon - McCartney)

アナログB面
消えた恋(ホワット・ゴーズ・オン) - What Goes on (Lennon - McCartney - Starky)
ガール - Girl (Lennon - McCartney)
君はいずこへ(アイム・ルッキング・スルー・ユー) - I'm Looking Through You (Lennon - McCartney)
●イン・マイ・ライフ - In My Life (Lennon - McCartney)
ウェイト - Wait (Lennon - McCartney)
恋をするなら(イフ・アイ・ニーデド・サムワン) - If I Needed Someone (Harrison)
浮気娘(ラン・フォー・ユア・ライフ) - Run for Your Life (Lennon - McCartney)
402名無しさん@おーぷん :2015/06/11(木)09:18:49 ID:iIF
今日の曲は、ジョンもポールもお気に入りの曲で、お互いに「俺が中心となって作った」と、主張しあってます。

ビートルズ解散後、「レノン=マッカートニー」の曲のうち、どれがジョンでどれがポールなのか、
合作の場合どの当たりがジョンでどの当たりがポールなのかについて、お互いがそれぞれ語っています。

殆どの曲については問題なく合意ができているんですが、インマイライフと後もう一曲(忘れたw)が、お互いに自分の曲だと自己主張してます。

ビートルズの場合、メインボーカルを取るほうがだいたい主たる作曲者の場合が多いのと
歌詞については「We」の世界観なのがポール、「I」とか「You」とか、個人の世界観なのがジョンと、だいたい見当をつけることができる。
なので、お互いに主権を主張しあってるこの曲は珍しい立ち位置にあると言えそうです。

個人的には、ジョンのボーカルなんで、主としてジョンの曲だろうなと思います。
403名無しさん@おーぷん :2015/06/11(木)10:22:33 ID:l74
>>401
>憤怒のこもった

wwそういわれてみれば、憤懣遣る方ないようにも聞こえてきますwww

さて今日は、夕べ時間のあるとき作ったレスを次に貼っときます。
カヴァーのソースはココですが、さわりの部分しか聴いてないのもあるのでヒマな人は御自分でいいのを探してみてください。
http://en.wikipedia.org/wiki/In_My_Life#Cover_versions

ではまず本家から

The Beatles
http://youtu.be/lN4BqEvb18M
404名無しさん@おーぷん :2015/06/11(木)10:22:56 ID:l74
Covers:

One of the more noteworthy cover versions was one by Bette Midler in 1992, released from the soundtrack of her 1991 movie For the Boys. It peaked at #20 on the Billboard Adult Contemporary chart in the US.
http://youtu.be/v8GoKTRMMko

This version also appeared as background music for a tribute to NASCAR on ABC at the end of the 2000 Brickyard 400 which was the final broadcast of NASCAR on ABC until 2007

どれも聴き応えがあり銘記すべき価値のあるカヴァーなんだとおもいますが、敢えて独断と偏見で選ばせていただきます。なにしろ多すぎて、これでも削ったんです。すみません。


Judy Collins recorded the song as the title cut of a 1966 hit LP.
http://youtu.be/13uK6uRrhPk

Twiggy performed the song on her guest star appearance on The Muppet Show (1976) http://youtu.be/DeIVgpoXUJQ

Stephen Stills covered "In My Life" on his album, Stills Alone, in 1991.
http://youtu.be/wmz_Ei-ht-s

Crosby, Stills, & Nash, the folk rock supergroup, also covered "In My Life" on their seventh studio album, After the Storm, in 1994.
http://youtu.be/nhY0xLh40ks

Dusan Prelevic released a cover of the song on his 1996 album Ja, Prele.
http://youtu.be/qqTxllNMOyM

Ozzy Osbourne covered this song for his tribute album Under Cover in 2005.
http://youtu.be/kRgGkSPzGek

Chantal Kreviazuk's cover was used as the theme song for the series Providence.
http://youtu.be/WcchRhFUMF8

Sean Connery recorded a version for George Martin's In My Life album.
ショーン・コネリー先生による朗読
http://youtu.be/eJ4LJE9PktY

Jake Shimabukuro released a Ukelele interpretation on his album My Life in 2007 http://youtu.be/vOR6tA_PN3E

Al Di Meola covered the song on his 2013 CD All Your Life.
http://youtu.be/aOGb9bnbcOE

Metallica covered the song during their acoustic set at MusiCares MAP Fund Benefit in 2014.
http://youtu.be/h48BX7OSofk



他にも沢山いいのがあってどれも甲乙つけがたい。たまたまよく知ってるアーティストや際だった特徴があるとおもったものだけをチョイスして貼ってみました。
405名無しさん@おーぷん :2015/06/12(金)08:54:41 ID:iVT

本日はアルバム『ラバー・ソウル』1965年12月3日英国発売(1巡目)

本日の曲は●です。

アナログA面
ドライヴ・マイ・カー - Drive My Car (Lennon - McCartney)
ノルウェーの森(ノーウェジアン・ウッド) - Norwegian Wood (This Bird Has Flown) (Lennon - McCartney)  
ユー・ウォント・シー・ミー - You Won't See Me (Lennon - McCartney)
ひとりぼっちのあいつ(ノーホエア・マン) - Nowhere Man (Lennon - McCartney)
嘘つき女(シンク・フォー・ユアセルフ) - Think for Yourself (Harrison)
愛のことば(ザ・ワード) - The Word (Lennon - McCartney)
ミッシェル - Michelle (Lennon - McCartney)

アナログB面
消えた恋(ホワット・ゴーズ・オン) - What Goes on (Lennon - McCartney - Starky)
ガール - Girl (Lennon - McCartney)
君はいずこへ(アイム・ルッキング・スルー・ユー) - I'm Looking Through You (Lennon - McCartney)
イン・マイ・ライフ - In My Life (Lennon - McCartney)
●ウェイト - Wait (Lennon - McCartney)
恋をするなら(イフ・アイ・ニーデド・サムワン) - If I Needed Someone (Harrison)
浮気娘(ラン・フォー・ユア・ライフ) - Run for Your Life (Lennon - McCartney)

たくさんのカバー投稿ありがとうございます。
感想は、プリーズちょっとwaitです。
406名無しさん@おーぷん :2015/06/12(金)11:50:15 ID:tqr
>>405
感想は気が向いたときだけでもいいです^^
毎日全部聴けるほどコンスタントにヒマなわけないですからw

こっちも実は気が向いたとき作り溜めしたのを出してるだけですので、どうかお気なさらずお願いします m(_ _)m
407名無しさん@おーぷん :2015/06/12(金)12:42:56 ID:tqr
The Beatles
http://youtu.be/HcNpeG8DRkU



カヴァー:

A cover version was issued as a single by Frankie Vaughan but failed to chart.
朗々と歌い上げます。ダイナミックな演奏とコーラス。
http://youtu.be/BMMqk2eLWxI

A cover by husband and wife duo Sam Lakeman and Cara Dillon was included on the 2006 compilation Rubber Folk.
可憐。
http://youtu.be/0Xji7H8LTcw


Supergroup Yellow Matter Custard also covered the song.
ドリーム・シアターのマイク・ポートノイ(ds)、元スポックス・ビアードのニール・モーズ(key)、元MR.BIGのポール・ギルバート(g)、セッション・ミュージシャン、マット・ビソネット(b) こんなライブに行ってみたい。
http://youtu.be/14Q9qUdFfGU


Ben Kweller ft albert hammond jr did a cover of the song.
アルバート・ハモンドの息子が音楽業に携わってたのは全然気づかなかったです。
http://youtu.be/yw-1g1DLwWM
ストロークス。気づかなかったw 迂闊だったww
http://www.sonymusic.co.jp/artist/thestrokes/

Bettye LaVette recorded a cover of the song on her 2015 release "Worthy".
シブい。ポール・マッカートニーコンサートの開演直前にかかってもよさそう。
http://youtu.be/G0Tg3tfY7ak
408名無しさん@おーぷん :2015/06/19(金)06:18:54 ID:Ao1
本日はアルバム『ラバー・ソウル』1965年12月3日英国発売(1巡目)

本日の曲は●です。

アナログA面
ドライヴ・マイ・カー - Drive My Car (Lennon - McCartney)
ノルウェーの森(ノーウェジアン・ウッド) - Norwegian Wood (This Bird Has Flown) (Lennon - McCartney)  
ユー・ウォント・シー・ミー - You Won't See Me (Lennon - McCartney)
ひとりぼっちのあいつ(ノーホエア・マン) - Nowhere Man (Lennon - McCartney)
嘘つき女(シンク・フォー・ユアセルフ) - Think for Yourself (Harrison)
愛のことば(ザ・ワード) - The Word (Lennon - McCartney)
ミッシェル - Michelle (Lennon - McCartney)

アナログB面
消えた恋(ホワット・ゴーズ・オン) - What Goes on (Lennon - McCartney - Starky)
ガール - Girl (Lennon - McCartney)
君はいずこへ(アイム・ルッキング・スルー・ユー) - I'm Looking Through You (Lennon - McCartney)
イン・マイ・ライフ - In My Life (Lennon - McCartney)
ウェイト - Wait (Lennon - McCartney)
●恋をするなら(イフ・アイ・ニーデド・サムワン) - If I Needed Someone (Harrison)
浮気娘(ラン・フォー・ユア・ライフ) - Run for Your Life (Lennon - McCartney)

The Beatles
http://youtu.be/7-PhUs0rUuk

なにかに似ているような気はうっすらとしていた。
バーズの曲調も連想はしていたが、ウィキペディアを読んで、すっと整理されましたとさ。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%81%8B%E3%82%92%E3%81%99%E3%82%8B%E3%81%AA%E3%82%89

THE BYRDS- "THE BELLS OF RHYMNEY"
http://youtu.be/rGFb_xZR3K0
409名無しさん@おーぷん :2016/11/26(土)12:48:29 ID:jAB
クラプトンが追悼ライブでカバーしてましたね

新着レスの表示 | ここまで読んだ

名前: mail:





ビートルズ★毎日1曲ずつ議論するスレ